ミユビシギ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ミユビシギ 三重の海岸にて  

     平成30年4月30日撮影。
     この日は大潮ということで三重の海岸まで潮干狩りに出掛けました。ゴールデンウィークでもあり、人出が多く貝より人間の方が多いのではないかと懸念しながらの潮干狩りでしたがハマグリその他を重たくなるくらい採ることが出来ました。貝の砂出しには海水を持ち帰って使うのが一番ですので、帰り際に海水を汲みに海岸まで行くと夥しいシギの群れに遭遇。潮が満ち人の姿が無くなると、何処からとはなく現れたミユビシギとハマシギの大集団でした。ハマシギは湖北でもお馴染みですが、ミユビシギはこの海岸でしか撮影したことはなく、好きなシギでもありますの帰宅時間が遅くなるのを忘れて撮影に夢中になりました。

     画像のミユビシギは100羽以上いた一部です。まだ冬羽の個体が多く、夏羽に変わりつつある個体も混じっていました。
    CF1A1181 20180430

     海岸は鳥たちの食料庫のようで、砂浜にツブツブに散らばっているものを食べていました。
    CF1A1221 20180430

     波が引くと波を追いかけるように海の方に行き、波が押し寄せてくると砂浜に逃げるように戻ってくるのを繰り返していました。
    CF1A1228 20180430

     こんなにたくさんのミユビシギを見たのは初めてでした。1羽でも嬉しいのに、ミユビシギの数だけの嬉しさでした。
    CF1A1271 20180430

     飛んだり降りたりを繰り返しながらの楽しそうな採餌の様子です。ついこの前までオオホシハジロ、ミヤコドリなとが見られた三重の海は素敵だなあと思いました。夏羽のハマシギは別に掲載させて頂きます。
    CF1A1479 20180430

    伊勢湾河口にて  

     平成26年1月18日撮影。
     今日は、ミヤコドリをどこまでその姿を表現できるか、自分なりに挑戦の気持ちで再度三重県を訪れました。一昨日は、場所的にも初めての場所で、右往左往で時間のロスも多く、不完全燃焼的撮影となっていました。
     広大な河口ですので、困難は承知のリベンジとなりました。

     トウネンとソックリのシギを発見。昨年はトウネンによく相手をしてもらったので、最初は「ここにいたの!」と思いました。しかし、この個体はトウネンより大きく、似てはいますがニュアンスが異なっていました。
     趾は3本で後趾がない点などから冬羽のミユビシギと思われます。とても、綺麗でした。 
    IMG_8822 20140118

     1羽だけで餌探しをしていました。
    IMG_8829 20140118

     正面から撮影。
    IMG_8830 20140118

     この画像を見ると、トウネンとソックリです。トウネンはスズメくらいの大きさでしたが、この個体はハマシギくらいの大きさでした。
    IMG_8833 20140118

     後ろ向きの姿です。トウネンと比べると羽の色が薄いようです。
    IMG_8838 20140118

    ▲Page top