ケリ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ケリ 姉川にて  

     平成28年8月25日撮影。
     湖北では稲刈りも進みケリの姿も目立つようになってきました。ケリは5月にヒナの様子を数多く撮影し、その後撮影はご無沙汰していましたが、最近は稲刈り後の田んぼ、畑、川などでよく見掛けるようになりましたので久しぶりに撮ってみました。

     この日は姉川の浅瀬にいたケリを橋の上から撮影。川の中で涼しそうにしていました。そろそろ旅鳥や冬鳥のシーズンとなり、今年はどの様な出会いがあるか楽しみの季節になりました。
    CF1A0824 20160825

    ケリのヒナ 見違えるようになりました  

     平成28年5月29日撮影。
     何時も観察している自宅近くのケリのヒナです。ケリのヒナの成長は驚くほど早く、見る度に大きく立派になってきています。巣穴で育つヒナと違って、地面で生まれ育つヒナの逞しさ、成長は早さは驚異的です。

     ヒナの域を脱して幼鳥のようになっています。
    CF1A4644 20160529

     ついこの前までコロコロした可愛らしいヒナでしたが、もう羽も生え少しは飛べるようです。
    CF1A4683 20160529

     仕草はもう一人前です。羽繕いをしていましたが成鳥と同じようにしていました。
    CF1A4696 20160529

     羽繕いの後は、ブルブルッとして仕上げです。まだ親鳥は近くで見張っていますが、もうすぐ親離れすることでしょう。
    CF1A4701 20160529

    ケリのヒナ 羽が生えてきています  

     平成28年5月20日撮影。
     自宅の直ぐそばの田んぼで誕生したケリのヒナを観察し続けていますが、その成長の早さには驚きます。日に日に成長し、自然の中で逞しく育っています。都度観察していますので、親鳥も憶えているのかけたたましく攻撃してはきませんので、落ち着いて撮影ができます。ヒナも逃げずに近付いてきますので、その可愛らしい様子も撮ることができました。

     餌探しも上達し、上手に採餌していました。
    CF1A4167 20160520

     複数羽のヒナがチョロチョロしています。中には此方を見ているものもいます。
    CF1A4170 20160520

     私から数㍍の近くでも安心して採餌を続けています。
    CF1A4176 20160520

     ヒナは警戒心がなく、近くを動きまわってくれとても可愛らしいです。
    CF1A4186 20160520

     この様に最短撮影距離ギリギリまで近付いてくるヒナもいます。
    CF1A4219 20160520

     兄弟そろって元気に楽しそうにしている様子には心が和みます。大人になればうるさい鳥ですが無事に育ってほしいものです。
    CF1A4266 20160520

     親鳥は威嚇はしてきませんが、油断も隙もない顔をしてヒナたちを見守っています。
    CF1A4190 20160520

    ケリのヒナ 見違えるように成長しています  

     平成28年5月8日撮影。
     自宅直ぐ近くのケリのヒナ。ついでの時に観察できますので、都度出向いています。ケリとアマサギは湖岸方面などを観察した時の帰路でも観察しています。この時期は、シギチの渡りなどそしてヒナの誕生と心和む野鳥観察ができ新緑を背景に魅力的な季節です。

     5月6日のヒナはやっと畦に登ることが出来たのに、この日は隣の田んぼで採餌をしているではありませんか。
    CF1A0293 20160508

     格好はもう一人前のようですよ。成長は驚くほど早く、日々の成長は目を見張ります。
    CF1A0304 20160508

     親鳥は側で、ヒナたちの自由行動を温かく見守っています。
    CF1A0354 20160508

     自由に歩けるヒナは親鳥から餌を貰っている様子を見たことがありません。生まれた直後から厳しい試練を乗り越えているようです。
    CF1A0356 20160508

     親鳥の元に急ぎ足で戻るヒナ。
    CF1A0370 20160508

     まだ毛糸の帽子を被っているようですが、あと一週間もすれば羽も生え見違えるようになります。
    CF1A0172 20160508

     畦を越えられる様なり、行動範囲も飛躍的に広がりました。
    CF1A0182 20160508

     ピョンと簡単に畦に登るヒナ。この田んぼにも間もなく水が張られます。
    CF1A0234 20160508

    ケリのヒナ 冒険心旺盛です  

     平成28年5月6日撮影。
     ケリのヒナは成長が早く日に日に逞しくなってきています。まだ誕生して間がないのに好奇心と冒険心が旺盛で、興味を持ったことにチャレンジする様子が可愛らしいです。背丈の何倍もある畦に登ろうとするヒナ。前日までは出来なかったことが、この日成功し畦に登ることができました。

     畦の向こうは水を張った田んぼで、水の音が気になるのでしょうか、興味を示しています。
    CF1A7733 20160506

     何回も何回も登ろうとしていますが、なかなか上手くいきません。
    CF1A7737 20160506

     登る場所を変えて再チャレンジ。畦の向こうにはヒナの知らない世界が広がっています。
    CF1A7751 20160506

     やっと登ることができました。おそらく、ヒナは驚きと感激に浸っていることことでしょう。
    CF1A7787 20160506

     4羽の兄弟がいますが、兄弟たちも興味を示して集まってきました。
    CF1A7819 20160506

     登ったヒナは初めて見る世界を見学中です。湖北の田んぼは広いため、きっと海のように見えているかも。
    CF1A7961 20160506

     兄弟たちが待っている所に戻るため、畦を降りるヒナ。怖くはないのでしょうか。
    CF1A8031 20160506

     今度は別のヒナも畦を駆け上がっています。兄弟や親のすることを真似ながら成長するのですね。自宅からすぐ近くですので、暫くの間観察を続けるつもりです。
    CF1A8082 20160506

    ▲Page top