ニホンザル - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    秋の味覚を楽しむサルの親子 長浜市にて  

     平成30年9月6日撮影。
     コウノトリ観察は現地を一巡していますのでお猿さんとも出会うことがあります。ニホンザルは人の気配を察知すると蜘蛛の子を散らすように山へ逃げ込みますので、寛いでいる様子を撮る機会はそう多くはありません。この日は、コウノトリ、コウノトリと探していると、遠くにニホンザルが何処で失敬したのか柿を食べている親子を確認。気付かれると逃げられますので、600㍉の限界と思われる距離から撮影することが出来ました。

     親ザルに柿をねだるかのように寄り添う子ザル。左は年長の子ザルのようです。
    CF1A5052 20180906

     皆が秋の味覚を堪能しているのに、子ザルにはあたっていないようです。
    CF1A5060 20180906

     まだ青い柿ですが渋くはないのでしょうか?
    CF1A5061 20180906

     自分は先に食べて兄弟の食べている柿を欲しそうにしています。
    CF1A5083 20180906

     コウノトリが続いていましたので、お猿さんで一息。この地域では害獣の最たる厄介者でもあります。
    CF1A5096 20180906

    二番穂を食べるニホンザル 農業用溜池近くにて  

     平成29年2月22日撮影。
     駆け足でまわった時に限っていろいろなものに出会うものです。この日の仕上げはニホンザル。溜池を後にして数十メートルの田んぼにニホンザルの群れを発見。ハザードを点けてエンジンを切り車中から撮影しました。

     手に持っているものは稲の二番穂です。これを目当てに田んぼに出没していました。
    CF1A1820 20170222

     このニホンザル、ある程度まとめて収穫してから口でしごいて食べていました。観察していると、私より知能が発達しているようにも思えました。私なら手当たり次第に食べるのですが?・・・。収穫の喜びを感じているようでした。
    CF1A1828 20170222

    ニホンザル 溜池近くにて  

     平成27年12月17日撮影。
     この日は自宅から比較的近くの農業用溜池にオシドリが来ていないかなど確認のため訪れました。いつもはヤマガラなどが出迎えてくりますが、聞こえてくるのはヒヨドリの鳴き声ばかり。お目当てのオシドリは昨年の残像のみで、実像は確認できませんでした。オシドリだけではなく、昨年同期に比べ野鳥の姿は極端に少ないような気がします。

     野鳥の鳴き声に勝る甲高い鳴き声。「!?」と付近を見渡すと、来年の干支のお猿さんが民家の屋根で一杯機嫌のような顔で叫んでいました。「来年は良い年になりそうだよ」と言っているように思えました。
    CF1A4474 20151217

    ニホンザル 動物園のようです  

     平成26年11月13日撮影。
     早朝、犬2頭との散歩の時に撮りました。自宅のすぐ近くでサルたちが柿を食べたり、好き放題している様子です。多いときには50頭位の群れが畑の野菜などを狙って出没します。

     最近はクマも頻繁に出没していますので、朝一番の散歩は一眼レフを持って出掛けます。犬の様子がおかしいので、柿などをたらふく食べてくつろいでいるところでした。右から2番目のサルは柿を食べています。手前のサルはキウイ食べています。
    IMG_6075 20141113

    早朝で、かつ片手での撮影ですので画像は鮮明ではありませんが、湖北の山沿いの地域の日常の様子です。私は、ニホンザル生息調査の調査員もしている関係で、サルを追い払った後現場を確認すると食べさしの柿がたくさんころがっていました。
    IMG_6083 20141113

    ▲Page top