アカゲラ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    遠くにアカゲラ 河口近くの緑地にて  

     平成28年10月22日撮影。
     今年は何故か自宅近くでも湖岸付近でもアオゲラやアカゲラの鳴き声を聞いても姿を見る機会がほとんどありません。例え姿を確認しても撮ろうとしたときには姿がなく、姿があっても忙しく動き回りアッという間に飛んでしまいます。

     なかなか姿を見る機会がなかったアカゲラ。やっと遠くに一瞬でしたが姿を捉えることができました。木々が落葉したときに、美しい姿を撮りたいものだと思っています。
    CF1A1399 20161022

    アカゲラ 河口付近にて  

     平成28年3月18日撮影。
     今季は冬鳥だけではなく、留鳥も数が少ないように思います。アカゲラやアオゲラを落葉している間にシッカリ撮ろうと思っていましたが、滅多に出会うこともありませんでした。時たま出会っても遠すぎたり、近くにいても幹の裏側に回り込み、そのまま飛んでしまったりと縁遠い存在となっています。空振り三振や見逃し三振ばかりです。この日は何とか一コマだけ撮ることができました。

     やっとの思いでアカゲラの姿が撮れました。最近は普段出会う野鳥を撮る方が難しいような気がしています。
    CF1A8608 20160318

    アカゲラ 久しぶりに撮影  

     平成27年11月25日撮影。
     河口付近では昨年よく見られたアトリの姿もなくひっそりしているようです。時々アカゲラの姿を見たり鳴き声は聴いていましたが、撮ることはできませんでした。瞬間的な出会いばかりで、この日ようやく撮ることができました。

     実際はメスのアカゲラの後に撮ったものです。オスのアカゲラは後頭部が赤く良く目立ちます。
    CF1A8471 20151125

     メスのアカゲラ。ペアで現れてくれました。遠くて、動きが速くやっと撮ることができました。
    CF1A8464 20151125

    アカゲラ 一瞬の出会いでした  

     平成27年3月3日撮影。
     河口近くはこの日もサッパリでした。冬鳥の小鳥たちは、既に移動を開始したのでしようか。前日もこの日も同じような状況ですので、季節の変化を受け入れざるを得ない思いでした。

     メスのアカゲラ。アカゲラとの距離があり、更にレンズを向けると直ぐに飛んでしまいました。
    CF1A0083 20150303

     次はオスのアカゲラも現れましたが、直ぐに飛んでしまいました。こんな日もあるのですね。
    CF1A0143 20150303

    アカゲラ よく出合います  

     平成27年2月4日撮影。
     農業用溜池付近で、最近アカゲラと良く出合います。羽の模様から同一個体と思われますが、訪問の都度コツ、コツと木を突く音が聞こえてきます。高いところで確認しても撮りづらい時は撮影しませんが、この日はバッチリのところで数多く撮らせてくれました。

     メスのアカゲラです。河口付近と違って、人慣れしているようで撮影はご自由にどうぞ、と言う感じです。
    CF1A1209 20150204

     この前は、夕方に出合っていますが、この日は午前中の出会いで餌探しに夢中でした。
    CF1A1218 20150204

     この木は枯れて倒れる寸前ですが、アカゲラ、コゲラの良き餌場になっています。
    CF1A1231 20150204

     折れたところが気がかりのようです。
    CF1A1264 20150204

     かなり激しく木を突いているアカゲラ。まるで、削岩機のようです。
    CF1A1291 20150204

    ▲Page top