スズメ - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    我が家のスズメたち 自宅にて  

     令和6年(2024年)1月29日撮影。
     この度の大雪は滋賀県の北部で顕著で、電車は止まり道路は一部区間で通行止めと出歩き出来ない日がありました。約50㌢の積雪で2日間は除雪に追われましたが、町内の道路は早朝から除雪車で除雪していただきましたので犬の散歩などには支障がありませんでした。ただ、自宅の庭は雪の吹き溜まりのような状態と屋根からの落雪でバードレストランに近付けない状態でした。スズメたちも食事に苦労しているだろうと、何とかバードレストランに餌を届ける日が何日か続きました。

     まだ雪が残っているためか、小鳥用の餌を入れると直ちにやって来たスズメたち。


     定員スズメ10羽ほどですが超満員。盛況です。
    2Z6A4810-20240129.jpg

     いくら慣れているスズメたちといえどもカメラを持って近づくとパーッと飛んでしまうので、窓を少し開けて撮りました。食べることに夢中で、気付いていない様子です。
    2Z6A4816-20240129.jpg

     定員超過のスズメはブロック塀の上で待っています。スキあらば、突入しょうとしているスズメもいます。
    2Z6A4786-20240129.jpg

     多いときには20羽以上がやって来るため、ブロック塀の上にも餌を置いていますが既に食べ尽くしています。
    2Z6A4824-20240129.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ

    かわいいスズメ 自宅にて  

     令和5年(2023年)11月11日撮影。
     ジョウビタキのペアが自宅の庭に来てくれるのですが何とか撮ろうとしていますが、カメラを用意するタイミングが合わず上手く撮れていません。で、飛び去ったジョウビタキの代わりに撮ったスズメです。スズメは良く慣れていますので何時でも撮ることができますが、最近は餌をあげるだけで撮影はしていませんでした。「撮れなかって残念だね」と此方を見ていたスズメを撮ってみました。

     毎朝、バードレストランには10羽位のスズメがやって来ます。その内の1羽です。


     普通スズメは胸のあたりの羽根には模様が入っていませんが、この個体はゴマ入りの模様となっています。気のせいかかわいらしいスズメが更にかわいらしく見えます。
    2Z6A0390-20231111.jpg

     スズメの寿命は2年とのことです。ヒナを連れてくるのに数が増えないので不思議に思っていました。短い命ですので、せいぜい可愛がってあげたいと思っています。
    2Z6A0392-20231111.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ

    我が家のスズメたち  

     令和5年(2023年)4月25日撮影。
     最初に懐いていたスズメは2羽でしたが、今や約10羽のスズメが毎朝食事にやって来ています。犬の散歩から帰ってくるのを隣のフェンスに留まって待っていてくれています。バードレストランに小鳥の餌を入れると間髪を入れずに食事が始まります。その様子を撮ってみました。掲載日現在ではツバメが同じ屋根の下で暮らしていますので、毎日がとても賑やかです。

     餌を届ける前の様子。


     羽繕いをしながら待っているスズメもいます。
    EJ3Q5456_1-20230425.jpg

     バードレストランに餌を入れ、少し塀の上にも撒いておきます。そばにいるにも拘らず直ぐにやって来ます。
    EJ3Q5459_1-20230425.jpg

     実際は約10羽のスズメが塀に留まっていますが、植木の隙間から撮っていますので数羽しか撮れません。
    EJ3Q5464_1-20230425.jpg

     自然体で食べている様子は可愛らしく見ていても飽きません。
    EJ3Q5470_1-20230425.jpg

     餌の奪い合いをすることもなく平和そのものの食事光景です。
    EJ3Q5473_1-20230425.jpg

     スズメはとても利口で毎日決まった時間に集まってきています。ですから雨の日も餌を届けています。
    EJ3Q5478_1-20230425.jpg

     このバードレストラン、定員限界の10羽も入れば団子状態となります。
    EJ3Q5498_1-20230425.jpg

    スズメ2羽、大親友です  

     令和5年(2023年)3月30日撮影。
     スズメは用心深くなかなか人には懐かないのに何故か私のそばに2羽のスズメ(恐らくペアだと思います)が付かず離れずでいるのに気付きました。庭の草取りをしていると3㍍くらいの所でチョンチョンしています。何処かへ行ったかなと思っていると屋根から飽きもせず見下ろしています。下から呼んでも逃げずに羽繕いをしたりしています。試しにバードレストランに小鳥の餌を入れると、待ってましたとばかりに降りてきて啄んでいます。以前、2羽のスズメが懐いている旨を載せましたが、どうも追いかけてきているように思えてなりません。スズメは頭が良く、人を憶えるようで移動距離は40㌔㍍はゆうに飛ぶようです。

     2羽のスズメ。何時もそばにいて屋根からも眺めています。


     ほかのスズメは見るだけてパーッと飛んでしまうのに落ち着き払っています。
    EJ3Q3958_1-20230330.jpg

     2羽はとても仲良しで見ていて微笑ましく思えます。
    EJ3Q3985_1-20230330.jpg

     バードレストランに小鳥の餌を入れるとすかさず飛んできて食べ始めます。撮影していても怖がる様子は全くありません。
    EJ3Q4000_1-20230330.jpg

     ブロック塀の上に撒いた餌も好きです。
    EJ3Q4023_1-20230330.jpg

     塀のそばで草取りしていても平気で食べています。以前はバードレストランの餌を食べてくれるのに1年位かかりましたが、ここでは餌を入れると直ぐに来て食べています。時には催促することもあります。
    EJ3Q4019_1-20230330.jpg

    積雪時のスズメたち 自宅にて  

     令和4年(2022年)2月23日撮影。
     2月も下旬ともなれば春の気配を実感として感じる頃ですが、現実は更に厳寒に向かっているようです。湖北も一面が真っ白で野鳥たちも餌探しが大変です。人間も畑が数十㌢の雪に覆われ野菜の収穫はほぼ不可能となってます。自宅のスズメたちは大雪でも採餌に不自由することなく過ごしています。朝の除雪をしていると約30羽の「朝ごはん」の催促に集まってきます。画像処理には久しぶりにLightroomを使ってみました。

     バードレストランは満員御礼状態。


     30羽が入れ代わり立ち代わりでスズメ団子のようです。
    20220223-EJ3Q9338_1.jpg

     溢れた餌も残さずに食べてくれます。
    20220223-EJ3Q9340_1.jpg

     仲良しスズメの2羽。この2羽が私に一番なついており、そばで作業などしていても逃げずにいます。
    20220223-EJ3Q9343_1.jpg

     更に逃げないのがこのスズメ。毎夜、玄関灯に泊まりに来ている個体と思われます。
    20220223-EJ3Q9355_1.jpg

    ▲Page top