ハマシギ - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    ハマシギ、採餌と飛翔 工事中の早崎内湖にて  

     令和3年(2021年)2月4日撮影。
     長年に渡り水鳥観察では魅力的だった早崎内湖(ビオトープ)は大規模な工事中のため、水鳥たちの拠点にはなっていませんが、時たまコハクチョウやオオハクチョウがいたり、ハマシギがいる場合があります。びわ湖の直ぐそばですので、水鳥たちにとって状況さえ良ければ降り立っているようです。この日は、ハマシギの一団が採餌していました。

     この前は数が少なかったのですが、この日は20羽以上のハマシギが採餌していたので、工事中の記録として撮ってみました。手前の黒っぽいものは重機で掘り返した土です。
    EJ3Q2135 20210204

     ハマシギは湿地状のところや採餌できる浅瀬が好きで、工事中で食べるものは少ないと思われますが時々此処に降り立っています。
    EJ3Q2137_1 20210204

     飛び立ったハマシギたち。
    EJ3Q2138_1 20210204

     ハマシギは近くで見るととても小さくて可愛らしいのですが、翼はとてもシャープで飛翔速度も速いです。この後、内湖に降りずにびわ湖へと飛んで行ってしまいました。
    EJ3Q2139_1 20210204

     工事中の早崎内湖近くで撮ったオオヒシクイ。田んぼからびわ湖へ戻る途中のようでした。
    EJ3Q2286_1 20210204

    工事中の早崎内湖のハマシギ&コハクチョウ 長浜市にて  

     令和3年(2021年)1月21日撮影。
     シジュウカラガンが採餌のためびわ湖を飛び立ったので、田んぼに向かっている途中早崎内湖に約100羽くらいのコハクチョウがいるのを確認。大規模な工事中でもあり、ここに降り立つとは驚きでした。以前はこの内湖に沢山いましたので懐かしかったのかも知れません。工事中の内湖に降り立っているのは記録しておくべきと駐車場からかなり歩いて撮影しました。その時、ハマシギもいましたのでついでに撮影したものです。

     湿地状の所で採餌していたハマシギ。
    EJ3Q6127_1 20210121

     最近は雪が多く雪解けの水のためか、水量が多くよく見られる中洲や河口が水没しているため、ハマシギの姿は余り見掛けないようになっていました。
    EJ3Q6137_1 20210121

     びわ湖も同じ理由で浅瀬がなくなっているので湖岸からは見られないようになっていました。
    EJ3Q6142_1 20210121

     工事中でなければ近くまで行って撮れるのですが、今のところは立入禁止です。
    EJ3Q6161_1 20210121

     ハマシギの隣は結構水があり、コハクチョウが約100羽くらいいました。工事中には来ないと思っていましたが、この姿を見た時は感動でした。
    EJ3Q6060_1 20210121

     車を止めていたところから撮ったコハクチョウ。早崎内湖は生まれ変わろうとしています。
    EJ3Q6177_1 20210121

    ハマシギ、タカブシギも 湖岸付近の田んぼにて  

     令和2年(2020年)5月5日撮影。
     この時期は旅鳥のシーズンで時間があれば田んぼを見て回るのが楽しみです。この日は特段観察目的ではなかったのですが、通りがかりの田んぼに群がっているので目を向けるとハマシギが田んぼにやって来ていました。ハマシギは冬鳥ですが秋からこの頃まで長期間観察されます。秋に多く撮っていますので、後は冬季に漁港でオオワシ撮影の時に撮るくらいです。夏羽のハマシギは撮る機会がなく、この日は新鮮な感覚で撮ることができました。ジッと待っていれば近くに来るハマシギですが、速足でこちらに歩いてくる方が迫っていましたので、僅かの時間でしたが撮影したものです。

