アメリカコハクチョウ - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

     令和4年(2022年)2月4日撮影。
     その1からの続きです。湖北に住んでいてもこの田んぼでのコハクチョウ観察は初めてでした。長年観察していて、コハクチョウがいる田んぼはほぼ決まっているので私の頭の中は先入観の塊となっており、範囲を拡大して探してみることは思いつつも、頭が言うことを聞いてくれません。此処は想定外の田んぼでしたので、もう少し柔軟な考え方をすべきだったと思っています。稀な冬鳥であるアメリカコハクチョウの続きです。

     もう一つのアメリカコハクチョウの成鳥。先程から撮影を続けているので、こちらを見てくれています。


     もう一方の親子。親子の優しさが伝わってきます。
    EJ3Q3223_1-20220204.jpg

     我が子に噛み付くのも愛情表現?スキンシップ?
    EJ3Q3231_1-20220204.jpg

     田んぼに溜まっていた水を飲んでいます。
    EJ3Q3236_1-20220204.jpg

     コンクリート畦を越えようとしているアメリカコハクチョウ。
    EJ3Q3262_1-20220204.jpg

     C12は二番穂が多いためか見付けることは出来ませんでした。探していると次々にコハクチョウがやって来ていました。小雨が降っていますが、土日は連続して止み間のない降雪が続き一面の銀世界となっています。自宅の積雪は約70㌢、雪はもうウンザリです。
    EJ3Q3299_1-20220204.jpg
     令和4年(2022年)2月4日撮影。
     土曜日から大雪の予報でしたので、この日オイル交換とガソリン入れのついでにグルっとコハクチョウエリアを回って見ました。しかし、いつもの田んぼにはオオハクチョウはいるものの数少なく辺りの田んぼには見当たりませんでした。野鳥センター前を観察していたとき、知人の方とお会いしコハクチョウは場所を移しているとのことで、場所も具体に教えて頂きました。その場所は今までに観察したことがない場所でしたが数百のコハクチョウを見た時は驚きでした。C12は見付けることが出来ませんでしたが、アメリカコハクチョウが増えているのを発見し、その撮影に集中しました。

     アメリカコハクチョウが4羽採餌しています。手前2羽は幼鳥でその向こう側の2羽は成鳥です。この幼鳥2羽は初めてです。


     クチバシの最も黒いアメリカコハクチョウは何時も観察している個体です。
    EJ3Q3152_1-20220204.jpg

     この幼鳥2羽と隣の親鳥は初めてで、幼鳥は灰色が薄くなっています。
    EJ3Q3156_1-20220204.jpg

     幼鳥2羽の親鳥が首を上げました。アメリカコハクチョウも同じ種類同士集まっています。オオハクチョウも同じ種類同士が集まりますので、DNAは不思議です。
    EJ3Q3161_1-20220204.jpg

     今度は何時ものアメリカコハクチョウが首を上げました。
    EJ3Q3175_1-20220204.jpg

     この幼鳥は灰色が薄くなっており年長さんのようです。何時ものアメリカコハクチョウの幼鳥はもっと黒く、直ぐ近くで自由行動のようです。今季、2家族のアメリカコハクチョウは初めてでしたので、たくさん撮影してしまいました。続きは(その2)として明日に載せさせて頂きます。コハクチョウを観察される方は、何時もの場所とは全く異なるところに大挙していることがあります。一体何処に?と思われているかも知れませんがご留意ください。
    EJ3Q3186_1-20220204.jpg

    アメリカコハクチョウ、麦畑で 長浜市にて  

     令和4年(2022年)1月31日撮影。
     びわ湖から相次いでC12、アメリカコハクチョウが餌場を目指して飛び立って行ったので降りた場所は察しがついていたので私も後に続きました。コハクチョウたちは複数箇所に分散していることが多いのですが、幸い足環のC12とアメリカコハクチョウは同じ麦畑にいましたので順次撮影することが出来ました。

