ホシハジロ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ホシハジロ&キンクロハジロ ただ今越夏中です  

     平成28年6月23日撮影。
     琵琶湖では夏でも冬鳥を見ることができます。特にキンクロハジロは数多く夏を過ごしているようでオス、メスの集団をよく見掛けます。例年、その集団の中にホシハジロが少数ながら混じって仲良く過ごしています。

     河口付近で見掛けたホシハジロ。この日は蒸し暑い日でしたが、冬鳥とは思えない元気な様子でした。
    CF1A6004 20160623

     キンクロハジロと相性が良いようで、何時も仲良く一緒にいます。この様に冬鳥が夏を過ごす琵琶湖ですが、中には留鳥化し繁殖している鳥もいます。最も良く見掛けるのがカンムリカイツブリで、夏でも1000羽くらいいるとか。
    CF1A6026 20160623

    ホシハジロ 河口近くにて  

     平成27年11月10日撮影。
     コガモの集団と行動を共にしていたホシハジロです。此処は本流から入り込んだ狭い場所ですが異種のカモたちが仲良く集まっていました。カモたちが平和に過ごしている様子を観察するたびに、人類もカモたちに見習って欲しいと思うこの頃です。

     既に琵琶湖は、このホシハジロ、ヒドリガモなどで覆い尽くされるほどです。これから湖北も厳しい季節を迎えますが、冬鳥たちから元気をもらって過ごすのも楽しいものです。
    CF1A5371 20151110

    ホシハジロ 越夏?  

     平成27年5月16日撮影。
     早崎内湖と田圃の間の道をオオヨシキリを見ながら走っていると、冬鳥のホシハジロがいました。ビックリして車を止めると、ホシハジロもビックリしたような顔つき。最近は越夏か渡りの途中なりか、よく分かりませんが冬鳥をよく見掛けます。

     北帰なんて関係ない、というような顔つきです。やはり、夏に冬鳥を見掛けると心配になります。
    CF1A6563 20150516

     周りには仲間は誰もいません。北を目指さずに湖北に留まるのでしょうか。
    CF1A6566 20150516

     心配をよそに採餌を始めました。
    CF1A6575 20150516

    ホシハジロ 漁港にて  

     平成27年2月20日撮影。
     大浦と山本山でオオワシを撮った後、帰宅途中に河口近くの漁港に立ち寄ってみました。琵琶湖の水鳥は近づくと一斉に飛び去ることが多いですが、漁港では特定の水鳥を除いて落ち着いて撮らせてくれます。

     ホシハジロのオス。ホシハジロは夜間に採餌し、昼間はお休みのことが多いですが、この日は元気よく泳いでいました。
    CF1A5857 20150220

     独特の頭部の形で、オスの目は赤色です。
    CF1A5858 20150220

     画像をブログ用に縮小しているため、羽の微妙な美しさが出ていませんが、緻密で綺麗な羽です。
    CF1A5883 20150220

     オスとメスのホシハジロ。メスの目の色は褐色で姿もオスとは異なっており、優しい感じがします。手前はキンクロハジロです。
    CF1A5895 20150220

    ホシハジロ  

     平成26年11月24日撮影。
     琵琶湖では冬鳥たちの飛来で大賑わいとなってきています。中でもヒドリガモ、キンクロハジロ、そしてこのホシハジロが特に目につきます。河口付近の入り込んだところで撮影。

     オスのホシハジロは近くで見ると、独特の風貌をしています。オスのこの風貌に比べ、メスは綺麗で優しく見えます。カモ類は大抵オスが綺麗なようですが、ホシハジロはメスの方が綺麗だと思っています。
    IMG_5196 20141124

    ▲Page top