ウズラシギ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ウズラシギその2 長浜市にて  

     令和元年5月12日撮影。
     その1からの続きです。ウズラシギは好きなシギですが年に1回出会えるかどうかの旅鳥です。出会えたらチャンスとばかり数多く撮ってしまいました。まさに画像の量産です。全部を載せることは出来ませんので、仲良し採餌光景を含めた数コマを載せさせて頂きました。翌日、もう一度と思って訪れましたがウズラシギの姿は辺りを含め見当たりませんでした。

     2羽が寄りそうに仲良く採餌していました。
    CF1A3673 20190512

     ペアかどうかは分かりませんが、この様な光景は心和みます。
    CF1A3693 20190512

     同じお皿の食事を仲良く食べているようですね。
    CF1A3704 20190512

     こちらは1羽で採餌しています。
    CF1A3721 20190512

     親しげにこちらを見ているウズラシギ。こちらに近付いてくる時に撮った一コマです。
    CF1A3730 20190512

    ウズラシギその1 長浜市にて  

     令和元年5月12日撮影。
     ムナグロの次には図らずもウズラシギと出会えました。5羽が田んぼの水溜まり手仲良く採餌していました。このウズラシギは好きなシギの一つで出会えたら何だか得をしたような気持ちになります。ウズラシギの名前の由来はウズラに似ているからではなく、ウズラ程度の大きさとのことです。体は小さいですが、地球規模の旅をします。ツンドラからオーストラリア方面まで気の遠くなるような旅をする旅鳥です。

     結構可愛らしいシギで、パッと逃げることは今までにはありません。かなりフレンドリーのようです。


     後ろから見るとウズラに似ているようにも思えます。
    CF1A3601 20190512

     中継地の湖北で体力回復のための食事。
    CF1A3634 20190512

     こちらを見ているようです。ウズラシギたちは私がいることは分かっていますが、逃げないので助かります。
    CF1A3635 20190512

     トウネンもそうですが近付いて来ますので、とっても可愛らしく思います。数多く撮ってしまいましたので、明日その2として掲載させて頂きます。
    CF1A3658 20190512

    ウズラシギも一緒に飛来  

     平成27年4月18日撮影。
     ムナグロが到着しているのに気付き、一応群れの全部を撮っておきました。毎年、ムナグロの集団には異種のシギ・チドリが混じっていますので帰宅後画像を点検していると、やはり異なる種類が1羽混じっていました。

     ムナグロと同じ旅鳥のウズラシギと思われます。昨年は、ダイゼンが混じっていました。
    CF1A9348 20150418

     所用からの帰宅途中で、午後4時を過ぎていましたが一応全体を撮っておいて良かったと思いました。後日再会できる機会があれば、詳しく撮りたいと思います。
    CF1A9352 20150418

    ウズラシギ 偶然の出会いでした  

     平成26年5月18撮影。
     この日は、アオアシシギなど何時も撮っているシギ類を撮るため現地に到着すると、今までに見たことがない小さく綺麗なシギが目に入りました。湖北では、とても珍しいウズラシギです。
     この場所には、他にタカブシギ、アオアシシギかがおり、珍しいシギが集まっていました。

     最初に見たときは、トウネンかと思いましたがそれより少し大きめでした。 
    IMG_8657 20140518

     ウズラシギは激減しているそうで、タイミング良く出会えたことに驚いています。
    IMG_8669 20140518

     隣には、タカブシギがいます。どちらも小さいです。ウズラシギは羽繕いです。
    IMG_8673 20140518

     ウズラシギ、タカブシギ、アオアシシギがいます。それぞれ湖北での飛来数が極めて少ない旅鳥が3種集まっているのは、更に珍しいと思われます。
    IMG_8737 20140518

     タカブシギの飛んだ後について隣の田圃に到着。種類が異なっても仲が良く、何時も不思議に思っています。
    IMG_8997 20140518

    ▲Page top