ケリ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ケリのヒナ 周りが全員で守っているよう  

     平成29年5月25日撮影。
     1週間ほど前に生まれたてのケリのヒナを観察したところに再度立ち寄ってみました。まだピヨピヨですがかなり成長しており一安心でした。ヒナは当初から1羽だけでしたので心配の連続でした。自然界では、1羽減り、2羽減り・・・というのは日常ではごく普通の出来事でもあります。場合によっては、突然壊滅的な場面に遭遇することもあります。

     親鳥のそばの畦を歩くヒナ。生まれてすぐに歩くことのむ出来るヒナは、1週間もすれば歩行の達人です。
    CF1A4979 20170525

    翼を広げるヒナ。仕草は一人前ですが羽は全く生えていません。可愛らしいと思いました。
    CF1A5053 20170525

     もう一方の親鳥に向かって歩き出したヒナ。
    CF1A5063 20170525

     かなりのスピードで歩いているというか、駆けているようです。
    CF1A5082 20170525

     とにかくヒナは元気そのものです。周りは危険がいっぱいですが親鳥を信じて健気に過ごしていました。夜中でもけたたましく騒ぐケリに成長して欲しいと願っています。
    CF1A5099 20170525

     親鳥以外のケリも撮影者の私に威嚇しています。ヒナはこの辺りのケリにとっては宝物のようです。
    CF1A5115 20170525

    ケリのヒナ ビオトープ付近にて  

     平成29年5月17日撮影。
     カンムリカイツブリの様子を観察し、ビオトープ付近の田んぼにも出向いてみました。毎年此処ではケリのヒナを撮っていましたので、期待を込めてゆっくり農道を走行。「!!!。」いました、いました。可愛らしいヒナが田んぼの中で遊んでいました。近付いてきた車に警戒してか、親鳥が鋭い鳴き声でヒナを呼び寄せ、ヒナは一目散に親鳥のそばに駆け寄りました。

     ヒナは生まれてまだ間がないようですが、驚くほどの早さで親鳥のもとに駆け寄っていきました。田んぼから上がり畦の親鳥のそばに駆け寄る様子です。
    CF1A2219 20170517

     この付近はトビやカラスなどが多く、親鳥はあらゆる方向を警戒しています。親鳥にとってはこのヒナは何ものにも代え難い大切な宝物です。
    CF1A2223 20170517

     親鳥がヒナに何か言い聞かせているようです。気の強いケリもヒナに対しては、とても優しいのです。
    CF1A2239 20170517

     撮影を終えようとすると、親子で見送って(?)くれました。
    CF1A2245 20170517

    ケリ 子育て中のようです  

     平成29年5月5日撮影。
     繁殖シーズンに入るとケリはとてもうるさくなります。カラスやトビが上空を飛んでいても飛び立ち執拗に威嚇しています。ケリは地上で巣を作り卵を産み、ヒナを育てますので親鳥は外敵から守るため大忙しとなっています。ケリのヒナが産まれていないか注意しながら農道を走行してみました。

     車で近付いても凄い形相で威嚇するケリ。
    CF1A8307 20170505

     田んぼの中からも威嚇してきます。恐らく、近くに卵を産んでいるかヒナがいると思われます。今年は近所の休耕田が全て耕作のため綺麗になっていますので、ヒナの観察が難しくなっています。
    CF1A8330 20170505

    ケリ 姉川にて  

     平成28年8月25日撮影。
     湖北では稲刈りも進みケリの姿も目立つようになってきました。ケリは5月にヒナの様子を数多く撮影し、その後撮影はご無沙汰していましたが、最近は稲刈り後の田んぼ、畑、川などでよく見掛けるようになりましたので久しぶりに撮ってみました。

     この日は姉川の浅瀬にいたケリを橋の上から撮影。川の中で涼しそうにしていました。そろそろ旅鳥や冬鳥のシーズンとなり、今年はどの様な出会いがあるか楽しみの季節になりました。
    CF1A0824 20160825

    ケリのヒナ 見違えるようになりました  

     平成28年5月29日撮影。
     何時も観察している自宅近くのケリのヒナです。ケリのヒナの成長は驚くほど早く、見る度に大きく立派になってきています。巣穴で育つヒナと違って、地面で生まれ育つヒナの逞しさ、成長は早さは驚異的です。

     ヒナの域を脱して幼鳥のようになっています。
    CF1A4644 20160529

     ついこの前までコロコロした可愛らしいヒナでしたが、もう羽も生え少しは飛べるようです。
    CF1A4683 20160529

     仕草はもう一人前です。羽繕いをしていましたが成鳥と同じようにしていました。
    CF1A4696 20160529

     羽繕いの後は、ブルブルッとして仕上げです。まだ親鳥は近くで見張っていますが、もうすぐ親離れすることでしょう。
    CF1A4701 20160529

    ▲Page top