イソヒヨドリ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    イソヒヨドリ 越前海岸にて  

     平成30年12月23日撮影。
     この日は越前岬の水仙ランドに咲き頃の越前スイセンを観に行ってきました。年明けに行く予定でしたが年末から雪の予報で日本海側で積雪とのことで、急遽出掛けました。毎年越前スイセンを観に行っていますが道中にたくさん見られるイソヒヨドリを撮ることも大きな楽しみとなっています。予想通り、多くのイソヒヨドリにどれを撮ろうか迷うほどでした。

     駐車場で護岸のイソヒヨドリを撮っているとトラックに飛び移りました。オスの美しさには無条件でレンズを向けてしまいます。
    CF1A2829 20181223

     波消しブロックのイソヒヨドリ。なんだか海のカワセミのようでもあり、美しくも可愛らしくもあります。
    CF1A2717 20181223

     道中、護岸の向こうから行き交う車を見ている(?)、よく見掛ける光景。撮らせてくれる?、と停車した途端に飛ばれてしまうことが殆どです。
    CF1A2802 20181223

     こちらはメスのイソヒヨドリ。地味ですがとても可愛らしいです。
    CF1A2843 20181223

     フレンドリーでしたので、更に近付いてみました。
    CF1A2869 20181223

     撮影OKということでしたので、もっと近付いてみました。全く飛び去る様子なし。実はここで漁船の操業の様子を撮っていた時についでに撮ったものです。漁船の撮影が終わり、車に乗ってもこのイソヒヨドリはこの格好のままでした。オスもメスも撮れて良かった越前海岸でした。
    CF1A2907 20181223

    イソヒヨドリ 尾上漁港にて  

     平成29年1月6日撮影。
     尾上漁港でよく見かけるメスのイソヒヨドリ。かなりフレンドリーで何年か前からよく撮っています。冬場はカモ類の観察のため尾上漁港をよく訪れますので、イソヒヨドリとの出会いの頻度も高くなっています。

     湖岸のイソヒヨドリ。オスの華やかさに比べかなり地味ですが、羽の模様は魅力的です。
    CF1A8690 20170106

     防波堤に留まっているところもパチリ。なかなか可愛らしいです。
    CF1A8713 20170106

     この付近をチョロチョロとし、飛び去らずにいくらでも撮らせてくれました。 
    CF1A8772 20170106

     防波堤のすぐ側の木に留まったところも。野鳥によっては、人を恐れず近寄ってくる鳥もおり、撮影する者にとっては最高ですね。今は、アメリカヒドリの撮影にはまっており、如何に綺麗に撮れるか楽しんでいます。
    CF1A8808 20170106

    イソヒヨドリのオンパレード 越前海岸にて  

     平成28年11月21日撮影。
     この日は毎年恒例の越前スイセンを観に行く日です。道中の道路沿いには数え切れないほどのイソヒヨドリのお出迎えが私にとっては楽しみとなっています。全て車中から撮っていますが、イソヒヨドリにもフレンドリーなものから停車したとたん飛び去るものまで色々です。

     まず最初に歓迎してくれたのはメスのイソヒヨドリ。
    CF1A7349 20161121

     続いていたのはテトラの留まっていたオスのイソヒヨドリ。総じてオスのイソヒヨドリが多かったように思えます。
    CF1A7410 20161121

     この子はまだあどけなさが残っているようです。
    CF1A7418 20161121

     一番のサービスをしてくれたオスのイソヒヨドリ。レンズは10㍍以内のフォーカスリミッター設定です。私は、この色合いが好きです。
    CF1A7446 20161121

     漁船のマストに留まっていたオス。スイセンランドに到着するまで見るイソヒヨを撮り続けていれば、スイセンは観ることが出来ないくらい沢山いました。全員とても綺麗でした。
    CF1A7505 20161121

    湖北のイソヒヨドリ ヤナ場にて  

     平成28年11月13日撮影。
     河口から二番目くらいの橋までがこの川の主な観察スポットとなっています。季節などによっても見られる種類がことなり、その年々によっても異なる場合もあります。こうした変化に場所での野鳥観察はときめきのスポットでもあります。

     黒っぽい鳥が工事中のヤナ場に。咄嗟にピントを合わすとイソヒヨドリのオスでした。すぐに飛ばれましたが、越前海岸のイソヒヨドリのようにフレンドリーではなく、かなり恥ずかしがり屋さんのようです。
    CF1A5657 20161113

    イソヒヨドリ 海老江の漁港にて  

     平成28年10月22日撮影。
     沖合のコハクチョウを観察しているとイソヒヨドリがヒョッコリ現れました。湖北ではあくまで私の観察ですが、一昨年まではよく見られましたが最近は殆ど見掛けないようになっていました。

     久しぶりのイソヒヨドリ♀。オスは華やかですがメスも模様がとても綺麗です。
    CF1A1278 20161022

     飛ぶ直前をパチリ。手前に少し移動してくれましたので、ほぼ全体を撮ることができました。
    CF1A1291 20161022

    ▲Page top