オオルリ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    オオルリ 河口近くの緑地にて  

     平成28年9月25日撮影。
     オオルリ。何回出会っても、何回撮ってもその度に惹き付けられる魅力的な夏鳥です。春は素敵な美声で此処にいるよと知らせてくれます。今年の春は自宅近くで何度も撮りましたが、早いものでもう秋の渡りの時期です。秋は美声を発することなく静かに旅立ちますので、撮影にはオオルリがいることを前提に神経を集中して臨んでいます。

     この日、期待通りに現れたオオルリ。思惑通りに現れると、かえって慌ててしまいます。
    CF1A3611 20160925

     何か言っているようですが、私には聞き取れませんでした。きっと「さようなら、また来るよ。」と言っているのでしょうか。別れは、辛いものですね。
    CF1A3615 20160925

    オオルリ ペアのようです  

     平成28年4月21日撮影。
     前日に引き続き自宅すぐ近くの山裾に出掛けました。オオルリはペアで到着しているようですが、メスは他の種類とよく似ているため確認の意味と、撮れるものなら撮ってみたいと考えていました。

     前日に続いて現れたオスのオオルリ。
    CF1A3999 20160421

     やっとの思いで撮ったメスのオオルリ。此処にはキビタキなどもいるため、メスの場合一瞬では種別が判然としませんでした。
    CF1A3998 20160421

     オオルリは森の中を音もなくヒラヒラと飛んで枝移りしていました。得意の綺麗な囀りを聞かせてはくれませんので、余程注意して探さないと見逃してしまいます。
    CF1A3980 20160421

     このオオルリのペアは何時まで近所に滞在してくれるのか分かりませんが、暫く観察を続けたいと思っています。 
    CF1A4010 20160421

    オオルリ 灯台もと暗しでした  

     平成28年4月20日撮影。
     4月の中頃から自宅のすぐそばの山にツツドリがやって来ています。毎年やって来ていますので、今年こそは撮ろうと鳴き声の方向を探っていました。また、キビタキも毎年綺麗な鳴き声が聞こえてきます。早朝からジ~ッと待っていたら思いもよらないオオルリが現れたのです。自宅から歩いて2分くらいのところでオオルリに出会えるとは思ってもおらず、最初は目を疑ったほどでした。思いもよらないツツドリ効果で、まさに灯台もと暗しでした。

     確かに青い鳥、オオルリです。ツツドリのことを忘れてオオルリ撮影に集中してしまいました。
    CF1A3807 20160420

     後ろ向きです。飛んでは周囲の枝に留まりですが、鬱蒼とした森の中ですので撮影は容易ではありません。
    CF1A3858 20160420

     撮影可能なところに留まるととにかく撮り続けました。
    CF1A3870 20160420

     今季は湖岸付近でサッパリのオオルリが自宅のそばで見られたのは、偶然とはいえ不思議です。
    CF1A3895 20160420

     このオオルリ君は奥さん同伴で到着しているようですが、後日奥さんとお目に掛かることになります。
    CF1A3911 20160420

    オオルリのメス 湖岸付近にて  

     平成27年9月21日撮影。
      昨年の秋はオオルリに関してはオスの若鳥か゜多かったように思いますが、今年はオスの成鳥、オスの若鳥、そしてメスと出会うことができました。オオルリ、は春夏注意深く観察すれば必ずといって良いほど出会いますが、何故か振り返ってみれば渡りのメインのように、出会う度に感動します。

     メスは、キビタキのメスとも酷似していますが、喉元の特徴から明らかにオオルリ。その様なことを考えながらの撮影も楽しいものです。
    CF1A7344 20150921

    オオルリ 湖岸付近にて  

     平成27年9月20日撮影。
     やはり秋風が吹くと、一抹の寂しさをも感じます。この日も渡りの鳥達に出会いましたが、お別れの挨拶をしてくれているようで、素直に喜べない感情を味わいました。此処では、春と秋に必ずオオルリとの出会いがあります。その間は不思議に出会いはなく、初めましてとさようならだけの出会いです。

     春は美声で囀ってくれますが、秋は無言です。綺麗ですが小さい故探すのは大変です。
    CF1A6848 20150920

    昨年の秋は若鳥ばかりでしたが、今年は成鳥も撮ることができました。
    CF1A6871 20150920

    この撮影までに、複数回チラッと成鳥の姿を確認していますが、動きは速くチャンスはありませんでした。
    CF1A6881 20150920

     偶然のチャンス到来で、連写、連写です。
    CF1A6886 20150920

     同じような画像ですが、日の射し具合で羽の色の変化というか、感じの異なりを撮りました。
    CF1A6889 20150920

    ▲Page top