未分類 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    庭のツクシなど 自宅にて  

     2020年(令和2年)3月8日撮影。
     この日は梅の花に来たメジロを撮っただけでも春を感じましたが、周りの植物も春の到来を告げていました。この時分は春とは名ばかりで寒い日が多いですが、日照時間は明らかに増えており自然界はそれを確実に察知しているように思えます。私たちは日の出、日没時刻の変化は分かりますが、春の到来などは植物の状況を見て分かるようにも思えます。

     庭のある箇所に毎年ツクシが出て来ます。見付けたときは童心にかえったように嬉しく思います。
    IMG_8384 20200308

     スイセンも咲き出しました。ツルも太くなく誘引し易いです。
    IMG_8381 20200308

     ヒマラヤユキノシタも咲いています。寒くて凍て付くような所に植えていますが寒さには強い植物です。
    IMG_8388 20200308

     ツルバラのロココも新芽が出ています。
    IMG_8386 20200308

     こちらはすこぶる強健なツルバラの新雪。太くて強剪定はノコギリが必要で、誘引もなかなか言うことを聞いてくれなくて、毎年強剪定の時期には気を付けてはいますがトゲで怪我をします。
    IMG_8392 20200308

     鉢植えのバラですが、未だ寒くてなかなか蕾が膨らんでくれません。
    IMG_8406 20200308

     サンルームの君子蘭。寒さには弱いですがサンルームで元気に冬を越し、奇麗な花を咲かせてくれます。今季の冬は暖かかったので葉の傷みはありませんでした。
    IMG_8398 20200308

    コハクチョウ北帰せず 長浜市にて  

     2020年(令和2年)3月7日撮影。
     コウノトリを観察して直ちに湖岸へ向かいました。コハクチョウは何時北帰するか分からないので出来る限り早い時間から観察する必要があります。昨シーズンはオオワシが北帰した日に湖岸に立つとコハクチョウもオオヒシクイも空っぽ。一斉に全員北帰した後とのことで、前代未聞の事態でした。今シーズンはオオワシ撮影に重点をおいた結果、コハクチョウたちと対面する時間が少なかったので、せめて旅立ちを見送りたいと湖岸に通っていました。

     湖面を飛び立ち、餌場へと向かうコハクチョウたち。右方向に飛べば、ほぼ北帰ですが反対方向でした。
    CF1A4800_1 20200307

     この木々の向こう側に回ったのは、その先が餌場の田んぼなのです。
    CF1A4813_1 20200307

     北帰は、脳裏から離れないほどドラマチックな光景です。何年か前はオオワシ撮影時も北を目指すV字編隊も見られ万感迫る思いも経験しました。
    CF1A4817_1 20200307

     湖面には飛び立ちを待っているコハクチョウも数多くいましたのでスタンバイを続けました。
    CF1A4825_1 20200307

     次々に飛び立ちますが、全て目指すは餌場でした。
    CF1A4869_1 20200307

     餌場の田んぼはよく分かっていますので回ってみました。北帰の打ち合わせか、密に集合していました。
    CF1A5033_1 20200307

     北帰は体力勝負とばかり麦の新芽をほおばるコハクチョウたち。フレンドリーな冬の使者たちはお別れが近付いたようです。
    CF1A5080_1 20200307

    庭の花など 自宅にて  

     2020年(令和2年)3月1日撮影。
     3月の初めは暦の上では春、といった感じですが未だ寒く体感的には春はそこまで来ていることを感じる程度です。しかし、植物は春の到来をいち早く感じ取り、私たちに春を教えてくれているようです。まだ寒いのに植物は春。ギャップはあるものの、花の一つ一つを眺めるのもこの時期の楽しみでもあります。

     寒いときから蕾を膨らませて咲く玄海ツツジ。
    IMG_8175 20200301

     人間は鈍感(私自身)ですので、梅やこの花が咲くと体が春を感じて目覚めたような感じになります。
    IMG_8171 20200301

     ヒマラヤユキノシタも早くから咲いています。
    IMG_8180 20200301

     スイセンも仕掛け花火のように次から次に咲いてきます。
    IMG_8182 20200301

     サンルームでは君子蘭が咲き出しました。
    IMG_8184 20200301

     キノコ類にも妙に興味があります。見ていて楽しく、食べて美味しい原木栽培のシイタケです。
    IMG_8189 20200301

     春になるとたくさん出来るのが楽しみです。
    IMG_8193 20200301_1

    春の淡雪 自宅にて  

     2020年(令和2年)2月10日撮影。
     2月1日前後は湖北では一番雪の多い日で、例年は1㍍近く積もった雪の除雪作業に明け暮れしていました。が、今年は殆ど雪が降らず、たまに降っても積もらず、水分の多い重たい雪ばかりです。粉雪のようなサラッとした雪にはお目にかからずでした。積雪すると、除雪に苦労しますが「冬らしさ」がないまま春を迎えてしまったようです。

     庭の梅に少し雪が積もったところを撮りたかったのですが、既に水滴となっていました。
    CF1A4732.jpg

     2月と言えば梅の花。水滴のかかった花を撮ってみました。
    IMG_7735 20200210

     梅の木のそばにオープンしているバードレストランの屋根には申し訳程度に雪が積もっています。既に食後でスズメたちは何処かへ行っています。
    CF1A4871_1 20200210

     雪割草にも少し積もっていますが溶けかけています。
    IMG_7740

     スイセンも水滴で下向きになっています。
    IMG_7737 20200210

     竹藪の入り口の南天にも薄らと雪がかかっています。
    CF1A4872_1 20200210

     雪と南天の実が奇麗でした。
    IMG_7747 20200210

     竹藪ではシイタケを育てています。寒くても春になるとシイタケが出て来ます。右上の黄色いのは湧き水をためている桶です。畑の水やりに使っています。過去二回、この桶にモリアオガエルの卵塊が見られました。
    IMG_7743 20200210

    雪中のコウノトリ(J0501) 高島市にて  

     2020年(令和2年)2月8日撮影。
     この日の大津市からの帰路は私的には撮影たるものを楽しめました。撮影そのものは下手ですが、自分の思うような情景に近いものが撮れたので大満足でした。雪のザゼンソウ、メタセコイヤ並木、そして雪の中のコウノトリと撮ってみたいものが撮れました。

     雪一面の中で、その景気にとけ込んだようなコウノトリを探すのは大変。


     敢えて雪の中のコウノトリを撮ってみたいと思うのは、コウノトリが好きなんだな、と思います。
    CF1A2680_1 20200208

     このJ0501は何時もこの様に雪があるときに飛来してきます。コウノトリは寒さ暑さも大丈夫です。
    CF1A2696_1 20200208

     ここは例年は豪雪ですが、今年は暖冬でこの程度が最大積雪。仮に凍結しても流れる水路、川には魚やザリガニが豊富です。
    CF1A2701_1 20200208

     滋賀県には色々なコウノトリが飛来しますが、このJ0501などのようにほぼ決まった時期にやってくる個体も数多くいます。
    CF1A2719_1 20200208

     コウノトリは全国に200羽程度。数が少ないですが出会ったときの感動は格別なものがあります。
    CF1A2726_1 20200208

    ▲Page top