ミユビシギ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    伊勢湾河口にて  

     平成26年1月18日撮影。
     今日は、ミヤコドリをどこまでその姿を表現できるか、自分なりに挑戦の気持ちで再度三重県を訪れました。一昨日は、場所的にも初めての場所で、右往左往で時間のロスも多く、不完全燃焼的撮影となっていました。
     広大な河口ですので、困難は承知のリベンジとなりました。

     トウネンとソックリのシギを発見。昨年はトウネンによく相手をしてもらったので、最初は「ここにいたの!」と思いました。しかし、この個体はトウネンより大きく、似てはいますがニュアンスが異なっていました。
     趾は3本で後趾がない点などから冬羽のミユビシギと思われます。とても、綺麗でした。 
    IMG_8822 20140118

     1羽だけで餌探しをしていました。
    IMG_8829 20140118

     正面から撮影。
    IMG_8830 20140118

     この画像を見ると、トウネンとソックリです。トウネンはスズメくらいの大きさでしたが、この個体はハマシギくらいの大きさでした。
    IMG_8833 20140118

     後ろ向きの姿です。トウネンと比べると羽の色が薄いようです。
    IMG_8838 20140118

    ▲Page top