     よく目立つアメリカコハクチョウ。


     この日はびわ湖でも発見し、続いて麦畑でも出会いとてもラッキーでした。
    EJ3Q2686_2-20220131.jpg

     先ずは青物を採餌です。
    EJ3Q2719_2-20220131.jpg

     食事の後は我が子の傍に。
    EJ3Q2750_2-20220131.jpg

     麦畑に溜まっていた水を飲んでいるようです。
    EJ3Q2814_2-20220131.jpg

     アメリカコハクチョウに気付かれた方から必ず撮ってもらっている人気者です。この日までは、一組のアメリカコハクチョウの家族だけと思っていましたが、2月4日に思わぬところで見つけた時はこのアメリカコハクチョウと別の一組の計二組の家族が見られました。後日掲載させて頂きます。
    EJ3Q2816_2-20220131.jpg
     令和4年(2022年)1月31日撮影。
     アメリカコハクチョウをやっと見付けて飛び立ちを撮影すべくスタンバイしていました。この場所から次々に飛び立っていくので見失わないよう注視していました。そのため、アメリカコハクチョウが飛び立つ少し前に足環付きのC12が飛び立ったのですが現地では全く気付かず、PC で画像を確認しているときに初めて気付き、何だか得をしたような気持ちになりました。もしやと思ってダメ元で撮ったものですが、下手な鉄砲撃ちも数撃ちゃあたるを絵に書いたようなものとなりました。それぞれの飛び立ちの様子です。

     先ず、アメリカコハクチョウの飛び立ちです。幼鳥に合図をするように翼を広げスタートする瞬間です。
    EJ3Q2338_1 20220131

     親鳥のアメリカコハクチョウの合図とともに幼鳥もスタート。ピッタリ息のあった親子です。
    EJ3Q2340_1 20220131

     目指すは餌場の田んぼ。元気よくスタートを切りました。
    EJ3Q2342_2 20220131

     この場に居なければ味わえない力強く湖面を蹴る音は迫力満点。
    EJ3Q2352_2 20220131

     いよいよ空に舞い上がります。
    EJ3Q2363_2 20220131

     一方、こちらは足環付きのコハクチョウのC12。アメリカコハクチョウの少し前に飛び立っていました。偶然に写っていました。
    EJ3Q2234_2 20220131

     泳いでいるときには足環を確認することはほぼ出来ないので、飛び立ちや飛翔するコハクチョウを出来るだけ撮るようにはしています。前方にアメリカコハクチョウが写っています。
    EJ3Q2235_2 20220131

     赤い足環がチラッと見えています。あと田んぼに向かいましたが、アメリカコハクチョウもC12も同じ田んぼにいました。
    EJ3Q2239_2 20220131

    湖上のアメリカコハクチョウ 長浜市にて  

     令和4年(2022年)1月31日撮影。
     この日もアメリカコハクチョウと足環付きのC12の観察に所用のついででしたが出向きました。午前9時過ぎには野鳥センター前のヤナギシマ島付近に数百羽のコハクチョウが集まっており、クチバシの黒いコハクチョウを探せど見つからずでしたが、もしや河口付近ではと移動したところ発見することが出来ました。幸いにもC12とアメリカコハクチョウの飛び立ちも撮ることが出来ましたが、その分は後日掲載とさせて頂きます。

    河口付近には順次飛び立ちのコハクチョウが集まってきていました。その中にアメリカコハクチョウの家族もいることを発見。アメリカコハクチョウの傍をコハクチョウが飛び立って行きます。


     左端がアメリカコハクチョウ。飛び立ちに備え行儀よく並んで泳いでいます。
    EJ3Q2243_2-20220131.jpg

     左から3番めがアメリカコハクチョウです。気のせいか、他のコハクチョウに比べ少し大きいような気がします。
    EJ3Q2262_2-20220131.jpg

     アメリカコハクチョウの傍を次々に飛び立つコハクチョウたち。アメリカコハクチョウのクチバシは離れたところからの撮影ではほぼ真っ黒。湖上のアメリカコハクチョウは撮影しようと思っても余程のチャンスに恵まれない限り難しく幸運に恵まれました。飛び立ちは明日にC12と併せて掲載させて頂きます。
    EJ3Q2293_2-20220131.jpg

    ▲Page top