スズメ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    スズメの幼鳥たち 自宅にて  

     令和2年(2020年)6月29日撮影。
     コウノトリばかり続いていますので、今日は今朝撮った庭のスズメたちのご紹介です。バードレストランの開店を待ちわびるスズメたちが午前4時を過ぎたころからレストラン傍の梅の木に集まって騒ぎ出します。丁度その横の二階の寝室で寝ていますが、もっと寝ていたいのに目覚まし代わりに大合唱が始まります。私の朝は早く、午前五時過ぎには犬2頭との散歩。帰宅するとメダカの世話。そのメダカの餌をモリアオガエルのオタマジャクシにも与えます。そして、スズメたちのためバードレストランに小鳥の餌を持って行きます。待ち続けるスズメの幼鳥とレストランの幼鳥を撮ってみました。

     梅の木には既に20羽くらいのスズメが集まっています。最近は幼鳥もやって来ています。
    AB0D8840 20200629

     親子のようです。家族が増えたようで、毎日のバードレストランの開店が楽しみとなっています。
    AB0D8847 20200629

     こちらは成鳥。毎日見ていると何とも思いませんが、良く見るとスズメは可愛らしく綺麗です。
    AB0D8877 20200629

     早くごはん頂戴、と言っています。そばを通っても逃げることはなくとても懐いてくれています。
    AB0D8881 20200629

     食べ物を届けると真っ先に幼鳥たちがやって来ます。親鳥たちは、先ず幼鳥に食べさせているようです。幸せな幼鳥たちです。365日お休みなしの開店です。一通り外回りの世話が済むと、鈴虫の世話となります。なお、クロームとATOK、IMEとの相性が悪いのか、歳のせいなのかカナ漢字変換の効率がすこぶる悪く、誤字などが目立つようになっています。読みにくい、読めないときがありますがご了承ください。

    AB0D8909 20200629

    我が家のスズメたち 自宅にて  

     2020年(令和2年)5月4日撮影。
     私の朝は忙しいです。犬の散歩から帰ると、先ずスズメたちのためレストランに食料を搬入しなければなりません。そしてその後はセキセイインコの「はるちゃん」に餌を入れて水を替えて、時間があればブログの更新、食事をしてコウノトリ観察がほぼ決まった日課です。

     朝、レストランに食料を搬入し終わるやいなやこの有様です。
    AB0D6866 20200504

     行儀が良いように見えますが、実際は我先にといった感じです。
    AB0D6868 20200504

     とにかく一心不乱に食べてくれています。
    AB0D6875 20200504

     そばで写真を撮っていても関係無しです。
    AB0D6880 20200504

     ここまで懐いてくれると可愛らしく、家族同然です。
    AB0D6893 20200504

     夜は1羽だけ1年ほど前から玄関灯にお泊まりにやって来ます。電気を付けても、玄関を出入りしても平気なスズメです。私は人間には好かれませんが、犬(よその犬も含め)、野鳥には不思議に好かれるようです。
    CF1A7425 20200504

    スズメは夜明けが早いです 自宅にて  

     2020年(令和2年)4月27日撮影。
     この日の撮影スタートはバードレストランのスズメたちです。最近は夜明けが早く、午前5時前には20~30羽のスズメが梅の木で騒がしくしています。2階の私の部屋の外にバードレストランと梅の木があります。私を起こすかのように、「ご飯ちょうだい」の大合唱が夜明けと共に起こります。

     午前7時頃に餌を入れてあげます。途端に降りてきて食べ出します。
    CF1A5511_1 20200427

     入れ替わり立ち替わりで食事が始まります。
    CF1A5521_1 20200427

     完全におぼえていますので、傍を通っても平気なのがいます。
    CF1A5526_1 20200427

     行儀良く食べているようですが、実際は早食い競争のようです。
    CF1A5539_1 20200427

     30分ほどで完食となり、あと田んぼなどに行っているようです。この内1羽が殆ど毎夜のように玄関の照明ので夜を過ごしています。
    CF1A5541_1 20200427

     6羽くらい入っているときもあり、小さなレストランは大繁盛です。ここまで懐いてくれると家族同然で、毎日せっせと午前7時頃に餌を入れるのが日課となっています。スズメがいるのでメジロやキレンジャクがやって来るのかも知れません。
    CF1A5561_1 20200421_1

    バードレストラン、盛況です 自宅の庭にて  

     2020年(令和2年)1月20日撮影。
     バードレストラン設置当初はここまで気に入ってくれるとは思ってもいませんでした。最初は鳥は鳥でも閑古鳥。全く見向きもしませんでしたが、ここ最近は定員オーバーもお構いなしの大盛況となっています。毎朝、犬2頭の散歩が終わるとレストランにご馳走を届けるのが日課となっています。散歩に出るときは20~30羽ものスズメが集まってきて催促の大合唱となります。

     この2羽が私に最も懐いているスズメです。ご馳走を盛り付けしているときに食べ始めるほどになっています。


     既に4羽がご入店です。
    CF1A3258_1 20200120

     店内が狭いものですから、弾き出されたりで騒然とするときもあります。
    CF1A3274_1 20200120
     
     5羽が餌を飛ばしながら仲良く食べています。
    CF1A3280_1 20200120

     定員3羽ですが無理したら5羽が限度のようです。これはまだ少なめの時に撮っていますが実際は7~8羽がひしめくように食べています。
    CF1A3283_1 20200120

     この状態で傍を通っても飛ばずに食べ続けています。スズメも世話をしてくれる人は知っているようで、今ではとても可愛い家族となっています。
    CF1A3315_1 20200120

     順番待ちのスズメ。レストラン横の梅の木が集合場所でもあり、待機場所でもあります。
    CF1A3318_1 20200120

     細い枝に留まって順番待ちのスズメ。
    CF1A3365_1 20200120

    羽根を伸ばして寛ぐスズメ 自宅にて  

     2019年(令和元年)11月23日撮影。
     庭のスズメたち10数羽はバードレストランで食事の後は近所の田んぼに遊びに行き、他の仲間たちと交流を深めているようです。食前は早朝から庭の梅の木から一斉の催促の鳴き声が聞こえてきます。食後はまた梅の木で暫し寛ぎ田んぼなどに遊びに行ってしまいます。食後の寛いでいる様子を撮ってみました。

     文字通り羽根を伸ばして寛ぐスズメ。殆どのスズメは近付いても逃げませんが、特にこの2羽は良く懐いてくれています。
    IMG_6740 20191123

     2羽揃って私の方を見ています。バードレストランに小鳥の餌を入れると直ちにやって来るのがこの2羽です。
    IMG_6745 20191123

     この内の1羽は玄関灯に寝泊まりにやって来ていると思われ、特に懐いています。夜に家の中に入り込み、捕まえると思いっきり噛まれたスズメだと思います。しかし、本人は助けてもらったと思っているのかも知れませんね。
    IMG_6748 20191123

     ついでにこの時期の庭のようすをも撮ってみました。ツルバラの「新雪」。春と秋によく咲きます。
    IMG_6717 20191123

     ブルーベリーの紅葉。とても鮮やかです。
    IMG_6720 20191123

     南天の実がこの年はたくさん赤くなっています。
    IMG_6723 20191123

     庭のモミジはもともと赤い葉で秋には黄色く色付きます。鉢植えの小さな苗木を義母からもらったのを大切に育てているものです。
    IMG_6726 20191123

    ▲Page top