未分類 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    雨後の庭の花 自宅にて  

     令和2年(2020年)5月26日撮影。
     この日の午後2時ごろから雨。雨が降っていないときに会議もコウノトリ撮影も済んでいたので特段の支障はありませんが、雨後の花も撮ってみようと止んでいるときに花から花へとカメラを向けてみました。マクロレンズは被写界深度が浅いのでオートフォーカスではピントのズレが目立つときも多々ありますので、出來得れば三脚に付けてマニュアル撮影したいものだと常々思っていますが、邪魔くさがりですのでなかなか出来ません。ただ、描写が素敵なニコンのマクロをキャノンのカメラに付けたときはマニュアルしか撮影できないので、三脚を用いる場合が多いです。

     ツユクサ。これが撮りたくて雨後に撮影してみました。特に何ていうことは無いのですが・・・。
    CF1A8136 20200526

     ネルバナ。一旦植えるといくらでも増えるので、花後に種が出来るまでに除去するなど適切な管理が必要です。
    CF1A8161 20200526

     ニゲラ。色々な花の色があり、変わった形状の花が面白くて魅力的です。
    CF1A8167 20200526

     ニゲラは同じものでも咲き始めから段々色濃く変化するものもあります。花後の種もユニークな形ですのでドライフラワーにもできます。
    CF1A8172 20200526

     バイカウツギ。この花は花言葉どおり清楚で気品があります。
    CF1A8204 20200526

     雨後のシラン。いつの間にかたくさんに増えています。近付いてよく見ると美しい花です。
    CF1A8210 20200526

     フェンスのツルバラの「新雪」です。ツルバラは綺麗ですが管理が大変で、その覚悟がないとどうしょうも無くなります。
    CF1A8259 20200526

     ヒルザキツキミソウ。この花も雑草化するほど強い植物です。花は昆虫たちのゆりかごになっています。それぞれは何でもないような小さな命ですが、地球環境を守る重要なシステムの一つが目の前にあるようです。食物連鎖のシステムを人為的に破壊するだけで種は絶滅するのですから一つ一つを大切にしたいですね。
    CF1A8275 20200526

    イソシギなど、今期初撮影 長浜市にて  

     この日はカンムリカイツブリの様子を見るため湖岸方面に向かっていると、今年は不思議なほど見掛けないなと思っていたイソシギを農道で発見。更に走行していると今度は農業用ドローンがくうちゅうにを飛んでいるのを発見。こちらは初見で初撮影で大感激。こんなもので大感激とは大袈裟かも知れませんが、正直ドローンを見たときは驚きそのものでした。

     久しぶりのイソシギ。まさか農道を歩いているとは思っていませんでしたので、見落とすところでした。
    AB0D0590_1 20200525

     飛ばれてもと覚悟を決めて車を降りて丁寧に撮ってみました。イソシギの羽の模様は素敵ですが、これが思うように撮れませんでしたが、1D系は流石にきめ細かく色合いも思い通りに描いてくれました。同じように撮っているのにこの差は何でしょうか?
    AB0D0722_1 20200525

     下手ながらこれだけ思い通りに撮れたら、シギチの秋の渡りが待ち遠しくなってしまいました。
    AB0D0730_1 20200525

     近付けば逃げること間違いなし、近付かなければ遠過ぎる。妥協点はイソシギ次第でスリル満点の撮影でした。
    AB0D0732_1 20200525

     この飛行物体は農業用ドローン。農薬散布中でした。農薬散布には無線操縦の小型ヘリが使われていますが、ドローンは初めて見ました。
    AB0D0769_1 20200525

     農業の機械化もここまで進化したのかと、珍しい物好きの私は童心にかえって夢中で観察しました。
    AB0D0778_1 20200525

    速報 カンムリカイツブリのヒナ誕生! 湖岸付近にて  

     令和2年(2020年)6月22日撮影。
     今日はカンムリカイツブリのヒナを例年の場所で今季初撮影することが出来ました。朝にコウノトリ3羽(J0167、J0169、J0188)を精米に行く途中で発見し、存分に撮った後湖岸付近のカンムリカイツブリの状況の確認に向かいました。現地に到着すると、すでに多くのギャラリーがレンズを同じ方向に向けているではありませんか。疑いなくヒナの誕生を確信し、橋の上からスタンバイ。

