エゾビタキ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    エゾビタキ 湖岸付近の公園で  

     平成28年9月30日撮影。
     この秋、エゾビタキを最初に見たのは農業用溜め池に隣接する公園で、いつも湖岸近くで見ている私にとっては希なことでした。それから湖岸方面に出向くと例年になく多くのエゾビタキが見られました。撮るのに苦労することはありませんが、旅鳥のエゾビタキのこと気が付けば全く姿がないということになりますので出来る限り撮っておくようにしています。

     エゾビタキはコサメビタキよりやや大きく気付きやすい鳥です。
    CF1A4546 20160930

     一見コサメビタキか思われるようなスタイル。
    CF1A4746 20160930

     此方を向いてくれると、お腹の縦模様で直ぐにエゾビタキと分かります。
    CF1A4752 20160930

    エゾビタキ 湖岸近くの公園にて  

     平成28年9月22日撮影。
     例年エゾビタキはあまり見かけませんが、今季は10羽位の群れに出会うことがあるほど多く見られます。湖岸付近、湖岸から可成り離れた場所でも見かけます。

     エゾビタキは旅鳥で、この時期には北方から南方へ向かう途中に立ち寄っています。今季は余りにも数の多さに驚いています。


     旅鳥は、年によって種や飛来数が異なるなど、その観察には特に興味があります。
    CF1A3362 20160922

    エゾビタキ 湖岸付近にて  

     平成27年9月20日撮影。
     野鳥観察をしていると秋は感動の季節だと思います。普段見掛けない野鳥が身近に現れたり、冬鳥が次々に到着したり、そして最近の現実として秋にはコウノトリも必ず身近にいます。豊かな自然を実感しながら出会いと別れの時を経て冬を迎える前奏曲のようなイメージがあります。ひとつひとつの出会いに率直な感動を覚えます。

     エゾビタキも現れました。とても活発な動きでした。
    CF1A6910 20150920

     小鳥らしくチャカチャカ機敏に動きます。
    CF1A6925 20150920

     枝の僅かな場所をこまめに動いていました。
    CF1A6935 20150920

     時間にしては僅かのあっさりした出会いでしたが、印象に残る出会いでした。
    CF1A6938 20150920

    エゾビタキ  

     平成26年10月15日撮影。
     このエゾビタキも湖岸の河口付近で撮ったものです。最近河口で工事が始まっており、重機の騒音などの影響でしようか野鳥の姿を殆ど見られないときもあります。ユリカモメなどは、少し上流側の砂州に退避しているようです。

     夕方からの観察では多くの種類を見ることが出来ました。余り出会わないエゾビタキも現れました。
    IMG_2728 20141015

     コサメビタキを撮った後に現れましたが、お腹に明確な縦列斑があるなどコサメビタキとの相違点がありますが、連続的に撮ってみるとエゾビタキの方が心もち大きいように思いました。
    IMG_2739 20141015

    エゾビタキ 立ち寄ってくれました  

     平成26年10月8日撮影。
     この日は湖岸近くで、珍しく多くの野鳥と出会いました。やはり秋の渡りシーズンの関係でしようか。秋は幼鳥、若鳥も多く種別の判定に苦労する季節でもあるようです。最初に登場したのが、エゾビタキです。サメビタキと酷似していますので、異なる根拠を調べていましたので本日の掲載となりました。

     エゾビタキは腹部に明確な縦列斑があり、 嘴の付け根が黄~橙色の大きな特徴があります。一方、サメビタキは腹部は、ぼやけた暗い灰色で 嘴の下面の付け根から半分くらいまでが黄~橙色の特徴があり、識別のポイントとなっています。
     この個体は、識別ポイントの特徴からエゾビタキとしました。
    IMG_6618 20141008

     エゾビタキは、日本では繁殖せずカムチャッカ、サハリンなどの北方で繁殖し南方で越冬するため、旅鳥として日本を通過するだけです。そのため春と秋の渡りの時期しか見ることが出来ません。
    IMG_6627 20141008

     長距離の旅ですが、全く疲れている様子は無いようです。
    IMG_6646 20141008

     食性は動物食が主ですが、木の実を食べているようです。
    IMG_6861 20141008

     ヒタキ科の鳥は虫などが好物と思っていましたが、この様に木の実も食べます。意外な発見でした。
    IMG_6884 20141008

     腹部の縦斑が明瞭で、嘴の下面はほぼ黒色です。
    IMG_6967 20141008

     木の実のあるところから離れようとしませんでした。この実がお目当てのようです。次回からの観察にとても役立ちそうです。
    IMG_7005 20141008

    ▲Page top