ミヤコドリ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    比較的近くで撮れました  

     平成26年1月18日三重県にて撮影。
     一昨日は、遠くからしか撮れず、珍しいミヤコドリを撮影する機会も滅多にありませんので、本日再訪問しました。
     比較的近いところで、多数撮影することができました。

     牡蠣の転がっているところで、頻りに餌を食べていました。
    IMG_8971 20140118

     オナガガモの上を飛んで移動するミヤコドリ。単純な色合いがとても綺麗でした。
    IMG_8994 20140118

     結構速いスピードで飛びますので、ピントを合わすのが大変ですが、多くのミヤコドリが近くを飛んでくれましたので、何とか撮れました。
    IMG_9148 20140118

     今日は広範囲に分散していましたので、集団で飛ぶ姿は見られませんでした。
    IMG_9149 20140118

     水面を這うように飛んでいました。
    IMG_9151 20140118

     同じような画像となりましたが、飛ぶ姿はそれぞれ美しく、個体が異なると模様も微妙に違う様子が分かりました。
    IMG_9227 20140118

    ミヤコドリの飛翔  

     平成26年1月16日三重県にて撮影。
     ミヤコドリは、少数が分散して広範囲に確認できました。

     5羽のミヤコドリが、目の前を飛んでいます。早速連写開始。
    IMG_7489 20140116

     対岸に向かっているようです。
    IMG_7491 20140116

     珍しいミヤコドリです。ピントを外さないよう懸命でした。
    IMG_7497 20140116

     対岸に次々に着地する様子です。
    IMG_7505 20140116

     最後の1羽が着地。今日は、初めての所での撮影で距離もあり、画像としては今イチですがミヤコドリを観察できて良かったと思っています。今度は撮影場所を選んで、鮮明なミヤコドリを撮りたいと思います。
    IMG_7510 20140116

    ミヤコドリに会ってきました  

     平成26年1月16日撮影。
     今日の東海地方は晴れ。三重県の河口にミヤコドリの観察に行ってきました。此処には大きな河口が2つあり、それぞれにミヤコドリが見られました。
     ミヤコドリは、日本の鳥550水辺の鳥増補改訂版によると、ヨーロッパ、カムチャッカ半島、東アジア北部で繁殖し、アフリカ、中東、南アジア、中国南部で越冬。日本では数の少ない冬鳥として北海道から南西諸島まで記録がある。とあります。滅多に見られない、非常に珍しい冬鳥です。

     今日は、思い立ったときが吉日ではありませんが、午前9時半に出発。丁度昼頃に到着。車を止めて河口を見ると、早速このミヤコドリのお出迎えを受けました。 
    IMG_7464 20140116

     車中で、セブンイレブンで買ったおにぎりなどを食べて観察開始。多数のミヤコドリが干潟などで食事をしていました。
     このミヤコドリは、頻りに砂浜を突いていましたが、何かご馳走を見つけた様です。
    IMG_7664 20140116

     この様な光景があちらこちらで見かけられました。
    IMG_7839 20140116

    ▲Page top