ニホンザル - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    親子ザルも二番穂に 長浜市にて  

     2020年(令和2年)2月25日撮影。
     オオワシが北帰したのでコウノトリ観察や畑仕事が日課となる日々が到来しています。今季の山本山詣では例年以上の回数となりましたが、自宅からそんなに距離がないこともあって結構楽しかったなと思い出しています。コロナウィルスの関係で人混みは避け、地元中心の観察となっています。近くの農業用溜池の手前の田んぼで親子ザルを複数見掛けましたので撮ってみました。

     子ザルを背負った母親ザル。二番穂を食べに大勢で現れていました。
    CF1A1373 20200225

     実際はもっとたくさんの大集団でした。二番穂はカモなども好みますが、サルたちにとっても貴重な食料です。
    CF1A1494_1 20200225

     子ザルをオンブした母親ザルが複数いました。手前の母ザルは左後ろ足に傷があります。子どもを守って被った傷なのでしょうか。母親つよしですが心配です。
    CF1A1504_1 20200225

     傷を心配して見ていたのですが、「ジロジロ見るなよ」というような顔をしてこちらを見ていました。
    CF1A1509_1 20200225

     二番穂をむしり取っては子ザルに与えていました。母親の背中は天国ですね。
    CF1A1515_1 20200225

    お猿さんの親子 長浜市にて  

     令和元年7月26日撮影。
     コウノトリの観察をしていると他の野鳥などに出会ったり、時にはニホンザルに遭遇することもあります。この日は、次の場所に移動するため駐車場に向かっていると夥しいニホンザルの集団が田んぼに分散していました。それも殆どが子ザルたちでしたので、咄嗟にカメラを親子に向けてみました。農家の方には申し訳ないですが、サルの集団は電柵を器用にくぐり抜け、まだ青い稲を採ってきては道路で親子で賞味していました。

     青い稲を一掴み採ってきてこれから親子で食べようとしています。お兄ちゃんザルが欲しそうに見ています。
    CF1A4105 20190726

     先に貰ったのは弟ザル。
    CF1A4101 20190726

     今度はお兄ちゃんザルの番ですが、まだ欲しそうにしている弟ザル。
    CF1A4109 20190726

     完食したら山へ帰っていきます。
    CF1A4136 20190726

     害獣避けの柵をよじ登るお母さんザル。最近は柵も、電柵も知恵のあるサルたちにはなんとも無いようです。この様な利口な親ザルについて食料の失敬の仕方を学んでいる子ザルは利口なはずです。
    CF1A4153 20190726

    可愛い子ざる 長浜市にて  

     令和元年5月28日撮影。
     この日は雨降りでしたが、目下の撮影目標はコウノトリ2羽が一緒に巣塔に留まっているところを撮ることです。巣作りを始めればチャンスに恵まれる可能性もありますが、今のところその様な様子は具体にありませんので撮影は厳しい状況です。とにかく2羽が留まっているところをと念じつつコウノトリ観察を続けています。コウノトリ観察の途中、可愛い子ざると出会いましたので載せさせて頂きます。

     何とも可愛らしい表情の子ざる。右手に細い草の茎のようなものを持って見つめています。
    CF1A0948 20190528

     「何だろう?」と好奇心旺盛な表情。
    CF1A0946 20190528

     この子ざるの前には黄色い茎のようなものがあり、何かを食べているようです。実は向かい側が道路を挟んで麦畑があります。その麦畑から失敬してきた麦の穂をここまで持ってきて食べています。かなりたくさんの子ざるが電柵をくぐり抜け器用に麦を失敬していました。
    CF1A0981 20190528

    秋の味覚を楽しむサルの親子 長浜市にて  

     平成30年9月6日撮影。
     コウノトリ観察は現地を一巡していますのでお猿さんとも出会うことがあります。ニホンザルは人の気配を察知すると蜘蛛の子を散らすように山へ逃げ込みますので、寛いでいる様子を撮る機会はそう多くはありません。この日は、コウノトリ、コウノトリと探していると、遠くにニホンザルが何処で失敬したのか柿を食べている親子を確認。気付かれると逃げられますので、600㍉の限界と思われる距離から撮影することが出来ました。

     親ザルに柿をねだるかのように寄り添う子ザル。左は年長の子ザルのようです。
    CF1A5052 20180906

     皆が秋の味覚を堪能しているのに、子ザルにはあたっていないようです。
    CF1A5060 20180906

     まだ青い柿ですが渋くはないのでしょうか?
    CF1A5061 20180906

     自分は先に食べて兄弟の食べている柿を欲しそうにしています。
    CF1A5083 20180906

     コウノトリが続いていましたので、お猿さんで一息。この地域では害獣の最たる厄介者でもあります。
    CF1A5096 20180906

    二番穂を食べるニホンザル 農業用溜池近くにて  

     平成29年2月22日撮影。
     駆け足でまわった時に限っていろいろなものに出会うものです。この日の仕上げはニホンザル。溜池を後にして数十メートルの田んぼにニホンザルの群れを発見。ハザードを点けてエンジンを切り車中から撮影しました。

     手に持っているものは稲の二番穂です。これを目当てに田んぼに出没していました。
    CF1A1820 20170222

     このニホンザル、ある程度まとめて収穫してから口でしごいて食べていました。観察していると、私より知能が発達しているようにも思えました。私なら手当たり次第に食べるのですが?・・・。収穫の喜びを感じているようでした。
    CF1A1828 20170222

    ▲Page top