湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ツバキが咲きました 自宅にて  

     平成29年10月2日撮影。
     木々や草花にはそれぞれの特徴があり、四季を通じて観察していると心惹かれるもの、魅力的なもの、驚くもの、その美しさなどに呆気にとられるもの等々その魅力は尽きません。更にその時々の気持ちにより、植物たちも私たちに対する応え方も異なってくるようにも思えます。庭には、ツバキが咲き出し、夢膨らむ月下美人も成長しています。

     ツバキには美しさもありますが、奥ゆかしい上品さを感じます。お寺などで何気なしに生けられた一輪挿しなど、自然に目を奪われます。幾種類ものツバキがこれから咲きますので楽しみです。全て挿し木で育てたものです。
    IMG_3479 20171002

     ムベの実がたくさんなっています。アケビはこの時期実が割れて食べ頃のようですが、同じ仲間のムベは実が割れず、落葉しません。アケビより甘みが強く美味しい果実です。色付いてきたら食べ頃です。
    IMG_3496 20171002

     月下美人復活大作戦を実施。かねてから育てていた株は風前の灯火になっていましたが、元気なところを切り取り挿し木しました。全部で5鉢が元気に芽を伸ばして育っています。この若々しく蘇った月下美人に応えるべく、三脚を据えて芸術的(?)な写真を撮ることが当面の目標です。以前には帰宅時に見事な花を咲かせ芳香とともに「お帰りなさい」と迎えてくれた大好きな月下美人です。毎日が日曜日となっていますので、再来年くらいでしょうか開花時期が楽しみです。
    IMG_3497 20171002

    コスモス(秋桜) 自宅近くにて  

     平成29年9月30日撮影。
     コスモスはメキシコ原産の植物ですが、すっかり日本に定着し、秋の季語にもなっています。その美しさはみんなに愛され、各地でコスモス畑などが見られ、楽しませてくれています。自宅近くでは姉川の支流沿いに延々と植えられ、周辺の景色と見事に調和しています。
     
     赤、白、ピンクなどのコスモスが秋風に微かに揺れながら咲く様子は、見る人の心を和ませてくれます。
    IMG_3414 20170930

     川沿いに延々と続くコスモス。この川にはコウノトリのJ0481(みほとくん)がやって来たこともあり、時にはオシドリ、寒くなるとカワガラスも見られます。
    IMG_3416 20170930

     赤色のコスモス。一輪ずつ眺めるのも綺麗です。
    IMG_3420 20170930

     ピンク。コスモスはそのものが綺麗ですが、キリンソウやソバの花とともに眺めるのも更に美しく綺麗に感じます。近年湖北ではソバの栽培が盛んで、コスモス畑などの隣にソバの花が咲いている光景も見られるようになりました。
    IMG_3421 20170930

    オニヤンマ 自宅の庭にて  

     平成29年9月30日撮影。
     散歩の時に時々見かけるオニヤンマですが、この日は自宅の庭で羽休みをしていました。庭でも何回か飛んでいる姿を目撃していますが、飛ぶスピードは速くとても撮ることは出来ずにいました。この歳になっても心がワクワクするオニヤンマ、チャンス到来でソ~ッと近付きマクロレンズで撮ってみました。

     オニヤンマの目はエメラルドのように綺麗です。大きくて迫力のあるトンボで飛んでいる姿を見ているだけでも得をしたような気分になります。
    IMG_3437 20170930

     ズームレンズは使わず、敢えてコンパクトマクロで撮っています。逃げられないように何処まで近付くことが出来るか、この緊張感とオニヤンマとの駆け引きが面白いです。
    IMG_3454 20170930

    カイツブリ三兄弟 余呉川河口付近にて  

     平成29年9月30日撮影。
     オオヒシクイが飛来していないか確認のため湖岸に出向くも未だ飛来しておらず、今年は到着が遅いようで・・・と思いながら帰路は余呉川河口付近をのぞいてみました。すると思いもよらずヒナの鳴き声。オオヒシクイがいなくても私たちがいるよ~と可愛らしいカイツブリのヒナ三兄弟と綺麗な親鳥が出迎えてくれました。

     先ず、モネの絵画のような親子の姿。時期的に遅いようですがカイツブリの産卵期は2~10月で、秋にも親子の姿を見かけます。
    CF1A3250 20170930

     やっと親鳥と三兄弟をまとめて撮ることができました。
    CF1A3431 20170930

     湖北では水路や溜め池、湖岸付近でカイツブリの姿をよく見かけますが、南湖ではその姿を見かけるのは難しくなっているとのこと。滋賀県の県鳥でもあるカイツブリは減少しており希少種となっています。
    CF1A3435 20170930

     警戒心の強いカイツブリですが、子育ての時は警戒心を解き可愛らしいヒナの姿を存分に見せてくれているように思えます。 
    CF1A3442 20170930

    初めてのキス釣り 夢は大漁でしたが・・・  

     平成29年9月27日撮影。
     いつもの釣りは港から小アジやサヨリ釣りで、何も難しいことはなく簡単に釣れるものばかりでした。今まで他の釣りは見物の立場でしたが意を決してキス釣りに挑戦してみました。少し時期がずれているとはいえ、シロギスの天丼を食べたい一心からです。

     場所は敦賀湾。シマノの遠投用ロッドとキス専用仕掛けに夢を託した釣果はシロギス4匹。後は少し大きめのカワハギばかり。このキス、天丼にして晩ご飯。この美味しさは魚とは思えないほどの絶品の美味しさ。すっかりキス釣りにはまってしまいました。
    IMG_3387 20170927

    ▲Page top