湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    トモエガモ、一斉に飛ぶ 農業用溜池にて  

     2020年(令和2年)2月15日撮影。
     この日はオオワシ観察も残り僅かとなりましたので午前9時着で山本山へ。ところがオオワシは塒付近でもう食事は済ませているよう巣で全く動く様子が見られませんでした。飛ぶなら何時もの枯れ木に留まっているはずなので予定を変更してコハクチョウを観て、トモエガモの観察に。オオヒシクイ、ヨシガモを撮り暫く待っていると猛禽などが現れたのか、カメラマンが通常入ることが出来ないところに立ち入ったのか、水鳥が一斉に飛び立ちました。今季はトモエガモの一斉飛翔姿をまだ撮っていませんでしたので、記録として撮ってみました。

     トモエガモは数少ない冬鳥ですが、湖北のこの溜池では100羽ほどが越冬しています。
    CF1A6903_1 20200215

     距離はおよそ100㍍あるため、上手くは撮れませんがたくさんのトモエガモがいることは分かります。
    CF1A6912_1 20200215

     他にマガモが一斉に飛びましたが、マガモは一方向に飛んだだけでしたが、トモエガモは臆病なのか左に右に飛び回っていました。
    CF1A6920_1 20200215

     飛んでくれると数が分かりますが、水面のトモエガモは肉眼での確認は難しく観察小屋の望遠鏡でも20羽程度しか確認できません。
    CF1A6922_1 20200215

     この溜池はご覧のとおり緑に囲まれ、四季を通じて楽しむことが出来ます。もうすぐ桜、夏はハスの花、秋は紅葉などと野鳥観察以外の楽しみもあります。
    CF1A6926_1 20200215

     トモエガモの飛翔は美しいとは言えませんが、滅多には見られない光景で実に壮観です。1羽1羽を観察すると特徴的でとても奇麗な鳥です。同じような画像となりましたが、湖北の光景の一つとしてご覧頂ければ幸いです。
    CF1A6932_1 20200215

    バードレストラン、盛況です 自宅の庭にて  

     2020年(令和2年)1月20日撮影。
     バードレストラン設置当初はここまで気に入ってくれるとは思ってもいませんでした。最初は鳥は鳥でも閑古鳥。全く見向きもしませんでしたが、ここ最近は定員オーバーもお構いなしの大盛況となっています。毎朝、犬2頭の散歩が終わるとレストランにご馳走を届けるのが日課となっています。散歩に出るときは20~30羽ものスズメが集まってきて催促の大合唱となります。

     この2羽が私に最も懐いているスズメです。ご馳走を盛り付けしているときに食べ始めるほどになっています。


     既に4羽がご入店です。
    CF1A3258_1 20200120

     店内が狭いものですから、弾き出されたりで騒然とするときもあります。
    CF1A3274_1 20200120
     
     5羽が餌を飛ばしながら仲良く食べています。
    CF1A3280_1 20200120

     定員3羽ですが無理したら5羽が限度のようです。これはまだ少なめの時に撮っていますが実際は7~8羽がひしめくように食べています。
    CF1A3283_1 20200120

     この状態で傍を通っても飛ばずに食べ続けています。スズメも世話をしてくれる人は知っているようで、今ではとても可愛い家族となっています。
    CF1A3315_1 20200120

     順番待ちのスズメ。レストラン横の梅の木が集合場所でもあり、待機場所でもあります。
    CF1A3318_1 20200120

     細い枝に留まって順番待ちのスズメ。
    CF1A3365_1 20200120

    カワガラスの巣材集め 近所の川にて  

     2020年(令和2年)1月13日撮影。
     自宅付近の姉川水系では中流域から上流にかけてカワガラスの姿をよく見掛けます。野鳥観察などの帰路に立ち寄って観察するのも楽しみです。カワガラスは12月ごろから繁殖期に入り桜の花が終わる頃になると可愛らしいヒナを連れたファミリーを見掛けることがあります。1月は巣材集めの時期のようでコケや植物の根を集める姿が見られます。働き者のカワガラスの様子を撮ってみました。

