未分類 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    庭のハスの花など 自宅にて  

     平成30年7月1日撮影。
     コウノトリなどがいなくなると庭や自宅回りなどの動植物が被写体となります。毎年のことですが、植物や昆虫などをゆっくりと観察できる絶好の機会でもあります。こうしたことも10月ともなればコハクチョウやオオヒシクイなど冬鳥が次々にやって来て、行楽の秋どころではなくなるほど忙しくなります。暫くは植物をゆっくり眺め、それぞれについて知識などを深めたいと思うこの頃です。

     八重咲きのハスの花。もう一鉢には一重のハスを育てていますが、何故か蕾が付いていません。
    IMG_7549 20180701

     クレマチス。種類はプリンセス・ダイアナで、可愛らしくとても奇麗なクレマチスです。たくさん咲いていますので、後日もブログに登場する可能性があります。
    IMG_7556 20180701

     咲き始めのシモツケソウ。
    IMG_7560 20180701

     芝生の所にはネジバナが繁茂しています。その中に僅かですが白花のネジバナがあります。ネジバナが咲いているお陰で芝生を刈ることが出来ませんので、暫くの間は草原のような庭となります。
    IMG_7591 20180701

     これは畑のナスの花。ゆっくりと眺めることは余りありませんが案外奇麗です。
    IMG_7577 20180701

     これ位のナスが皮も柔らかく美味しいと思います。今はナス、キュウリ、トマトが食べきれないくらい採れます。
    IMG_7578 20180701

     育てているカボチャはETカボチャという品種です。日本園芸生産研究所の育成品種で比較的新しい品種ですが、ほくほく感と甘みが何とも言えず、とても美味しいカボチャで最も好きなカボチャです。長期保存もできる素晴らしい品種です。
    IMG_7569 20180701

    夏の花 自宅にて  

     平成30年6月30日撮影。
     夏の花は酷暑にもめげずに咲き、夏らしさを感じるもの、清々しさを感じるもの色々で、一つ一つを鑑賞するのも楽しいものです。自然界を構成する動植物、人間もその構成の一員ですからそれらに近親感を感じるのも当然かも知れませんね。庭で、特に目立った花を撮ってみました。

     ヘメロカリス。昨年裏庭の片隅に植えていたものを表の花壇に移しました。燃えるような赤色が濃くなったようです。
    IMG_7533 20180630

     ビョウヤナギ。繊細な雄しべが奇麗で魅力的です。
    IMG_7539 20180630

     ヤブカンゾウ。この花には夏を感じ、何となく好きな花です。野に咲いている方が奇麗に思いますが、自宅では裏庭に少し植えています。
    IMG_7541 20180630

    キキョウなど 自宅にて  

     平成30年6月20日撮影。
     梅雨らしく雨の日となっています。雨の止み間に撮った庭の花、畑の野菜です。梅雨は鬱陶しい時期ですが、その中でひときわ爽やかに鬱陶しさを吹き飛ばすように咲いているキキョウが奇麗です。また、梅雨時に大きく育てることが重要な里芋も雨を味方にするかのように元気に育っています。

     アプローチ沿いに植えているキキョウ。外出の行き帰りに必ず見ることが出来ます。
    IMG_7305 20180620

     3輪が咲いていました。あっち向いたりこっち向いたりせず、日のさす向きに咲いています。
    IMG_7307 20180620

     咲きかけのキキョウのつぼみ。蕾にはまたひと味違う魅力があります。
    IMG_7309 20180620

     毎年アプローチ沿いにはジニアを植えています。赤、白、黄、ピンクの花が暑い日差しにもめげずに咲きます。
    IMG_7313 20180620

     里芋(京芋)。細心の注意を払って種芋を冬越しし、春に芽出しをして梅雨の時期に大きく育つように育てています。
    IMG_7330 20180620

     別種類の里芋で、自宅付近はこの種類が殆どです。
    IMG_7336 20180620

    i花・野菜 庭、畑、湖岸にて  

     平成30年6月8日撮影。
     梅雨時は鬱陶しい季節ですが、雨の止み間に庭の花や育てている野菜を見て回るのも心が和みます。そして、暫し鬱陶しいのも忘れてしまっています。また動植物の強い生命力は、私たちにも生きる力を与えてくれているようです。

     八重咲きのオオヤマレンゲ。ミチコレンゲとも呼ばれていますが希少種でもあります。
    IMG_7231 20180608

     ツルバラのロココ。私はこのロココとピースが最も好きなバラです。ロココの言い表しようがない上品な美しさがお気に入りです。この花、少々痛んでいますが湖北の今の時期は強風が度々で伸びたシュートも折れてしまうほどで、花びらがどうしても痛んでしまいます。秋には奇麗に咲きますので楽しみにしています。
    IMG_7175 20180608

     ホタルブクロ。白もありますが紫色の方を撮ってみました。好きな花ですが、植えたら最後雑草化し、絶やすのは難しくなるほど生命力が強い植物です。
    IMG_7185 20180608

     湖岸に咲いていたハマヒルガオ。海浜植物で、三重の海岸には繁茂してました。琵琶湖のハマヒルガオは太古の昔は海と繋がっていた名残のようです。琵琶湖は固有種のビワマスも生息しておりロマンを感じます。
    IMG_7166 20180608

     これはハマヒルガオと比較のため、湖岸付近で撮ったヒルガオ。比較するとハマヒルガオの上品さが良く分かります。
    IMG_7169 20180608

     畑では年間を通じて多くの種類の野菜を育てています。これは八つ頭です。
    IMG_7205 20180608

     こちらは里芋(京芋)でこの種類を40株、別種類を20株ほど育てています。湖北の冬は厳しく、とり野菜味噌を使った鍋料理が多くなります。そのため鍋用の白菜や下仁田ネギ、里芋などをたくさん育てます。里芋やショウガは種用を収穫後保存し、芽出しをして育てています。
    IMG_7206 20180608

    SL北びわこ号C56型ラストラン 姉川の鉄橋そばで  

     平成30年5月27日撮影。
     この日はコウノトリが何時ものところに不在ということでもありませんが、SL北びわこ号C56型160号機蒸気機関車のラストランを見に行ってきました。場所は姉川に架かる鉄橋そばからの撮影としました。鉄橋ですから電線などがあり撮影には適していないかも知れませんが、姉川はコウノトリを始め野鳥撮影、ビワマスの観察など思い出がある川ですので、敢えてこの場所を選びました。

     C56型見納めの姿です。自宅はここから可成り離れていますが、庭や畑にいる時に汽笛が聞こえてくることもありました。
    IMG_7006 20180527

     鉄道ファンでない私でもこのメカニックな巨体に惹かれる位ですから、早くからスタンバイされていた撮り鉄の皆さんにはたまらないでしょうね。この日でこの蒸気機関車は引退ですが、あとはD51型蒸気機関車がSL北びわこ号を牽引するようです。
    IMG_7009 20180527

    ▲Page top