     最初はヒナはなかなか登場しませんでしたが、暫くすると頻繁に姿を現しました。
    AB0D6480 20200622

     親鳥の背中から顔を出して餌を貰う場面も多いですが、この様に背中から出て餌を受け取る場面も見られました。
    AB0D6486 20200622JPG

     食べたら、即親鳥の背中に潜り込んでいました。
    AB0D6493 20200622

     通常はこのスタイルで餌を貰います。
    AB0D6523 20200622

     ヒナはまだ1羽だけのようです。
    AB0D6530 20200622

     特等席は既に満席でしたので、若干遠かったですが橋の上からの撮影でした。小さなヒナは7DⅡの方が距離をかせげますが、1D系の場合は望遠では明らかに不利なようです。
    AB0D6554 20200622_1

    異様な花、綺麗な花など 自宅などにて  

     令和2年(2020年)5月17日撮影。
     コウノトリばかり続いていますので少し間を頂いています。間を頂くとデータがたまるばかりで掲載が段々遅れてきています。ボチボチ追いつきたいと頑張っていますが思うようになりません。あれも撮りたい、これも撮りたいというのが遅れてきている原因ですが自分では気付いていませんが歳のせいかも。前置きはさておいて、植物や昆虫などを撮るのも面白いものです。

     5年に一度咲くコンニャクの花。強烈な悪臭を我慢して撮ってみました。粒粒の白っぽい雄花群が見えています。その下に雌花群があります。筒状のものが「花序付属体」で、これが超悪臭を出しています。変わった花ですので切り取って花瓶に生けたら最後一生忘れないような臭いに悩まされます。
    CF1A7855 20200517

     植物は昆虫をおびき寄せるため、何とも言えない芳香を出すものや、コンニャクのようにとんでもない悪臭を出すものもあります。
    CF1A7857 20200517

     カメラを持って花から花へと訪問しているとクローバーに留まっているフタホシヒラタアブを発見。
    CF1A7899 20200517

     今度は隣のアメリカユウゲショウの花に留まりました。綺麗なアブでツマグロヒョウモン以上に超接近して撮りました。
    CF1A7904 20200517

     庭に戻ってバラを撮影。ぱっと見では単に綺麗いなバラですが、よ~く見れば不思議な美しさです。
    CF1A7914 20200517

     この前蕾のものを載せましたが、8割がた開花したクレマチスのプリンセス・ダイアナ。自然にこんな素敵な赤があるのかというほど魅力的な赤です。
    CF1A7918 20200517_1

     これは自宅から数分の裏山にギンリョウソウを探しに行きましたが、これ1本だけでした。例年、辺り一面にあるのに無いに等しい状況。今年は気候の関係か梅が不作。ムベも殆ど生っていません。
    CF1A7907 20200517

    コチドリ、コウノトリを探しているときに 長浜市にて  

     令和2年(2020年)5月17日撮影。
     この日はため池からコウノトリが飛び立ち、その方向を見定めて探し回りましたが発見できずでした。探している途中でコチドリを見つけ僅かなチャンスでしたが撮ることができました。コチドリは動きが速いうえ、車を降りて姿を見せると直ぐに飛んでしまうた窓からの撮影です。例年この時期にはほぼ決まったところでコチドリの姿を見ることが出来ますので、注意しながら走行していました。

     コチドリはスズメ位の大きさですので、余程条件が整わないと綺麗に撮るのは難しいです。
    AB0D6284 20200517

     兎に角止まることなくチョロチョロト動き回りますので、素早く撮らないと車内からは撮れないところに行ってしまいます。
    AB0D6285 20200517

     早足のコチドリ。
    AB0D6288 20200517

     此方向きになったコチドリ。イメージが鉄人28号みたい。
    AB0D6290 20200517

     向きが変わるだけで可愛らしく見えます。
    AB0D6294 20200517

     際立つ黄色のアイリング。鳥はそれぞれ色々な特徴があり面白いです。
    AB0D6296 20200517

     もう少し近ければ小さな鳥でも羽が一枚一枚綺麗に撮れるのですが、またこの次にというのも撮影の楽しみです。
    AB0D6302 20200517

    ▲Page top