アカハラ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    アカハラ 別れを惜しむ友達みたいでした  

     平成26年4月20日撮影。
     河口の公園も覗いてみました。曇天でとても寒く、余り期待はしていませんでしたが、とにかく一周することにしました。16日にアカハラと出会ったところに差し掛かると、最初は何もいませんでしたが突然1羽の綺麗な鳥が現れました。この前の、決して逃げないアカハラのようです。私の側で、色々な姿を見せてくれました。

     今日は、アカハラの方から近付いて来てくれました。野鳥観察をしていると、野鳥の方から近付いてくれることがあります。今までは、コウノトリ、トウネン、イソシギ、ハマシギなどで、とても不思議に思っています。
    IMG_4603 20140420

     「こんにちは」と言っているようで、どう見ても警戒心を持っているようには見えません。
    IMG_4665 20140420

     枝移りしても、此方を確認するようにジッと見つめるアカハラでした。
    IMG_4715 20140420

     聞き取れませんでしたが、何か言ってくれているようです。
    IMG_4740 20140420

     試しに、グッと近付いても動かずそのままの状態です。
    IMG_4744 20140420

     地上に降りました。此処でも、色々な様子を見せてくれるようです。
    IMG_4857 20140420

     この前は、虫を食べるところを見せてくれましたが、今日は木の種子のようなものを大きな口を開けて食べました。
    IMG_4869 20140420

     食べた直後の表情です。このアカハラは食べた後は、とても良い表情をします。
    IMG_4871 20140420

     正面向きです。此方に近付いてくるところを撮りました。
    IMG_4901 20140420

     後は、枯れ葉をゴソゴソして餌探しを始めましたので、この場を後にしました。ただ、私が此処を離れるときはジッと此方を向いたまま、姿が見えなくなるまで見送ってくれていたようです。もうすぐ中部以北に旅立ちますのでお別れだったようです。一時は、最短撮影距離の限界近くまで近付いてくれました。
    IMG_4924 20140420

    アカハラ フレンドリーでした  

     平成26年4月16日撮影。
     河口の公園で大きな桜の木の付近でアカハラを発見。近付いて撮り始めましたが、逃げずに採餌したり、桜の枝に留まったり可成りの時間お付き合いをしてくれました。

     アカハラは、結構綺麗な鳥です。一方シロハラは地味な鳥だと思います。
    IMG_3257 20140416

     桜とアカハラ。季節がハッキリ分かる撮影となりました。
    IMG_3273 20140416
     
     
     遠くに飛ぶ気配が無く、思う存分撮ってくださいという様子が感じられました。
    IMG_3298 20140416

     地上に降りたため、陽光があたり綺麗さが際だちました。
    IMG_3328 20140416

     虫を見つけて銜えています。この後直ぐに食べてしまいました。
    IMG_3377 20140416

     食後の表情です。満足そうなとっても良い表情をしていました。
    IMG_3382 20140416

    アカハラ  

     平成26年3月19日撮影。
     マミチャジナイを撮った所の直ぐ近くにいました。マミチャジナイの雌かどうか、他の種類かどうか種別の判定に時間を要しました。脇が橙褐色のよく似た鳥を連続的に見たものですから、かなり悩みました。
     しかし、マミチャジナイに良く似ていますが、目の上の白い眉斑がなく、アイリングの黄色が明瞭であり、アカハラとした方が辻褄が合いますので、アカハラと判定しました。

     こちらを向いてくれれば、種別の判定もある程度助かったのかも知れませんが、この後かなり離れた所へ飛んでしまいました。
    IMG_1671 20140319

     脇が橙褐色であることは、この画像からも確認できます。
    IMG_1662 20140319

     マミチャジナイは、ある程度フレンドリーでしたが、この鳥はそうではありませんでした。
    IMG_1668 20140319

    ▲Page top