     葦の根っこが何カ所に流れ着いており、それぞれに興味を示して根っこを引っ張っていました。細い根を銜えています。
    CF1A9239_1 20200113

     私が観察しているときは、寒中水泳ならぬ餌捕りでは無く、専ら巣材集めでした。
    CF1A9154_1 20200113

     丈夫な根を引きちぎるようにして集めています。抱卵はメスが行い、巣材集めと育雛はオスメス共同です。
    CF1A9215_1 20200113

     銜えているのは先程の根っこ。これを巣へとせっせと運びます。
    CF1A9234_1 20200113

     木の葉も銜えています。
    CF1A9145_1 0200113

     巣から出て来たカワガラス。地味で目立たないカワガラスですが子育ての様子など撮りたくなる鳥でもあります。若山牧水も読んだカワガラス、興味深い鳥です。
    CF1A9126_1 20200113

    アメリカヒドリ2カ所で 農業用溜池と尾上漁港にて  

     2020年(令和2年)2月9日撮影。
     昨年夏場辺りからセグロアジサシなど珍しい鳥たちに出会う機会に恵まれ、そろそろ良いことはそんなに続くことは無いだろうと自分に言い聞かせていたところ、クロサギ、ナベヅルに出会いコウノトリにも出会い、身近なところでアメリカヒドリにも出会いました。私は珍鳥志向ではありませんが、余り見掛けない鳥たちとの出会いは心ときめく思いです。アメリカヒドリは私の愛用の野鳥図鑑では◇マークです。2カ所で観察できたのは初めてでした。

     先ず農業用溜池でのアメリカヒドリ。
    CF1A3293_1 20200209

     ヒドリガモに混じってご日々機嫌麗しく過ごしています。
    CF1A3279_1 20200209

     自宅からほど近いこの溜池は水鳥の楽園です。コウノトリも度々飛来し、オオヒシクイ、ヒシクイ、マガンも飛来します。今はトモエガモも見られ、近場の宣伝ではありませんが希に見る非常に価値ある溜池だと思っています。
    CF1A3307_1 20200209

     オオヒシクイが寛いでいるところを泳ぐアメリカヒドリ。オオヒシクイ、昔はこの溜池で約400羽も飛来しています。
    CF1A3331_1 20200209

     ここでは大小様々な水鳥が越冬しています。争いもなく平和に過ごしている冬鳥は私たちにとって見習うべき模範そのものです。
    CF1A3341_1 20200209

     ヒドリガモ、アメリカヒドリを見ているオオヒシクイ。この溜池では最大の冬鳥ですが、マガンとも行動を共にしている優しい水鳥です。
    CF1A3358_1 20200209

     もう1カ所のアメリカヒドリは尾上漁港です。ペアでいますが、その仲は一言で言うとベッタリ。
    CF1A4098_3 20200209
     逆光での撮影でアメリカかどっかかは分かり辛いですが、アメリカヒドリです。
    CF1A2975.jpg

    オオワシ(女王様)が歩いていた! 山本山にて  

     2020年(令和2年)2月12日撮影。
     オオワシも一通り撮っているので毎日は山本山詣ではしていませんが、既に2月も中旬となり北帰は間もなくとなりました。北帰までの日めくりカレンダーも残り僅か、暖冬の影響で北帰が早まると悔いが残りますのでオオワシ撮影に出向きました。尾上漁港でスタンバイしていましたが、片山の湖岸付近でハジロカイツブリを捕ったようで塒方面に飛んでいるのを双眼鏡で確認して麓に向かいました。しかし、麓に近付いてもオオワシの姿が見えないので、塒付近ということでソーラーパネル傍の空き地へ。そこで見たのは、地面に降りて完食し、歩いている女王様。何年間もオオワシ撮影していて撮っていないのは地面に降りている姿であることがこの時に分かり枝向こうのオオワシを何とか撮ることが出来ました。なお、漁港ではオオヒシクイの大群(マガンも一緒)の飛行が見られ、ハマシギが愛くるしく近付いたり、湖上のアメリカヒドリも観察でき豪華オマケ付きの観察となりました。

     木の向こう側の斜面を右に行ったり左に行ったり。こんなの見たのは初めてです。
    CF1A5500_1 20200212

     一見枝に留まっているように見えますが、地面を歩いているのです。
    CF1A5506_1 20200212

     この様に地面で食べ、歩く姿はシーズン中も余り見られない珍しい光景です。
    CF1A5515_1 20200212

     聞くところによると余りにも枝が混んでいるので、何を食べたかは定かではないようです。
    CF1A5557_1 20200212

     食後暫くすると飛び出して何時もの枯れ木へと向かいました。
    CF1A5578_1 20200212

     今日は狩りの様子は撮れなくて残念でしたが、珍しい光景を撮ることができ良かったと思っています。
    CF1A5580_1 20200212

    ▲Page top