湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    春の植え替え、挿し木など 自宅にて  

     2020年(令和2年)3月15日撮影。
     植物の世話は年中ですが、寒い時期から始めるのはツルバラの剪定と誘引、3月からはサギソウの植え替え、ムベの種蒔き、挿し木、サトイモの芽出し、コンニャクイモの植え付けなどがあります。オオワシ、コハクチョウ撮影が終わると畑仕事、庭の花などの世話が本格化します。暖かくなるとコウノトリの飛来と年中ひま無しとなります。この日の作業を載せてみました。

     サギソウの植え替え。古い水苔の中には球根が増えて詰まっています。毎年新しい水苔に植え替えます。
    IMG_8600 20200315

     球根を丁寧に取り出します。新芽が出ているものもありますので慎重に行います。できれば2月中にすれば良いのですが、湖北の2月は凍て付くような冷たさですので、この様な作業をする気になりません。
    IMG_8572 20200315

     新しい水苔に植え替えました。毎年増えて10鉢になっています。
    IMG_8576 20200315

     ムベの種を蒔きました。
    IMG_8597 20200315

     ムベの挿し木もしました。発根剤を付けて5本ずつ2鉢に挿してみました。ムベの種蒔き、挿し木の適期は3月です。
    IMG_8598 20200315

     そして、サトイモの芽出しのため発泡スチロールに入れています。既に小さな芽が出ていますので、サンルームで芽が数㌢に育つのを待つだけです。50球ほどしか植えませんが予備を含め70球芽出ししています。
    IMG_8602 20200315

     まだ寒いのに、君子蘭の根元ではヒゴスミレが咲いています。種が飛んで至るところで咲きます。
    IMG_8585 20200315

     春が目に飛び込んでくるような鮮やかな君子蘭の花。
    IMG_8587 20200315

     フェンスからはみ出たヒマラヤユキノシタ。フェンスの中より伸び伸びと自由奔放に育っているようです。左のツルバラはろここです。
    IMG_8593 20200315

    カタクリ、まだ蕾でした 高島市にて  

     2020年(令和2年)3月13日撮影。
     この日は大津市に所用で出かけ帰路は湖西周りで春を見つけながら帰りました。カタクリは4月が良いのですが、暖かかったことを勘案して早めに訪れました。様子見ですので咲いているとは思っていませんでしたが、後日の訪問の日程を決めるため立ち寄ってみました。春は一気に訪れるので一番綺麗なところを撮るためには事前の準備が必要です。

     日当たりの良いところに蕾が付いたカタクリが少しだけ見られました。
    IMG_8514 20200313

     カタクリの近くにはセリバオウレンが咲いていました。春の妖精たちの競演が見られると良いのですが、カタクリの花が咲く時期にはセリバオウレンは種を付けています。
    IMG_8460 20200313

     タンポポは早くから咲いているので美しい種が見られました。触れば壊れそう。
    IMG_8414 20200313

     タンポポの花も咲いていました。
    IMG_8416 20200313

     ツクシは見ごろを過ぎていました。湖北ではこれからなのに場所によって成長具合が大きく異なっていました。
    IMG_8425 20200313

     ツクシのそばの桜はまだ蕾かたしでした。しかし、十分春を感じることができました。
    IMG_8431 20200313

    タゲリ、見納めでした 長浜市にて  

     令和2年(2020年)3月9日撮影。
     コハクチョウを1番に撮った後、湖岸や田んぼを回りながら帰宅するのが効率的ですので何時もそのようにしています。思いがけない鳥たちとの出会いは大抵そのようなついでの時が殆どです。植物と違って鳥たちは移動するので撮影できたのは偶然の賜物です。だからこそ野鳥撮影は面白いのかも知れません。この日は、私の都合もありコハクチョウもタゲリも見納めとなってしまいました。

     もういないと思っていたタゲリがいました。不思議そうに此方を見て首をかしげているタゲリ。「何しているの?」と言っている感じ。
    CF1A6411_1 20200309

     綺麗な羽衣はたぐいまれな美しさ。冬場には是非とも観察したい鳥です。
    CF1A6455_1 20200309

     自然界の色は言葉では言い表せない美しさです。鳥も昆虫も花もそうです。例え見た目の美しさはなくとも、不思議さだけはあり、そのメカニズムには自然の美しさを感じます。
    CF1A6484_1 20200309

