未分類 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    コハクチョウなど オオワシ撮影の帰路にて  

     平成31年1月11日撮影。
     オオワシ撮影は早々に撤収し、帰路ではあちらこちらと野鳥観察が楽しみでもあります。当然五目撮りになりますが湖北ならではと、住んでいながら実感する時でもあります。時には思いがけない出会い、心ときめく出会いがあります。わざわざ撮影に出掛けなくても、日常的に見られる光景を撮ってみました。

     琵琶湖を飛び立ち餌場へと向かうコハクチョウの群れ。
    CF1A0122 20190111

     餌場は姉川に近い田んぼ。二番穂を美味しそうに食べていました。
    CF1A0675 20190111

     姉川に回ってみると遠くにカワセミ君。
    CF1A0700 20190111

     カワセミのそばではホオジロガモの雌が泳いでいました。
    CF1A0719 20190111

     そして溜池ではお馴染みのミコアイサ。
    CF1A0728 20190111

     このミコアイサたち、とても愛嬌良しのためか最近は撮影者が例年になく多いようです。以上、帰路での撮影でした。
    CF1A0750 20190111

    明けましておめでとうございます  

     明けましておめでとうございます。
     昨年は拙いブログにご訪問頂き誠に有り難うございました。
     今年も湖北の状況をお伝えできればと考えていますので、よろしくお願い致します。

    CF1A9722 20190101
     昨年撮影したコウノトリ3羽。J0195、J0167、J0150の順に並んで仲良く採餌している光景です。湖北に戻ってきてくれることを心待ちにしております。

    ツバキなど 自宅にて  

     平成30年12月5日撮影。
     この日は畑の野菜を撮った後、庭の片隅でソッと咲いている花にもレンズを向けてみました。日頃は庭の草取り、畑仕事に追われてゆっくり観察する暇がありませんが、たまにはレンズ越しの対話も面白いものです。四季折々の美しさを奏でるのは動植物。それぞれが何かを語りかけているようです。

     椿。私は寒さ厳しい時期に華やかさを添えてくれる椿がお気に入りです。
    IMG_0217 20181205

     雑草のごとく繁茂しているオキザリス。霜が降りる時期でも頑張っています。
    IMG_0214 20181205

     越前水仙。2年前越前の水仙ランドで頂いた球根を大切に育てていました。蕾が出て来ています。庭は柴犬とボーダーコリーのドッグランとなりますので、傷み付けられないように育てています。
    IMG_0233 20181105

     オオマツヨイグサ。畑のそばに咲いているのを撮影。好きな花ですので、犬の散歩の都度観察していますが、寒さにも負けずに元気な様子をパチリ。
    IMG_0225 20181205

     おまけ:この日のコハクチョウ。田んぼで採餌を楽しんでいました。湖北では二番穂が近年になく育っていますが、そこには近付かないのは不思議です。
    CF1A9828 20181205

    楽しい野菜栽培 自宅にて  

     平成30年12月5日撮影。
     写真撮影と野菜栽培はサラリーマン時代からの趣味でもあります。現役時代は年間で少なくとも一ヶ月間ほどは帰宅できない状況でしたが、暑い日寒い日も土と親しんでいました。PCも野菜栽培も独学で試行錯誤するのが好きで今日に至っています。もう少し正確には写真は学生時代からの趣味で、当時の愛機Nikon Fと交換レンズは今でも良好な状態で保管しています。既に先が見えたこの頃ですが、多くの趣味を持っていて良かったと思っています。

     食べ頃のブロッコリー。株が大きくなり数多くは育てられませんが、少しは欲しい冬野菜です。
    IMG_0230 20181205

     子持ちカンラン。いわゆる芽キャベツで、今年は5株を育てています。
    IMG_0229 20181205

     ホワイトニンニク。買えば高価な青森産のニンニクです。
    IMG_0227 20181205

     サカタ種苗のサラダ白菜。サラダにすればレタスより食感が良く美味しい白菜で毎年栽培しています。サラダ以外に鍋でも何でも使え重宝しています。
    IMG_0226 20181205

     タマネギが順調に育っています。種類はタキイ種苗のネオアース。種から育て約500本植えています。夫婦2人ではとても消費仕切れませんので、子ども、孫たちのために野菜栽培をしています。
    IMG_0222 20181205

     シイタケ栽培も好きで、昨年の今頃菌を植え付けた原木には肉厚のシイタケが。
    IMG_0219 20181205

     竹藪で育てていますが、台風で折れたり傾いた竹を切ったため、日当たりが良すぎるようになったため寒冷紗で遮光しています。
    IMG_0218 20181205

    ホオジロガモ2羽 姉川にて  

     平成30年11月24日撮影。
     この日も帰路は湖岸から姉川沿いを走行して帰宅。途中、簗場付近で悠々と泳いでいるホオジロガモを発見し、車中から撮っていると簗場の岸寄りに行ったため、ソ~ッと降りていくと何と2羽のオスのホオジロガモが仲良く泳いでいます。予期していないことと、余りにも近くにいたため正直慌ててしまいました。飛ばれては元も子もありませんので、取り敢えず撮るなどスリル満点も味わいました。

     撮影最適場所を選ぶことも出来ず、草陰から撮った画像です。ぱっと見は良く似たホオジロガモですが、羽の模様が違います。
    CF1A6380 20181124

     気付かれたのかな?首を傾げているように思います。勘の鋭いカモで、この直後飛ばれました。
    CF1A6363-1 20181124

     道路から撮った画像。やはり、少し離れた所から落ち着いて撮った方が奇麗なように思えます。
    CF1A6438 20181124

     流れが少し急なところも泳ぎます。琵琶湖、漁港、川でよく見掛けます。
    CF1A6462 20181124

     ホオジロガモのオスは頭部のグリーンが鮮やかで、メスとは全く異なる姿です。
    CF1A6394 20181124

    ▲Page top