カンムリカイツブリ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    カンムリカイツブリの求愛ディスプレイ 河口付近にて  

     平成29年4月4日撮影。
     カンムリカイツブリもそろそろ巣作り産卵の時期を迎えて、湖岸付近では数多くその姿が見られるようになってきました。カンムリカイツブリは本来冬鳥ですが、琵琶湖では繁殖もし通年姿が見られます。カンムリカイツブリの求愛は複雑なディスプレイを行います。その様子を撮ってみました。

     お互いが向かい合い、橙赤色の頬の飾り羽をめいっぱい広げ、その美しさをアピールしています。夏羽のカンムリカイツブリはとても綺麗です。
    CF1A0159 20170404

     お互い違う方向を向いています。
    CF1A0164 20170404

     何か囁いているようにも見えます。
    CF1A0166 20170404

     見つめ合って、お互いの気持ちを確認しているようです。
    CF1A0168 20170404

     同じ方向を見たり・・・。
    CF1A0170 20170404

     上を見たり・・・。と私たち人間には理解不能な複雑な求愛ディスプレイを飽きることなく繰り返していました。
    CF1A0173 20170404

     めでたくカップル成立のようです。同じ方向に仲良く並んで泳いでいきました。
    CF1A0203 20170404

    カンムリカイツブリの幼鳥 余呉川河口にて  

     平成28年8月6日撮影。
     カンムリカイツブリのヒナがどうなっているのか気がかりですので、河口や湖岸ではどうしても探してしまいます。この日河口では2羽の幼鳥を見掛けましたが頭部の縞模様が異なりますので別個体でした。今頃は立派に大きくなっているだろうな、と思いつつ撮影した2羽でした。

     ヒナから幼鳥へと変身し、親鳥と大きさは殆ど同じです。
    CF1A9802 20160806

     少し離れたところにも1羽の幼鳥。羽の色も大人らしくなってきています。
    CF1A9806 20160806

     大きくなったと感心していると、親鳥のところに急接近。親鳥は何時まで子どもを可愛がるのでしょうか。
    CF1A9833 20160806

    カンムリカイツブリのヒナ ずいぶん大きくなりました  

     平成28年7月9日撮影。
     1羽だけ助かったカンムリカイツブリのヒナを約2ヶ月間観察してきました。そろそろ親離れの時期が近づいていますので、親鳥と一緒はもしかするとこれが最後かも分かりません。ここまで見届けられ、私自身としてはホッとしています。

     大きさは親鳥とそんなに変わらないほどに大きくなりました。羽も生えてきて初々しくなってきました。歩くことができず、巣から転がり落ちていたのが昨日のことのように思われます。無事に育って、どこかで出会うかも。まだこのマダラ模様が残っていれば、この写真と照合してみたいと思っています。
    CF1A7347 20160709

    カンムリカイツブリのヒナ 食欲旺盛です  

     平成28年6月24日撮影。
     外敵に襲われ1羽だけ難を逃れることができたヒナも立派に育っています。両親の愛情をいっぱい受けながら健やかに育つ様子を撮り続けることができ、ひとまず安心できました。ヒナは大きくなって素潜りも上手になりましたが、まだ自力で魚を捕ることは出来ないようで、両親に囲まれ幸せな食事時を撮ってみました。

     ヒナは親鳥がせっせと巣作りをしている間、ひとりで遊んでいますがお腹が空くと親鳥から魚をもらっていました。
    CF1A6611 20160624

     魚が少し大きいようでなかなか上手く食べられません。口に押し込むように魚を与えていました。
    CF1A6654 20160624

     どうも上手くいかないようです。親鳥は食べられないような大きさの魚をわざと与えるときがあります。
    CF1A6667 20160624

     魚を何としてでも食べたいヒナ。
    CF1A6669 20160624

     何回も何回もチャレンジしていましたが、ヒナには少し大きすぎたようです。既に充分食べていましたので、大きい魚の食べ方の特訓のようにも見えました。ヒナが食べることが出来ない魚は親鳥が食べてしまいます。
    CF1A6712 20160624

     最後はこの様に親鳥が食べます。食べ方をヒナに教えているようです。このヒナも無事に成鳥になり、次に命をつないで欲しいと願っています。
    CF1A6729 20160624

    カンムリカイツブリ スキンシップ  

     平成28年6月24日撮影。
     カンムリカイツブリは穏やかで優しく、とても愛情豊かな鳥だと思っています。この日は、幸い橋の上から間近に親鳥のヒナに対する素敵な愛情シーンを撮ることができました。抱卵の時から観察を続けているためか、レンズを最短撮影距離に設定しているにもかかわらず、カンムリカイツブリは全く警戒の様子もなく、微笑ましい姿を見せてくれました。

     ひとり遊びをしていたヒナがお腹が空いたのか親鳥に急接近。
    CF1A6514 20160624

     親鳥を突いて盛んに意思表示をしているようです。餌の催促のようです。
    CF1A6516 20160624

     親鳥は新しい巣作りに大忙しです。忙しい最中でも、子がお腹を空かしていないかなどキチンと気配りをしています。
    CF1A6422 20160624

    ▲Page top