セイタカシギ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    セイタカシギ ルビー色の目が綺麗  

     平成28年5月8日撮影。
     幸いなことに2羽のセイタカシギが前日と同じ田んぼにいました。セイタカシギは目も綺麗ですので、ゆっくり落ち着いて撮ろうと車は農作業の邪魔にならないよう離れた場所に止めました。最初は田んぼの奥まった所にいましたが、1時間ほど待撮れそうな位置に来るのを待ちに待って撮ることが出来ました。奥行きは約100㍍ある田んぼですので小さいセイタカシギは30㍍以内に近付いてくれないことにはどうにもなりません。

     姉川では逆光でルビー色の目は撮ることが出来ませんでしたが、此処は順光が幸いしました。
    CF1A9772 20160508

     2羽それぞれが時々空を見上げていました。
    CF1A9834 20160508

     水辺の貴婦人とも呼ばれるセイタカシギ。細身の体ですがとても綺麗で魅力的です。 
    CF1A9845 20160508
     
     数少ない旅鳥だけに前日に引き続きの出会いは何よりです。
    CF1A9901 20160508

     針金のような細い体で遠路を旅するエネルギーが凄いですね。
    CF1A9943 20160508

     時々一本脚で休憩します。目覚めるまで待つのみです。
    CF1A9057 20160508

     仲睦まじい2羽。幸せそのもののようです。
    CF1A9636 20160508

    セイタカシギ ビオトープ付近の田んぼにて  

     平成28年5月7日撮影。
     セイタカシギは今季2回目の出会いとなります。前回の3月に姉川のヤナ場付近での撮影に引き続き、今度はビオトープ付近の田んぼで2羽が睦まじく採餌している様子を撮ることが出来ました。容姿端麗な美しい姿は何回見ても魅力的です。

     仲睦まじく寄り添う2羽。番いでしょうか。
    CF1A8517 20160507

     代かきが済んだ田んぼで採餌をしていました。付近の田んぼではトラクターが動きまわっていましたが警戒の様子はありません。
    CF1A8791 20160507

     田んぼの水面に鏡のように姿が映っていますので、長い脚が更に長く見えます。
    CF1A8837 20160507

     頭部の黒っぽいのと、白っぽい2羽でした。日本では年中見られるところもあるようですが、湖北では数少ない旅鳥です。
    CF1A8873 20160507

     2羽が揃っての羽繕い。
    CF1A8946 20160507

    セイタカシギ 3年ぶりです Part2  

     平成28年3月28日撮影。
     Part1からの続きです。3年前に出会った時には群れで田んぼにいました。気品のある惹かれ撮ったのを思い出します。セイタカシギは旅鳥ですので、今後も出会う機会はいくらでもあると思っていましたが、今回まで出会うことはありませんでした。

     羽の色もなかなか綺麗で、スラッとした容姿は魅力的です。
    CF1A9677 20160328

     3年前は群れでしたが、今回はこの1羽だけしか確認できませんでした。
    CF1A9706 20160328

     簗場付近は逆光となりますので、コマ数を撮った割には綺麗には撮れませんでした。
    CF1A9737 20160328

     脚が長いので、かなり深いところを歩くことができます。泳いでいるように見えます。
    CF1A9742 20160328

     岸に上がろうとしているところです。
    CF1A9767.jpg

     水際で水生昆虫を捕っていました。
    CF1A9790 20160328

     水際に佇むセイタカシギ。今後、何時出会うか分かりませんが楽しみにしています。
    CF1A9807 20160328

    セイタカシギ 3年ぶりです Part1  

     平成28年3月28日撮影。
     この日は晴れて穏やかな春の到来を実感できる暖かい日でした。湖北町大安寺に所用で出掛け、ついでに湖岸から自宅付近まで広範囲にゆっくりと久しぶりに野鳥観察ができました。先ず、姉川の簗場近くを観察。コチドリを撮っていると、3年ぶりの出会いとなるセイタカシギが現れました。毎年出会いを楽しみにしていたセイタカシギですが、ここ2年間は姿を確認することが出来ませんでした。確認後は夢のような撮影をすることができました。数多く撮影できましたので、Part1、Part2に分けて掲載させて頂きます。

     飛んで着地しょうとするセイタカシギ。 
    CF1A0042 20160328

     上空を見るセイタカシギ。
    CF1A0067 20160328

     終始採餌に夢中のセイタカシギ。ヤゴのような水生昆虫を捕りました。
    CF1A0119 20160328

     細い鋭い嘴で器用に次々に食べ物を捕らえます。
    CF1A0151 20160328

     飛翔姿。何か銜えて飛んでいます。
    CF1A0178 20160328

     そして、元の位置に着地。飛び去ることもなく、眼前で色々な姿を見せてくれました。
    CF1A0183 20160328

     撮影者の私には無防備ですが、上空には注意を払っていました。湖岸付近はオオタカ、ハヤブサと猛禽もよく出現します。
    CF1A0202 20160328

     順光側からブッシュの中から参考に撮影。続きはPart2に掲載させて頂きます。
    CF1A0367 20160328

    セイタカシギ  

     今日は、湖北では朝から大雨洪水警報が発令され、猛烈な雨が降っています。
     画像の整理をすることにし、平成25年4月12日撮影のセイタカシギを掲載します。この時期、湖北ではよく見かけますが、田圃が圃場整備されて広く、そのため距離がありなかなか綺麗に撮影することは困難な場合が多いです。数度チャレンジしていますが、手強い被写体です。

     元気よく田圃を動き回る様子をご覧下さい。
    IMG_9424-1 20130412

    IMG_9444-1 20130412

    IMG_9454 20130412

    IMG_9479.jpg

     田植え準備中の田圃で採餌していました。
    IMG_9510-1.jpg

    IMG_9515-1 20130412

    IMG_9521 20130412

    IMG_9524-1 20130412

    IMG_9526-1 20130412

    ▲Page top