スズメ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    バードレストラン、盛況です 自宅の庭にて  

     2020年(令和2年)1月20日撮影。
     バードレストラン設置当初はここまで気に入ってくれるとは思ってもいませんでした。最初は鳥は鳥でも閑古鳥。全く見向きもしませんでしたが、ここ最近は定員オーバーもお構いなしの大盛況となっています。毎朝、犬2頭の散歩が終わるとレストランにご馳走を届けるのが日課となっています。散歩に出るときは20~30羽ものスズメが集まってきて催促の大合唱となります。

     この2羽が私に最も懐いているスズメです。ご馳走を盛り付けしているときに食べ始めるほどになっています。


     既に4羽がご入店です。
    CF1A3258_1 20200120

     店内が狭いものですから、弾き出されたりで騒然とするときもあります。
    CF1A3274_1 20200120
     
     5羽が餌を飛ばしながら仲良く食べています。
    CF1A3280_1 20200120

     定員3羽ですが無理したら5羽が限度のようです。これはまだ少なめの時に撮っていますが実際は7~8羽がひしめくように食べています。
    CF1A3283_1 20200120

     この状態で傍を通っても飛ばずに食べ続けています。スズメも世話をしてくれる人は知っているようで、今ではとても可愛い家族となっています。
    CF1A3315_1 20200120

     順番待ちのスズメ。レストラン横の梅の木が集合場所でもあり、待機場所でもあります。
    CF1A3318_1 20200120

     細い枝に留まって順番待ちのスズメ。
    CF1A3365_1 20200120

    羽根を伸ばして寛ぐスズメ 自宅にて  

     2019年(令和元年)11月23日撮影。
     庭のスズメたち10数羽はバードレストランで食事の後は近所の田んぼに遊びに行き、他の仲間たちと交流を深めているようです。食前は早朝から庭の梅の木から一斉の催促の鳴き声が聞こえてきます。食後はまた梅の木で暫し寛ぎ田んぼなどに遊びに行ってしまいます。食後の寛いでいる様子を撮ってみました。

     文字通り羽根を伸ばして寛ぐスズメ。殆どのスズメは近付いても逃げませんが、特にこの2羽は良く懐いてくれています。
    IMG_6740 20191123

     2羽揃って私の方を見ています。バードレストランに小鳥の餌を入れると直ちにやって来るのがこの2羽です。
    IMG_6745 20191123

     この内の1羽は玄関灯に寝泊まりにやって来ていると思われ、特に懐いています。夜に家の中に入り込み、捕まえると思いっきり噛まれたスズメだと思います。しかし、本人は助けてもらったと思っているのかも知れませんね。
    IMG_6748 20191123

     ついでにこの時期の庭のようすをも撮ってみました。ツルバラの「新雪」。春と秋によく咲きます。
    IMG_6717 20191123

     ブルーベリーの紅葉。とても鮮やかです。
    IMG_6720 20191123

     南天の実がこの年はたくさん赤くなっています。
    IMG_6723 20191123

     庭のモミジはもともと赤い葉で秋には黄色く色付きます。鉢植えの小さな苗木を義母からもらったのを大切に育てているものです。
    IMG_6726 20191123

    庭のスズメ 自宅にて  

     令和元年11月10日撮影。
     庭のスズメたちは何時も予備のカメラに標準ズームを付けたもので撮影しています。この日は野鳥観察から帰ったときに野鳥撮影用のレンズで撮ってみました。スズメは標準レンズで簡単に取れるので敢えて重くて面倒な野鳥撮影用のレンズでは撮りませんでしたが、やはりシャープな感じに撮れているように思えます。以前、ピントの若干のズレを修正していますがキチンと修正されているようです。

