スズメ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    バードレストラン、ヒナも来店 自宅の庭にて  

     令和3年(2021年)5月8日撮影。
     早朝にメダカの餌やりとバードレストランにご馳走を届けるのは私の仕事となっています。スズメたちはご馳走を届けるとすかさず次から次にやって来ます。暫く様子を見ていると親スズメに子スズメがついて来ているのを発見。親から餌を食べさせてもらっている様子がとても可愛らしくてカメラを持ち出して撮ってみました。

     大きく口を開けておねだりしている子スズメ。


     親子をパチリ。
    EJ3Q7736_1-20210508.jpg

     子スズメはクチバシは黄色く、行儀よく食べさせてもらっていました。
    EJ3Q7738_1-20210508.jpg

     庭のスズメや畑のキジの夫婦を見ているだけで今日的な状況下での野鳥観察は十二分です。
    EJ3Q7739_1-20210508.jpg

     スズメとキジに共通していることは、私を見付けると近付いてくることです。スズメが食べ始めるとリビングのセキセイインコが餌の催促を始めます。犬2頭は既に食事と散歩が済んでいるのでおとなしくしています。
    EJ3Q7745_1-20210508.jpg

    我が家のスズメたち 自宅にて  

     令和3年(2021年)4月8日撮影。
     生き物の餌やりと花や野菜の水やり、犬の散歩は私の仕事で毎朝先ずメダカに餌やり、次にスズメたちのためにレストランにご馳走を届けます。めだかに餌やりをしているとスズメも自分たちも貰えると思って集まってきて催促が始まります。最近は大繁盛のスズメレストランの様子を撮ってみました。

     定員オーバーのスズメたちは屋根か隣の梅の木で順番を待っています。実は行儀は良くないのでレストランは食事の奪い合いとなります。


     スキがあれば無理やり入店を試みるすずめたち。
    EJ3Q2590_1.jpg

     この数くらいなら余裕で食事ができますが、凄まじい団子状態となります。
    EJ3Q2577_1.jpg

     私が動くとパーッと散ってしまいますが直ぐに舞い戻ってきます。
    EJ3Q2572_1.jpg


    雪の日のバードレストラン 自宅にて  

     令和3年(2021年)2月18日撮影。
     この日は雪の日で30㌢くらい積もっていました。昨年末からここまで何回も積雪し除雪しないと生活に支障を来たすような朝でした。何年かごとに大雪の年がありますが、珍しい冬鳥が期待できるものの何回も除雪しているとウンザリ感を感じます。毎朝、バードレストランに食事を届けるのが日課となっています。特に積雪した朝はスズメたちも採餌しづらいだろうと普段より多めに届けています。

     何時もは20羽~30羽程度が食事に訪れるレストラン。除雪作業をしているためか、私に馴れているスズメがまず最初に入店となります。


     この餌場は当初1年間ほどは鳥は鳥でも「閑古鳥」状態。その後はスズメたちで大賑わいで繁盛しています。
    EJ3Q4264_1-20210218.jpg

     撮影していても平気で食べています。
    EJ3Q4288_1-20210218.jpg

     前日にピントを再調整した結果が表れているようです。
    EJ3Q4303_1-20210318.jpg

     まだ雪が降り続いている庭はこんな状態でした。積雪状態がわかり易いのでイスとテーブルを撮ってみました。春の淡雪と心に言い聞かせながらの除雪作業でした。
    EJ3Q4245_1-20210218.jpg

    除雪を見守るスズメたち 自宅にて  

     令和3年(2021年)1月2日撮影。
     年末年始は人が集まる場所には行かずにひたすら「Stay Home」でした。と云うのも除雪をして取り敢えず生活できるようにしなければならないので、除雪に明け暮れていたというのが実態です。その除雪を始める前にバードレストランに新年のご馳走を届けたのですが、除雪が終わるまで梅の木などで賢く待っているスズメたちを撮ってみました。

     バードレストランの直ぐ横の梅の木が何時もの待機場所でもあり、餌の催促場所でもあります。チョコンと腰をおろして待つスズメ。梅は蕾が少し膨らんでいます。名古屋から訪問された方のブログでは開花した花が載っていました。
    EJ3Q7259_1 20210102

     ここでも賢く待っています。メジロも偶に来てくれますが、たいていスズメが占拠しており「梅にスズメ」状態です。スズメは約30羽が来ますが、レギュラーメンバーは10羽で、その内の1羽がほぼ毎日玄関灯で泊まっています。
    EJ3Q7265_1 20210102

     このスズメもジィ~ッと待ってくれています。
    EJ3Q7268_1 20210102

     「早く終わらんかな~」と私を見ているものも。  
    EJ3Q7271_1 20210102

     待ちきれないスズメもいました。誰もいないから食べ放題。独り占めを楽しんでいるようです。
    EJ3Q7277_1 20210102

     雪のない柿の木でスタンバイするスズメたち。除雪作業が終わるやいなや一斉にバードレストランに集まってきます。
    EJ3Q7288_1 20210102

    バードレストラン、大雪でも盛況です 自宅の庭にて  

     令和2年(2020年)12月16日撮影。
     年末寒波で大雪の湖北です。湖岸沿いは余り積もっていませんが、山手方面は30~40㌢積もっており雪は降り続いていました。除雪作業をしているとスズメたちが餌を催促しているので、レストラン傍まで除雪した後ご馳走をレストランに入れると早速やって来ました。

     先ず最初の1羽。慣れていますので近くから撮っていても食事には支障がないスズメたちです。
    EJ3Q2405_1 20201216

     最初の1羽が来るとたちまち賑わいます。みんなで楽しい食事タイムです。
    EJ3Q2412_1 20201216

     積雪するとスズメたちは採餌に困りますが、此処はオアシスのようなところになっています。
    EJ3Q2446_1 20201216

     大繁盛で、順番待ちのスズメたちもいます。
    EJ3Q2448_1 20201216

     バードレストランは梅の木の直ぐ側にあります。雪が少し落ち着いてからの開店となります。向こうにテーブルの上に30センチくらい積もった雪が見えています。
    CF1A4196 20201216

    ▲Page top