未分類 - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    花いろいろ 自宅にて  

     平成29年5月14日撮影。
     春から夏までの期間は周りが新緑に包まれ、野草なども次々に仕掛け花火のように美しい花や珍しい花を咲かせます。野鳥撮影などの機会に目にするものや、身近には庭や畑の水やりなどの時に目にするものなど一年で最も美しい花に囲まれているようです。庭の花巡りをしてみました。

     シュロの花。小さな花がぎっしり。蕾から咲くまでは長くかかりますが、一旦咲くと撮影チャンスはごく僅かです。
    IMG_1285 20170514

     ナデシコ。ナデシコはとても丈夫で、花は美しく可憐で芳香もあります。
    IMG_1299 20170514

     シラン。シランも丈夫で育てやすく、花は目をひく美しさがあります。
    IMG_1314 20170514

     アヤメ。庭で逞しく繁茂しているアヤメ。
    IMG_1317 20170514

     紫色のツユクサ。花は午前中と極めて短命です。しかし、次から次に咲きます。
    IMG_1320 20170514

     白花のツユクサ。最初に植えたのはこの白花。紫色のは勝手に生えてきたものです。
    IMG_1322 20170514

     オオヤマレンゲの葉の上にはアマガエル。日向ぼっこのようです。
    IMG_1371 20170514

     二人静(フタリシズカ)。清楚な山野草で、花穂は1本のものや2本、3本、4本といろいろです。
    IMG_1372 20170514

     タツナミソウ。育てるのが難しいようですが、気に入った場所には種が飛んで勝手に育ちます。
    IMG_1373 20170514

     イチジク。新しい枝が出始めると同時に大きくなってきました。
    IMG_1380 20170514

     シャガ。花はすでに終わりかけですが一輪撮ってみました。
    IMG_1388 20170514

    花色々 自宅の庭にて  

     平成29年5月4日撮影。
     春に次々と咲く花を見ていると、湖北の厳しい冬が嘘のようです。除雪、凍てつく庭と植物たちは雪の下で痛めつけられたり、忘れられた存在のようになっていたものが、力強く芽吹き蕾が大きくなる様子は生命の力強さ不思議さを感じます。人間は動植物から感動と元気を貰いながら過ごしていることを実感する季節でもあるようです。山にはギンリョウソウが出ていませんでしたので、庭の花を撮ってみました。

     カンザキツツジ。今年はたくさんの蕾が付きました。とても鮮やかな大輪のツツジです。育てて四半世紀くらい経ちますが、他では見たことがありません。昔に京阪園芸で購入したものです。
    IMG_1109 20170504

     裏庭のヒラドツツジが咲き始めました。窓からは見えませんのでいつの間にか咲き、知らぬ間に終わっています。
    IMG_1113 20170504

     ヒラドツツジの側のエビネ。今年は気候のせいか、キエビネが綺麗に咲きませんでした。
    IMG_1112 20170504

     オダマキ。幾種類も植えていますので自然交配したようです。
    IMG_1117 20170504

     ミヤマオダマキ。
    IMG_1118 20170504

     これも自然交配したようで、ミヤマオダマキと似ていますが、色が濃いです。
    IMG_1121 20170504

     コバンソウ。既に小判状ののものが沢山付いていますが、個人的には小判とは無縁で、財布は何時も軽いです。
    IMG_1120 20170504

     ブルーベリーの花。小さくて可愛らしい花を付けていました。
    IMG_1123 20170504

    春の花 自宅の庭にて  

     平成29年4月30日撮影。
     花が綺麗に咲いたというイメージは頭に残っていますが、季節は日々止まることはなく写真に撮ろうとしたときには時期を失していることがあります。忙しいときでも僅かの時間を見つけてはとは思いつつなかなか思い通りにはできません。この日は、早朝に庭の周りにレンズを向けてみました。

     サクラソウ。鉢植えですので庭の椅子に乗せて撮りました。
    IMG_1015 20170430

     エビネ。滋賀県には自生しているところもあります。
    IMG_1016 20170430

     これは父親から貰ったものを大切に育てているエビネです。かなり増えています。
    IMG_1018 20170430

     ユリ科のオーニソガラム。植え放しの手間いらずの花です。昆虫の赤ちゃんがやって来ています。
    IMG_1034 20170430

     オダマキ。オダマキには色々な種類があり綺麗ですが、赤色は特に目立ち存在感があります。
    IMG_1036 20170430

    庭のあちらこちらで  

     平成29年4月29日撮影。
     4月も終わりに近づき、5月に入れば新緑の季節となります。春でも早い時期に咲く花や、終盤に見頃の花などいろいろです。しかし、種類ごとの花はそんなに長持ちはせずに気付けば緑一色になっているときもあります。過ぎ去ろうとする春の様子を自宅の庭で撮ってみました。

     ガーベラ。何年も育てているものでとても丈夫で、大株に育ち毎年花がたくさん咲きます。
    IMG_0933 20170429

     オダマキ。いろいろな種類が咲いています。背丈の高いものや花の色も様々です。勝手に増えます。
    IMG_0949 20170429

     ボケの花。寒い時期から蕾が膨らみます。
    IMG_0968 20170429

     ヒラドツツジも咲き始めました。
    IMG_0958 20170429

     裏庭のモミジ。このモミジは芽吹きの頃が綺麗です。
    IMG_0967 20170429

     ムベの花。アケビの一種ですが落葉はしません。そして果実もアケビのように割れません。実はアケビより甘いと思います。
    IMG_0941 20170429

     アケビの花。アケビとムベは同じアケビの仲間ですが花は全く似ていません。
    IMG_0996 20170429

     梅の実もずいぶん大きくなってきました。今年は雪が多かったためか、花の時期にメジロはやって来ませんでした。
    IMG_1004 20170429

    春の庭 自宅にて  

     平成29年4月20日撮影。
     春は花が咲き華やかですが、花の命は短くて・・・のとおりすぐに終わってしまいます。そのため実感的な春はとても短いように思えます。畑仕事などが忙しい季節でもあり、ゆっくりと花を眺めることは少ないですが時々見ては短い春を楽しんでいます。

     ニホンシャクナゲ。滋賀県の花でもあり、雪や寒さにとても強い植物です。
    IMG_0849 20170420

     オオヤマレンゲ。若葉と蕾がほぼ同時にでてきます。寒い地方でないと育たない植物で、白い花はとても奥ゆかしい可憐な花です。
    IMG_0852 20170420

     タンチョウソウ。今年は花が多く咲きました。
    IMG_0831 20170420

     イカリソウ。庭では春の訪れを教えてくれる花の一つです。
    IMG_0837 20170420

     コゴミも生長を始めました。あくが無く天ぷらなどで美味しく春の味覚を楽しめます。
    IMG_0848 20170420

     ムベもたくさん咲き始めました。アケビの仲間ですが花は全く異なり、実はアケビのように割れません。湖東ではムベ狩りをしている農園もあります。
    IMG_0858 20170420

     毎年、夥しいタケノコがでます。4月の初めの週の後半頃から姿を見せ始めます。
    IMG_0857 20170420

    ▲Page top