コムクドリ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    コムクドリ 湖岸付近の園地にて  

     平成28年4月18日撮影。
     今季は私の探し方が下手なのか湖岸付近ではオオルリやキビタキの姿を未だ見ていません。結果的には両方とも自宅の直ぐそば(歩いて2分くらい)の山で観察となっています。代わりにコムクドリが例年になく現れてくれています。

     嘴に蕾を食べた証拠を付けているコムクドリ。北への渡りの途中に立ち寄っており、いつもは見られない鳥のためか、地味ですが惹き付けられる魅力があります。
    CF1A3569 20160418

    コムクドリ この前と同じ場所で  

     平成28年4月14日撮影。
     オオルリ探しで湖岸付近の園地を歩いていると蕾を啄んでいる小鳥の集団を発見。コムクドリのようですので確認するとやはりコムクドリでした。前回の撮影が4月11日でしたのでまだ此処に滞在していたのです。今まで同じ場所で複数回確認したのは初めてです。

     渡りの時期でないと見られないコムクドリに出会うと季節の節目を感じます。
    CF1A2830 20160414

     どの蕾を食べようか、品定めをしているようです。
    CF1A2897 20160414

     高所の枝に留まっていますので、撮影していても安心して食べ続けています。そこそこ食べると全員パーツと飛び去ってしまいます。周辺を歩いていると別の木で同じように啄んでいます。適当に移動しながら採餌する習性があるのでしょうか?
    CF1A3142 20160414

    コムクドリ 湖岸付近にて  

     平成28年4月11日撮影。
     昨年は出会うことも出来なかったコムクドリですが、今年はやっと撮ることができました。湖北では旅鳥のコムクドリで、途中に立ち寄ってくれています。小さくてチョコマカと良く動く鳥で地味ですが、金属光沢の羽の色が魅力的です。

     コムクドリは雑食のようですが、此処では垂れ下がった蕾がお気に入りのようで美味しそうに啄んでいました。
    CF1A1884 20160411

     この木は高木ですが、まだ新芽が出だした時期ですので比較的撮りやすいです。
    CF1A1889 20160411

     コムクドリは撮ることが出来るチャンスはごく限られていましたが、この蕾が殊の外お気に入りのようで後日訪問してもよく見掛けます。暫く滞在してくれており同じ場所で何日も撮影できたことは初めてです。記録の意味もあり撮影日ごとに掲載させて頂きます。
    CF1A1891 20160411

    コムクドリ 再会できました  

     平成26年5月7日撮影。
     湖岸近くの公園で、センダイムシクイを観察していると、ムクドリの鳴き声と共に10羽位のコムクドリが飛来してきました。

     今季2度目の出会いです。昨年は一度だけでしたので驚きでした。
    IMG_2942 20140507

     コムクドリは動きが早いので、咄嗟に撮れるか自信がありませんでしたが、何とか撮ることが出来ました。
    IMG_2944 20140507

     柔らかく、優しい感じのコムクドリです。
    IMG_2964 20140507

     渡りの時期に2度の出会いは初めてです。
    IMG_3040 20140507

     同時に2羽を撮ったのも初めてです。前回撮影した場所とは、4㎞位離れています。相当広範囲を飛び回っているのですね。
    IMG_3038 20140507

    コムクドリ 1年ぶりです  

     平成26年5月4日撮影。
     トウネンを撮って車に乗ろうとしたときにムクドリの鳴き声の方を見ると可成り小さい鳥が10羽程飛びました。
     ひょっとするとコムクドリでは?と確認すると、やはりコムクドリでした。昨年は5月5日に此の場所で撮っていますので、丁度1年ぶりです。今季初撮影となりました。同じ場所に飛来するとのことですが、まさにピンポイントの正確さです。

     虫を銜えています。ムクドリに比べ小さく、とても可愛らしいです。
    IMG_0779 20140504

     直ぐに食べるでもなく、獲物を見せてくれているようです。
    IMG_0791 20140504

     やっと食べて、隣の枝に移りました。
    IMG_0805 20140504

     後ろ姿です。コサメビタキに似ており、足の格好が可愛らしいですね。本州中部以北に向かう途中に立ち寄ってくれたようです。こんなに小さい鳥が、正確に同じ時期に、それも同じ木に飛来するとは人間の常識を遙かに超えています。
    IMG_0816 20140504

    ▲Page top