     梅の枝に留まるスズメ。ここからバードレストランへと往復しています。
    CF1A5253 20191110

     食べては此処で寛ぐのがスズメたちの日課となっています。
    CF1A5224 201911010

     別の所でも寛ぐスズメ。近付いても逃げないスズメたちです。
    CF1A5255 20191110

     枝で寛ぐのを始め、朝はここから「こはんちょうだい!」と頻りに呼んでくれます。また、レストランの順番待ちにも行基良く留まっています。
    CF1A5266 20191110

     バードレストランでご機嫌麗しいスズメ。
    CF1A5247 20191110

     中には伏せて食べているスズメも。
    CF1A5275 20191110

     クチバシには食べた証拠が付いています。最近は十数羽が入れ替わりで食べています。
    CF1A5290 20191110

     食べたら傍の梅の木で休憩です。
    CF1A5349 20191110

    バードレストラン、毎日大繁盛 自宅にて  

     令和元年10月31日撮影。
     庭にバードレストランを設置して1年間は鳥は鳥でも閑古鳥でしたが、ここに来て毎日スズメが来店してくれるようになりました。掲載日現在では、横の梅の木には10羽以上が順番待ちをしているような状況になっています。子どもの頃からスズメは身近な鳥で可愛らしく出来たら飼ってみたいと思った時期もありました。今や、可愛らしい家族が増えたようです。

     この当時は玄関などから気付かれないように撮っていましたが、ここ最近はそばを通っても食べ続けています。
    IMG_6064 20191031

     このレストラン、スズメには申し訳ないですが定員は精々3羽程度。それ以上入ろうとすると追い出しています。
    IMG_6061 20191031

     庭では雨が降らない限り犬が遊んでいますが、スズメたちは犬に対しても警戒心は薄れています。
    IMG_6057 20191031

     スズメは順番待ちや休憩はレストラン直ぐそばの梅の木です。夜が明け、小鳥の餌を催促するのもここからです。
    IMG_6025 20191031

     庭のオキザリスをついでに撮ってみました。少しアンダー気味に撮るとピンクが奇麗にでました。
    IMG_6015 20191031

     不老長寿の果実とされるムベの実。今年も数多くなりました。まだ、食べ頃ではありません。
    IMG_6018 20191031

    バードレストランにお客さんが! 自宅にて  

     令和元年10月30日撮影。
     今日はとても嬉しい日でした。昨年11月の初めに開店したバードレストランにお客様がいらっしゃいました。大繁盛を夢見て新築したのですが、来てくれる鳥は閑古鳥のみ。庭はスズメの遊び場で、玄関前の照明灯はスズメのお宿になっていますが、覗いてもくれませんでした。豪華メニューを用意してお待ち申し上げていましたが、肩を落とす毎日が続いていました。ところが、今朝犬の散歩から帰ってみるとお客さんが2羽ご来店されていたのです。恐らく初めての大切なお客様です。

     玄関からソ~ッとレンズを向けてみました。スズメが1羽来ています。
    IMG_5994 20191030

     口をモグモグしているようです。
    IMG_5999 20191030

     レストランで食事開始です。
    IMG_6004 20191030

     用意させてもらっているご馳走はこれです。飼っているセキセイインコと仲間しています。下のクルミは、コウノトリ観察時にニホンリスと何回も出会っていますので、冬場のご馳走として置いてくるつもりです。
    IMG_6009 20191030

     バードレストランは水飲み場(メダカが入っています)も用意してます。
    IMG_5932 20191030

     この良く分からない画像は、過日(10月16日)の夜に来宅されたお客様で、玄関ホールの吹き抜け用の照明器具に留まっているスズメ。玄関灯にお泊まりのスズメが入ってきたもので、これをどうして捕まえるか知恵比べが始まりました。タモは届かないので照明を消して、二階のトイレのドアを開けて照明を点けると飛び込んで来ました。しめしめでタモで捕まえて逃げないように手で掴むと噛まれましたが、その痛いこと。無事外に逃がしてやりました。それでも懲りずに泊まりに来ています。
    IMG_5796 20191016

    ▲Page top