ツマグロヒョウモン - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ツマグロヒョウモンが見られました 自宅の庭にて  

     平成29年5月14日撮影。
     庭では今年初めてツマグロヒョウモンが見られました。また、裏の畑ではキアゲハも。何れも羽化したばかりのようでした。これからの時期は野鳥撮影は忙しくなくなりますので、出来る限り身の回りの美しい蝶なども撮りたいと思っています。

     芝桜の上であまり動かないで翅をパタパタしていたツマグロヒョウモン。まだ翅が伸びきっていないようでした。
    IMG_1301 20170514

     ミヤコワスレには小さな蝶が留まっていました。翅の模様の特徴からヒメウラナミジャノメのようです。
    IMG_1331 20170514

     畑ではキアゲハがジ~ッとしていました。まだ羽化して間がないようです。何れも良く見られる蝶ですが、よく見ると不思議なくらい綺麗です。
    IMG_1348 20170514

    ツマグロヒョウモン 自宅の庭にて  

     平成28年9月24日撮影。
     ツマグロヒョウモンという蝶は私が子供の頃は見かけなかったと思いますが、今や庭や畑で日常的にごく普通に見られます。周囲には幼虫の食べ物であるスミレ類が豊富ですので、この地で繁殖しています。ツマグロヒョウモンは好きな蝶ですので、野鳥観察に出向かないときなどは、ゆっくりと眺めています。

     ツマグロヒョウモンのメス。南方系の蝶らしく鮮やかな姿が魅力的です。
    IMG_8262 20160924

     メスとは似ていませんが、ツマグロヒョウモンのオスです。ヒョウ柄が素敵です。オスとメスが仲良く現れました。
    IMG_8321 20160924

    ツマグロヒョウモン 自宅の庭にて  

     平成28年8月14日撮影。
     庭にはスミレが多いため、ツマグロヒョウモンがよく見られます。此処で卵を産み、幼虫がスミレの葉を食べてサナギとなりチョウとなって飛び交っており、のびのびと安心しているようにも思えます。ツマグロヒョウモンは人を恐れず、この前は差し出した右手の手のひらに留まってくれました。利き腕は左ですが、今の一眼レフは手持ちでは右手でしかシャッターを押すことはできないため撮ることはできませんでした。

     遅くに咲くギボウシの蕾に留まったツマグロヒョウモン。もう暫くすると、アサギマダラが渡りの途中に立ち寄ってくれるくれるはずで、好みの植物を育てて心待ちにしています。
    IMG_7781 20160814

    ツマグロヒョウモン 自宅にて  

     平成28年7月2日撮影。
     夏の暑い時期には庭や畑での昆虫観察をすることが多くなります。アゲハチョウを始め色々なチョウが家庭訪問をしてくれます。時にはクロアゲハも見られますが、動きが速いうえになかなか留まってくれません。しかし、ツマグロヒョウモンとか秋に庭にやって来るアサギマダラはあちらこちらに留まりゆっくり滞在してくれます。

     百日草で吸蜜するツマグロヒョウモン。なんとも綺麗な翅の色合いです。
    IMG_6450 20160702

     なんとも言えない美しさも不思議ですが、翅の模様が左右同じなのも不思議に思います。
    IMG_6470 20160702

     別の百日草に留まったところもパチリ。
    IMG_6471 20160702

     大輪の百日草にも留まりました。いずれもコンパクトマクロで撮っていますが、30㌢以内に近づいても逃げないツマグロヒョウモンが愛おしく思われます。
    IMG_6474 20160702
     

    ツマグロヒョウモン 自宅の庭にて  

     平成28年5月5日撮影。
     最近、庭にツマグロヒョウモンやアゲハチョウがよく来ています。この日は自宅近くの田んぼにケリやアマサギを撮りに行くためカメラを用意していましたので、それで撮ったものです。野鳥もチョウも美しく尽きない魅力があり、見掛けると撮ってしまいます。

     ビオラを植えている花壇にやって来たツマグロヒョウモン。
    CF1A6964 20160505

     庭仕事や畑仕事をしている時に、側にチョウやスズメなどがやって来るのはなかなか良いもので心が和みます。
    CF1A6972 20160505

     アプローチに咲くシバザクラにもアゲハチョウが来ていました。これから秋まで心ときめく出会いが楽しみです。
    CF1A7039 20160505

    ▲Page top