コサギ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    姉川のコサギ コアユをゲット  

     平成29年9月17日撮影。
     夜には台風が通過しようとする日、嵐の前の静けさもあってコウノトリ観察と姉川の様子を見てきました。台風通過後は河川の様子は一変し、近付くのも恐ろしい濁流となります。台風前の姉川ではコサギたちが何時もどおりに魚捕りをしていました。

     コアユをゲットしたコサギ。仲間に横取りされないよう安全なところで心ゆくまで味わうつもりかも。
    CF1A2611 20170917

     やな場は魚を捕るための仕掛け。コサギたちはこの場所が大のお気に入りです。
    CF1A2620 20170917

     浅瀬で遡上してくる魚を待ち受けています。
    CF1A2627 20170917

     遡上してくるコアユが少ないのか、今年はサギ類の数も少ないように思われます。
    CF1A2629 20170917

    コサギ 魚を空中キャッチ  

     平成29年9月12日撮影。
     コウノトリ観察からの帰りに姉川に立ち寄ってみました。ヤナ場付近では何時ものようにコサギ、ダイサギ、アオサギが魚を捕るのに夢中になっています。流れの速い中を遡上する魚を一瞬の早業で捕まえる様子は被写体としても魅力的です。コサギの見事な早業を撮ってみました。

     多くのコサギの中から1羽に的を絞ってスタンバイ。コサギの眼前に魚が跳ねて飛び上がったのを見逃しませんでした。
    CF1A1642 20170912

     跳ね上がった魚が落ちてくるタイミングを見計らっています。
    CF1A1643 20170912

     空中キャッチに成功です。感心するほどのお見事な早業でした。魚が跳ねたのに気付き連写したものです。コサギは水中のみならず空中を泳いでいる魚も捕るのが上手です。
    CF1A1644 20140912

    コサギ 姉川にて  

     平成29年9月4日撮影。
     姉川ではダイサギやアオサギに混じってコサギが採餌している様子が見られます。コサギは自宅近くの田んぼでも見られますが、綺麗な浅瀬で他のシラサギと一緒に採餌している姿がよくお似合いです。

     コサギは小さな魚を捕るためか、浅瀬をよく動き回って餌探しをしています。
    CF1A0154 20170904

     小さくコンパクトなコサギは可愛らしく、動きも俊敏です。 
    CF1A0158 20170904

     水中を凝視するコサギ。日々の糧を得るため小魚との真剣勝負です。
    CF1A0165 20170904

    コサギ 野鳥センター付近にて  

     平成28年6月11日撮影。
     6月の野鳥撮影はヒナを撮影する目的で出かけますが、ヒナを見かけてもそうタイミングよく撮れることはありません。撮影が思い通りとはならず、野鳥観察の日々となっています。最近特に目立つのがサギ類で、コサギ、チュウサギ、ダイサギ、ゴイサギ、アオサギと
    サギ類のシーズンとなっています。

     カンムリカイツブリのヒナのところへ向かう途中に出会ったコサギ。オタマジャクシを捕っているようです。
    CF1A5283 20160611

     コサギは小魚、カエルやオタマジャクシも大好物のようです。
    CF1A5284 20160611

     別の田んぼで撮ったコサギですが、食べているものは同じでした。
    CF1A5311 20160611

    コサギ 横取りされそうですよ  

     平成27年10月24日撮影。
     川ではコアユの産卵も終わり、多く集まっていたコサギやダイサギも最近は採餌場所を川から農地などに移しているようです。最近はサギ類の姿がメッキリ少なくなっています。簗場で採餌するコサギの姿を久しぶりに撮ってみました。

     魚を捕り食べやすい場所に移動しょうとしているコサギ。ヤッタ~!と嬉しそうですが・・・。
    CF1A0014 20151024

     背後には、チャッカリ横取りを狙うコサギが追いかけ、必死で逃げています。コサギは妖精のような鳥ですが、横取りや小競り合いをする気の強い鳥でもあります。
    CF1A0036.jpg

    ▲Page top