ハマシギ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ハマシギとコハクチョウ 長浜市にて  

     平成31年1月15日撮影。
     この日は久しぶりに早朝に湖岸からコハクチョウなどを観察。オオワシ撮影までの時間限定でしたので、飛び立ちは撮れませんでしたがハマシギが飛来し、コハクチョウの幼鳥のそばでチョロチョロする様子が可愛らしく、つい時間を忘れて撮影に熱中してしまいました。ハマシギは大型の水鳥であるコハクチョウやオオヒシクイの足もとを動き回りますが、追い払われることはなく仲良く共存する姿はとても微笑ましく感じます。

     コハクチョウの所にやって来たハマシギ。
    CF1A1572 20190115

     ハマシギはコハクチョウの幼鳥がお気に入りらしく、幼鳥のそばをなかなか離れませんでした。
    CF1A1610 20190115

     干潟状の所を行ったり来たり忙しそうにチョロチョロする姿がとても可愛らしく思えます。
    CF1A1626 20190115

     以前はハマシギの姿は漁港などで数㍍以内でよく見られましたが、最近ではそのような機会には遭遇できていません。
    CF1A1695 20190115

     オオヒシクイの足元にも近付いていました。
    CF1A1698 20190115

    ハマシギ仲良く採餌 三重の海岸にて  

     平成30年12月6日撮影。
     三重の海までミヤコドリ目的で訪問。しかし、ミヤコドリは不在でユリカモメなどが多く見られました。まだ初冬ということで仕方が無いと思っています。三重までは湖北からは比較的単純なコースで、少し長距離であることを我慢すれば到着できるお気に入りの海です。途中、道の駅もあり到着すればなにがしかのシギたちが見られますので楽しみな所です。この日はハマシギの採餌光景が見られました。

     何時もは何百とも思われる大集団のハマシギですが、この日は10羽程度の集団でした。仲良く採餌する2羽のハマシギ。捕った白く細いものは何でしょうか?小魚?


     ハマシギは小さくて可愛らしく、動き回る様子を見ているだけでも楽しい鳥です。
    CF1A0271-20181206.jpg

     水に頭を突っ込んでの採餌光景。
    CF1A0314-20181206.jpg

     先程と同じような白くて細いものを銜えています。今はこれが旬かな?
    CF1A0317-20181206.jpg

     また同じものを捕りました。一体何だろう・・・。
    CF1A0344-20181206.jpg

     私は、トウネンとハマシギが好きですので見られただけでもラッキーでした。平安の昔の歌にも「ハマチドリ」として詠まれていますが、今も昔も同じ思いでこの鳥を見ていたのですね。
    CF1A0354 20181206

    ハマシギ、リリパットのよう 長浜市にて  

     平成30年11月17日撮影。
     高島市でシナガチョウを撮った後湖岸周りで帰宅しました。オオワシ、コハクチョウなどを観察しながらというのがお決まりのコースで、コウノトリが滞在している場合はそこもまわります。みずどりステーション前のオオヒシクイの様子をと思って覗いてみると、殆どが休憩タイムでお休み中でした。ところが、よく見るとオオヒシクイの足もとやそばをハマシギたちがチョロチョロしており、まるでガリバー旅行記のような光景がみられました。

     ハマシギはオオヒシクイのそばにいると安心している様子でした。
    CF1A1627 20181117

     オオヒシクイのそばに寄ってきたハマシギたち。オオヒシクイは小さなハマシギを虐めることも無く終始友好的でした。
    CF1A1668 20181117

     足元に寄ってきたハマシギたちに見入るオオヒシクイ。きっと仲良しなんですね。微笑ましい光景で、私はこの様な光景が大好きです。
    CF1A1675 20181117

     ここは水鳥の楽園のようで、平和そのものです。
    CF1A1683 20181117

    ハマシギ&ミサゴ 姉川河口にて  

     平成30年11月7日撮影。
     猛烈台風で河口が荒れているのか、最近は野鳥の姿が少ないように思える河口と河口付近です。特に堰の付近では堆積した砂利を整備する大型重機が稼働しており、例年と違い面白みのない状況となっています。しかし、注意深く念入りに探すと日替わりメニューのごとく素敵なシギなどに出会うこともあります。距離はあるもののトウネンと共に最も好きなハマシギにも出会うことができました。

     発見した時はお休みタイムで全員グッスリ夢の世界のようです。待てども待てども起きてはくれませんでしたが・・・。
    CF1A8183 20181107

     そばにいたトビが飛び立ったのに驚き別の場所に移動したハマシギ。チョロチョロ動く可愛らしい姿を期待しましたが、間もなくグッスリとお休みタイムの続きとなりました。
    CF1A8226 20181107

     河口ではお馴染みのミサゴが登場。ホバリングは頻繁にしていましたが飛び込まず、他へと飛び去ってしまいました。
    CF1A8128 20181107

    ハマシギの夏羽 三重の海岸にて  

     平成30年4月30日撮影。
     ハマシギとミユビシギが恐らく少なくとも200羽以上が三重の海岸で仲良く採餌している光景は私にとっては圧巻でした。シギではトウネンとハマシギが好きで、理由は近付いても逃げないフレンドリーさです。この日も期待通り砂浜で待っていると可成り近付いて来ました。

     ハマシギの夏羽は湖北でも見たことはありますが、100㍍以上の距離で如何ともし難い距離で証拠写真にもなりませんでした。
    CF1A1375 20180430

     直ぐそばまで来てくれたハマシギ。夏羽のハマシギを近距離で撮影出来たのは初めてです。
    CF1A1392 20180430

     海岸を飛ぶハマシギとミユビシギの群れ。
    CF1A1436 20180430

     ハマシギとミユビシギは半々ぐらいで、あまりの多さに何処にピントを合わせようか迷いました。帰宅時間は迫っているし、もっと撮りたいしでやらと連写した結果、画像を選ぶのに苦労しました。そんな苦労は何回でもしたいと思っています。
    CF1A1461 20180430

    ▲Page top