アオゲラ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    アオゲラ よく会いますね  

     平成26年12月3日撮影。
     この日は、オオワシは見られませんでしたが河口付近では何時もどおり色々な美しい野鳥達に出会え、心癒される日となりました。それも、私の好きな鳥ばかり現れてくれました。
     このアオゲラは河口付近で番で見られる個体だと思われますが、この日はメスだけが元気に飛び回っていました。

     アオゲラは、本州以南に生息する日本固有種です。全長約30㌢もあり、とても美しいキツツキです。見れば見るほどアオゲラの美しさにひかれ、大好きな鳥の一つになっています。
    IMG_6957 20141203

     昆虫類などを探しているようです。アオゲラはよくこの様な表情をします。動物食主体ですが、木の実も食べます。アリ類を好んで食べるそうで、体の大きさに比べ可愛らしい食生活を送っているようです。
    IMG_6961 20141203

     とても立派な爪を持っています。暗赤色の綺麗な目も魅力的です。
    IMG_6972 20141203

    アオゲラ  

    IMG_4529 20141121
     平成26年11月21日撮影。
     何時もの河口近くです。今年はアオゲラをよく見かけます。姿をバッチリ撮らせてくれるのは稀ですが、この程度の証拠写真であれば、随分撮っています。姿は確認できないが、鳴き声が聞こえるも多くあります。

     なんとか撮れるところに留まってくれました。このような朽ちた樹が好きなようです。
    IMG_4505 20141121

     すぐに別の樹に飛びました。この日は動きがかなり速いです。
    IMG_4510 20141121

     オスのアオゲラですが、最近メスの姿を見かけないようです。
    IMG_4529 20141121

    アオゲラ よく出会いますね  

     平成26年11月17日撮影。
     昨年までは何だったんだろう、と思うくらいアオゲラとよく出会います。それも撮影範囲は自宅近くから湖岸付近までと広範囲に及んでいます。年中このような状況を願っている私です。

     この日は久しぶりのアカゲラが側にいましたので、ご挨拶程度の撮影となってしまいました。 
    IMG_0349 20141117

     痒いところを掻いている様子です。
    IMG_0353 20141117

     何時もは、撮りやすいところまで追いますが、この日はこの辺までとしました。
    IMG_0355 20141117

    アオゲラ 「憶えられてるよ」と言われました  

     平成26年11月11日撮影。
     河口から少し上でミコアイサを撮りましたので、河口には他のカモ類もいる可能性がありますので、河口から河口付近を観察してみました。この日は特に見られませんでしたが、ホオジロガモなどが良く見られるところです。岸から戻る途中で、いつものアオゲラが飛んできて、見えやすい場所に留まってくれました。
     知人の方も、アオゲラの鳴き声を聞きつけて来られましたが、撮れなかったとのこと。何時も来られていますが、どうしても撮れないとのお話。私の撮影画像を見て、「あなたは憶えられてるよ。」と、残念至極のようでした。
     
     留まってすぐの様子。辺りを確認しているようです。
    IMG_8251 20141111

     アオゲラは、結構体も大きく更に「キョッ!キョッ!」と大きな鳴き声とともに留まることが多いので、すぐに分かります。
    IMG_8255 20141111

     上の方に何か見つけたようです。暫くここでキョロキョロしていましたが、上の方に移動しだしました。
    IMG_8261 20141111

     少し登って、こちらを見ているようです。アオゲラの目の色は、ワインレッドのように綺麗でした。
    IMG_8294 20141111

    アオゲラ 不思議なくらい撮らせてくれました  

     平成26年11月8日撮影。
     この日は、次の日が雨の予報でしたので、何かと忙しい日でしたが湖岸付近まで野鳥観察に出向きました。河口付近では相変わらず野鳥が少なく期待はずれの感がありました。しかし、アオゲラの鳴き声が聞こえていましたので、余り期待はせずに琵琶湖よりのところに進んでみました。
     すると、アオゲラの全身が視野に入り、可成りの時間飛ぶこともなく、姿を隠すこともなく美しい姿を余すことなく撮らせてくれたのです。

     撮りやすい位置で、全身を撮らせてくれることは考えられず、それをどのように撮るべきか常々考えていました。 
    IMG_5903 20141108

     このアオゲラは、いつもお馴染みのオスです。「また、来たの」と言ったような顔をしてこちらを見ています。
    IMG_5916 20141108

     とにかくよく鳴いていました。後で分かりましたがメスも側にいたのです。ピントを外さないよう集中していましたので、気が付きませんでした。
    IMG_5950 20141108

     そばの別の木に飛んでも、容易に撮ることが出来ました。通常は数コマ撮れれば良しとしなければなりませんが、この日は数十コマは撮れことが出来たのです。
    IMG_5999 20141108

     背伸びして、餌を捕ろうとしています。枝を移動するときは、尾はこのように下に曲げています。
    IMG_6004 20141108

     一息ついている様子です。
    IMG_6007 20141108

     背中はこんな感じです。尾羽の様子も初めて撮りました。
    IMG_6023 20141108

     私には気付いているはずですが、落ち着き払っていました。
    IMG_6028 20141108

     小鳥のような感じで枝に留まってもくれました。
    IMG_6063 20141108

     深い森の中を思わせるようなお立ち台にも留まり、アオゲラ大感謝祭のようでした。頭頂部の赤色は、目が覚めるような美しさでした。
    IMG_6068 20141108

     このアオゲラ君の視線は、何時もこちらが気になっているようでした。私が可成りの時間、100コマほど断続的に連写しているものですから、他の撮影者の方が気になってこられました。途端に、このアオゲラ君は飛んでしまいました。その時メスも飛んだことで、番でいたことに気付きました。
    IMG_6077 20141108

    ▲Page top