オオワシ - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    山本山のオオワシが北帰 長浜市にて  

     令和6年(2024年)2月29日撮影。
     26年連続飛来して山本山で過ごしていたオオワシが本日北を目指して旅立ちました。北帰間際になると連日大勢の見送りの方々が見守っておられましたが、今日の午前10時30分に山本山の尾根を越え消失しました。本日までの撮影分でブログに未掲載のものがありますが、取り急ぎオオワシ北帰を掲載させていただきました。

     午前10時28分、翼を広げいざ出発です。出発までの間、大勢の見送りの人々を眺めていたようです。


     大きな翼を広げました。この広葉樹からの出発は初めてだと思います。
    2Z6A3957-20240229.jpg

     飛び出しです。今日はいかに軽量機材といえども確実に北帰を撮影すべく、三脚を設置してスタンバイしていました。
    2Z6A3959-20240229.jpg

     このシーンは何回となく撮っていますが、お別れとなると特別な思いがあります。
    2Z6A3966-20240229.jpg

     尾根を越えようと高度を上げ続けていました。
    2Z6A4036-20240229.jpg

     尾根を越えました。北帰確定です。時間は午前10時30分でした。さようなら、は寂しいですが今秋の再会を待ちたいと思っています。
    2Z6A4138-20240229.jpg

     オオワシの北帰撮影でスタンバイしていると、コハクチョウが1波、2波と北を目指して北上して行きました。オオワシもコハクチョウも長旅の安全を願いつつお別れの日となりました。
    2Z6A3627-20240229.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ

    オオワシ、取水塔から山本山へ  

     令和6年(2024年)2月15日撮影。
     この日はコハクチョウを撮影しての帰り道で尾上漁港を通り過ぎて湖岸で望遠レンズ群が取水塔の方向に向いていたので、取水塔にオオワシがいることは直感的に分かりました。直ぐに安全な所に停車して私もオオワシ撮影に加わることにしました。既に魚を食べた後でしたので飛び立ちを待ちました。カラスがちょっかいを出し、オオワシが怒って追い払っていました。その後飛び出して山本山に戻った様子を撮影してみました。

     飛び出し位置に移動するオオワシ。取水塔までは近いようで結構距離があり、1.4倍のエクステンダーを付けての520㍉では遠すぎました。


     山本山の方向を見ているオオワシ。そろそろ飛ぶようです。
    2Z6A9428-20240215.jpg

     執拗に邪魔をするカラス。カラスを威嚇しているオオワシ。
    2Z6A9373-20240215.jpg

     翼を少し広げましたので飛び出しのサインです。
    2Z6A9464-20240215.jpg

     飛び出しました。オオワシは大きいので水面スレスレから上昇していきます。
    2Z6A9481-20240215.jpg

     高度を上げ山本山を目指しています。
    2Z6A9574-20240215.jpg

     山本山に到着したオオワシ。まだ、カラスを睨み付けているようです。
    2Z6A9699-20240215.jpg

    オオワシ、朝から動かず 山本山にて  

     令和5年(2023年)12月25日撮影。
     この日は病院での3ヶ月毎の検査の日でした。その帰りにオオワシでも観て帰ろうと、山本山に向かって走行していると山の低い広葉樹に白いものが見えたので半信半疑近付いてみると知り合いの方が低いところにレンズを向けておられました。聞く所によると、朝に魚を捕ってきて食べた後動いていないとのこと。動いていなくても、シーズン中に滅多に観られない低い所に留まっているので一定数はシャッターを切りましたが同じ画像を撮るだけの状態でした。

     すぐ其処にオオワシが留まっている状態でした。伸びもせず、固まっているようなオオワシです。


     動きといえば、痒そうなところを掻いている様子だけ。
    2Z6A5066-2031225.jpg

     飛ばなくても山本山に君臨するオオワシの精悍な様子が間近に観られただけでも良かったと思っています。大抵は食事後半時間くらいすると飛ぶのですが、飛ばないこともあるのですね。
    2Z6A5135-20231225.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ

    オオワシ、一点を見据えたまま動かず 山本山にて  

     令和5年(2023年)11月27日撮影。
     オオワシを撮ろうとすると日に何回も飛びませんので、飛ぶまで待つ忍耐が必要です。日によっては8時間も飛ばないこともあり、過去には暗くなるまで意地で根比べしたことがありますが、負けることが決まっている勝負はしたくありませんので、今は適当に覗いているだけです。年末までは何かと忙しいので、年明けから平日の天気の良い日にゆっくりオオワシのお付き合いをしてみたいと思っています。

     オオワシは一点を見据えたままです。キョロキョロでもしていれば脈がありますが、ほぼ固まっていました。


     ノートリの画像。オオワシが飛ばないのは如何ともし難いですが、紅葉に佇むオオワシは良いものです。湖北で観られる貴重な1羽です。
    2Z6A6775-20231127.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ

    オオワシ、カラスに追われる 紅葉の山本山にて  

     令和5年(2023年)11月22日撮影。
     今日は朝から靄がかかっていましたが、穏やかな天気でその内晴れるであろうと山本山の麓を目指しました。靄がかかって何時ものような分かりにくい所だったら探すのに一苦労するのを覚悟していましたが、今年一番わかり易い所に留まっていましたので直ぐに発見。今季初めての飛翔姿を暫しスタンバイすることに。

     カラスに追われセンター沖まで飛んで間もなく引き返してきて留まっているところです。


     一番近い距離から撮ってみましたが枝被りでした。
    2Z6A5378-20231122.jpg

     カラスに追われるようにして飛び出したオオワシ。
    2Z6A5098-20231122.jpg

     執拗なカラス、10羽以上のカラスがオオワシを追っていたようです。オオワシにとってカラスは迷惑な小悪魔的存在です。逆光位置でしたが久しぶりの飛翔姿でした。
    2Z6A5114-20231122.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ

    ▲Page top