スズメ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    自宅前のスズメたち  

     平成29年1月13日撮影。
     野鳥観察から帰宅すると自宅の進入路前の電線がざわついていました。スズメたちが井戸端会議ならぬ電線会議の真っ最中。かなりの音量で、自然に電線を見上げてしまいます。

     何時も自宅の屋根や庭の芝生などで遊んでいるスズメたちです。家族同然のスズメたちを撮ってみました。
    CF1A2032 20170113

    スズメの子ども 自宅前にて  

     平成28年6月2日撮影。
     庭や畑にはスズメたちがよく遊びにやってきています。最近は特に賑やかで様子を見ていると、まだうら若い子どものスズメが多数混じっています。今年生まれたスズメで、とても可愛らしく庭、屋根、電線、庭木などを元気に飛び回っています。

     自宅前の電線に兄弟と留まっている1羽を撮ってみました。まだ黒斑は目立たず、ニュウナイスズメのようにスッキリした姿です。
    CF1A4752 20160602

     親鳥たちも人に慣れており、この子たちも近くにいても逃げもせず、畑では作業をしていても側をチョロチョロしています。時には、家の中にも入っているときがあり、追い出すのに苦労します。
    CF1A4750 20160602

    雪スズメ 湖岸近くにて  

     平成28年1月25日撮影。
     この日の朝は、氷点下5℃で積雪は自宅では約40㌢でした。早朝から除雪に追われ、取り敢えず生活に支障のない範囲を除雪しました。雪が降り続けていましたが、時折晴れ間も見られましたので雪の中のコハクチョウ、オオワシを撮ろうと湖岸方面に向かいましたが、視界が利かないくらいの吹雪となっていました。

     吹雪のため、撮影を諦め引き返す途中スズメの大群に遭遇。いくら吹雪いても採餌しなければならない自然の厳しさを目の当たりにして車中から撮影。 
    CF1A5107 20160125

     一斉に飛び立ち、近くの電線に留まりすぐに舞い降ります。
    CF1A5111 20160125

     スズメたちも大変ですね。風で吹き飛んでくる種を食べているのでしょうか。僅かな時間でしたがレンズはびしょ濡れとなりました。
    CF1A5116 20160125

    スズメ 自宅そばにて  

     平成27年12月31日撮影。
     自宅の隣地には大きな梅の木があり、スズメたちの休憩場所になっています。多い時には数十羽いるときもあり、かなり賑やかです。毎日見掛けるスズメが最も身近な野鳥で、平成27年の最終日の撮り納めとなりました。

     寒波もなく、雪も降らず温かい年末を迎えた湖北。このスズメはその暖かさの中で気持ちよさそうに昼寝をしていましたが、目を開けたところをパチリ。人慣れしていて、近付いても飛び去ることは余りありません。
    CF1A8115 20151231

    スズメの水浴び  

     平成27年4月22日撮影。
     河口の近くでは、雨水の水溜まりを利用してカワラヒワ、スズメが水浴びをしている姿をよく見掛けます。この日はよく晴れ日中の最高気温は20℃と汗ばむほどでした。綺麗好きのスズメの水浴びの様子です。

     雨水が泥濘に溜まったところで、決して綺麗ではなく水浴びをすると汚れそうなところで、一生懸命の水浴び。サッパリしたようなスズメの表情が可愛いです。ここがお気に入りのようです。 
    CF1A0106 20150422

    ▲Page top