ハシブトガラス - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    カラスの水浴び  

     平成26年9月6日撮影。
     川には遡上しているアユを狙ってサギ類、トビ、カラスなどがたくさん集まっています。カラスも多く集まっており、よく水浴びをしている姿を見掛けます。この日はハシブトガラスの水浴びを撮ってみました。

     簡単にさっと水浴びをすることをカラスの行水と言いますが、カラスは水浴びが大好きできれい好きな鳥です。大抵は徹底的に念入りに水浴びをしています。ビショビショになっています。
    IMG_2217 20140906

     かなり派手な水浴びで、水しぶきが飛び散っていました。
    IMG_2222 20140906

     側にいたカラスは、水しぶきを嫌って離れていったようです。カラスの行水ではなく、念入りな水浴びでした。
    IMG_2223 20140906

    光沢が綺麗でした  

     平成26年2月16日撮影。
     何時もの公園です。ここは滅多にカラスは見かけませんが、珍しく切り株に留まっていました。カ・ラ・スと思いましたが、なかなか綺麗です。青の光沢がとっても印象的で、シャッターボタンを押してしまいました。

     カラスは光線の加減でとても綺麗な野鳥に見えます。
    IMG_0489 20140216

     ハシブトガラスの美しさは、正面から向き合わないと気付く事はないかも知れませんね。
    IMG_0494 20140216

    朝日を受けるハシブトガラス  

     平成26年2月6日撮影。
     最近午前4時頃から、山手でフクロウの鳴き声が聞こえてきます。暗闇の静寂さの中に響き渡り、心の中まで共鳴してしまいます。
     フクロウの所在を確認すべく(今まで何回チャレンジしても確認できていない)、早朝く山に向かいました。


     自宅を出て、直ぐの柿の木にハシブトガラスが留まっていました。朝日を浴びて爽やかに見えました。 
    IMG_5753 20140206

    ビワマスを食べるハシブトガラス  

     平成25年11月16日撮影。今日は晴天で撮影日和。朝早くから、秋ジャガ掘り、漬物用大根を抜き湧き水で洗って、野鳥撮影に向かって出発。ノスリ、チョウゲンボウの飛び出しなど盛り沢山の撮影をしました。
     整理が今夜では無理ですので、今日はこの画像のみ掲載させて頂きます。残りは、明日(17日)に掲載します。

     これは、湖北しか見られない場面と思いますので、敢えて掲載します。ハシブトガラスが立派なビワマスを食べています。ビワマスは母なる川に遡上、産卵し命尽きたものと思われます。
     琵琶湖は、あらゆる生命を育む母なる湖です。私は、この場面に遭遇し私自身命あるものとして、琵琶湖の有り難さを実感しました。

    IMG_7488 20131116

     ビワマスはかなり大きな魚ですので、カラスは苦労して中洲に引き上げていました。
    IMG_7490 20161116

     ビワマスは、赤味で非常に美味しい魚です。私も大好物で、ハシブトガラスもグルメなんですね。
    IMG_7517 20131116

    ▲Page top