     冬羽は地味ですが、夏羽はとても鮮やかで新鮮な感じを受けました。左にタカブシギも混じっていました。
    AB0D8407 20200505

     飛ぶまでは2から3分くらいしかありませんので、慌てて撮った画像です。
    AB0D8412 20200505

     1羽いたタカブシギもパチリ。今季はタカブシギがとても少なく殆ど見ていません。
    AB0D8418 20200505

     この日は撮れませんでしたが、近付いて来るハマシギはとても可愛らしいです。人を怖がらないようです。
    AB0D8428 20200505

     歩いている人がそこまで迫ると右方向に速足で逃げ出しました。
    AB0D8435 20200505

     先ずタカブシギが飛び立つとハマシギも一斉に飛んでしまいました。残念。でも撮れただけでも良しでした。
    AB0D8437 20200505

    ハマシギ、至近距離で 尾上漁港にて  

     2020年(令和2年)2月12日撮影。
     オオワシ撮影の時漁港の上をオオヒシクイの集団が賑やかに通過した後、防波堤に5~6羽のハマシギが遠くから採餌しながら近付いて来るのに気付き山本山とは反対方向にレンズを向けて待ちました。トウネンやハマシギはフレンドリーなシギで警戒心なく近付いて来ますので、レンズのフォーカスリミッターは最短に設定しています。秋には河口でトウネン、ハマシギなど足元近くまで寄ってきたのを撮っています。遠ざかることはないのでゆっくり撮影することが出来ました。

     ハマシギが防波堤沿いに何かを頻りに捕りながら近付いて来ました。
    CF1A5275_1 20200212

     ハマシギの腰あたりに蚊のようなものが飛んでいます。ハマシギがいなくなって確認したのですが、防波堤の上にはこの蚊のようなものが結構這い回っていました。蚊のようなものはユスリカです。ハマシギはこのユスリカを食べていたのです。
    CF1A5279_1 20200212

     これ以上近付くとピントが合わないギリギリのところで採餌しています。
    CF1A5261_1 20200212

     ハマシギは防波堤のびわ湖寄りを綱渡りのようにユスリカ捕りに夢中です。
    CF1A5284_1 20200212

     この2羽が積極的に近付いてくれました。
    CF1A5299_1 20200212

     河口では両足に標識が取り付けられているハマシギを撮っていますので、再会を期待していたのですがいませんでした。
    CF1A5302_1 20200212

     急ぎ足で近付いて来るハマシギ。漁港での楽しみの一つです。
    CF1A5213_1 20200212

     そして、スタンバイ位置からびわ湖を見ると羽目リカヒドリのつがいの姿。最近よく見掛けます。
    CF1A5384_1 20200212

     暫くするとアメリカヒドリの姿が無いので探すと、岸に上がって就寝中でした。頭部のグリーンが奇麗に輝いていました。何かと移り気の多いオオワシ撮影でした。
    CF1A5469_1 20200212
     令和元年10月17日撮影。
     その1からの続きです。標識付きの野鳥を山階鳥類研究所に報告すると、必ずその内容について報告して頂けます。今回も早めにご報告を頂くことができ、その内容は、ロシアのカムチャッカ半島の中西部の海岸で装着されており、左足の金属の足環には「FS 35002」と刻印されているとのこと。カムチャッカ方面からもオオワシを始め色々な冬鳥、旅鳥がはるばるとやって来るのですね。

     右足には黒と黄の合成樹脂製のフラッグ、左足には金属製の足環。この様な方法はロシアで行われているとのことです。
    CF1A6861 20191017

     此方へと飛んでくる標識君。ハマシギは小さな鳥ですので、標識の装着作業は大変だろうと思われます。
    CF1A6852 20191017

     他の仲間たちと仲良く採餌しているフラッグ付きのハマシギ。
    CF1A6827 20191017

     湖北でハマシギは珍しくはありませんが、標識が装着されているのは初めて見ることができました。
    CF1A6798 20191017

     ハマシギ2羽が並んだところ。この様な光景は微笑ましく、可愛らしいです。
    CF1A6770 20191017

     こちらは例のクチバシが長いサルハマシギと思われる個体。羽衣の褐色味は夏羽の赤色の名残なのでしょうか。
    CF1A6617 20191017

     どう見ても他のハマシギたちと様子が異なっています。しかし、同じ頃、同じ場所で観察された方のブログにはサルハマはいない、と断言的に記述されていますので未だに自信がありません。ただ、クチバシなどの明らかな違いはどう説明したら良いのか。難しいですね。
    CF1A6587 20191017

    ▲Page top