タヒバリ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    タヒバリ びわ認定こども園付近にて  

     平成29年2月15日撮影。
     この日の撮影分の掲載漏れに気づき、本日のUPとなりました。田んぼが雪に覆われると普段は目立たない野鳥も撮りやすくなる場合があります。僅かに雪解けしているところは野鳥にとってはオアシスのようで色々な野鳥が集まってきます。この日はタヒバリを2羽雪の田んぼで撮ることが出来ました。

     タヒバリは数少ない鳥で、小さくこの様な羽の色ですから普段は探すのが大変です。 
    CF1A8548 20170215

     餌を探しているタヒバリ。ビンズイに良く似ていますが、ビンズイは開けた場所には先ず現れません。
    CF1A8572 20170215

     正面からの胸の模様。
    CF1A8593 20170215

     2羽で行動していましたが、1羽はもはや夏羽のようです。
    CF1A8649 20170215

     このタヒバリは田んぼと一体化しており、目立たず少し目を離すと何処にいるのか分からないようになりました。
    CF1A8652 20170215

     雪の上のタヒバリ。かねてから撮りたかった場面です。
    CF1A8660 20170215

    タヒバリ 初見初撮影です  

     平成27年2月12日撮影。
     この日は雪の止み間の良い天気。春霞がかかったようで視界は良くありませんでしたが、春の兆しを少しばかり感じることができました。所用のため野鳥観察の時間は限られたもので、また現地は積雪のため思うように動けない状態で、思いだけが空回りするような日でした。しかし、翌日がまた大雪の予報でもあり短時間で駆け回ってきました。

     自宅そばの田圃でタシギを撮っていると、ビンズイによく似た鳥を発見。双眼鏡でよく観察すると冬鳥のタヒバリでした。
    CF1A2877 20150212

     2年越しで探していたタヒバリで、自宅近くで出会えるとはビックリです。
    CF1A2906 20150212

     ビンズイとよく似ていて、よく間違える鳥とのことです。ビンズイはこの様な開けた場所には、先ず現れませんし、ビンズイの特徴は目の後ろに白斑があり、その下に黒斑があることです。タヒバリはそれがありません。
    CF1A2910 20150212

     雪から現れた草の種を食べているようです。
    CF1A2914 20150212

     こちら向きもパチリ。ビンズイにソックリですね。田圃が広く距離がありましたが、600㍉のお陰でなんとか撮ることができました。
    CF1A2920 20150212

    ▲Page top