     同じような画像ですが、もうこれが今シーズン最後の画像かと思えば画僧の大量生産となってしまいました。
    CF1A6488_1 20200309

     常々感じるのですが、この様に稲の切り株や草の中にいる野鳥は撮り易いようで案外難しいです。理由は、切り株にピントをとられ微妙なピンボケが数多く出ます。
    CF1A6492_1 20200309

     採餌するタゲリ。個体によって色、輝きなどの違いがあるのも面白いです。
    CF1A6505_1 20200309

     今シーズンは遠いところにいるタゲリが多く、かなり撮ってはいますが殆どボツにしています。最後は適当な距離で撮らせてくれました。
    CF1A6515_1 20200309

    コハクチョウ一家の北帰 長浜市にて  

     令和2年(2020年)3月9日撮影。
     これから先の日は予定があり北帰には立ち会えないのでこの日見納めのコハクチョウ観察となりました。どうでも良いときは北帰のV字型飛行が見られるのに、見たいときには見られない北帰。ということでこの日は一発勝負でした。多くのコハクチョウが田んぼの餌場を目指して飛び立ち、今日もダメかと思ってガッカリで琵琶湖を眺めていると一グループが田んぼではなく北方向を目指して飛び立ちました。北帰・・・、と思って眺めているとセンター方向に方向を変えて飛んでくるようです。

     田んぼは左方向で、北は右方向。このグループだけがみんなと反対方向に飛びました。
    CF1A5762_1 20200309

     ぐんぐん湖岸を目指しています。
    CF1A5781_1 20200309

     センター前を大きく旋回です。慣れ親しんだ所を改めて脳裏に刻んでいるようです。
    CF1A5795_1 20200309

     ヤナギ島の木々を回って・・・。
    CF1A5799_1 20200309

     一家は私の真上を通過。その時、ひときわ大きな鳴声で「コオーッ!!(See you again!!)」と挨拶してセンターの屋根を越えました。何年も何年も観察していると誰だか憶えているようで、わざわざ真上を通過してくれました。・・・・・。
    CF1A5804_1 20200309

     目ではお別れを見送ったのですが、レンズは手前の屋根などにピントをとられてしまいました。石川の集落の上を飛ぶコハクチョウ一家。大抵は地元集落を旋回しお礼の挨拶をしながら北を目指します。秋の飛来は嬉しいですが、北帰は寂しいです。今頃どうしているのかな。
    CF1A5810_1 2020309

    庭のツクシなど 自宅にて  

     2020年(令和2年)3月8日撮影。
     この日は梅の花に来たメジロを撮っただけでも春を感じましたが、周りの植物も春の到来を告げていました。この時分は春とは名ばかりで寒い日が多いですが、日照時間は明らかに増えており自然界はそれを確実に察知しているように思えます。私たちは日の出、日没時刻の変化は分かりますが、春の到来などは植物の状況を見て分かるようにも思えます。

     庭のある箇所に毎年ツクシが出て来ます。見付けたときは童心にかえったように嬉しく思います。
    IMG_8384 20200308

     スイセンも咲き出しました。ツルも太くなく誘引し易いです。
    IMG_8381 20200308

     ヒマラヤユキノシタも咲いています。寒くて凍て付くような所に植えていますが寒さには強い植物です。
    IMG_8388 20200308

     ツルバラのロココも新芽が出ています。
    IMG_8386 20200308

     こちらはすこぶる強健なツルバラの新雪。太くて強剪定はノコギリが必要で、誘引もなかなか言うことを聞いてくれなくて、毎年強剪定の時期には気を付けてはいますがトゲで怪我をします。
    IMG_8392 20200308

     鉢植えのバラですが、未だ寒くてなかなか蕾が膨らんでくれません。
    IMG_8406 20200308

     サンルームの君子蘭。寒さには弱いですがサンルームで元気に冬を越し、奇麗な花を咲かせてくれます。今季の冬は暖かかったので葉の傷みはありませんでした。
    IMG_8398 20200308

    ▲Page top