レースバト - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    レースバトのようです 湖岸付近にて  

     平成27年11月4日撮影。
     過去にも余呉川の河口付近でレースバトと思われる個体を撮っており、この日もビオトープ近くでくつろいでいる2羽の姿を確認しました。この付近で飼われているレースバトと思われます。レースバトという野鳥の種類はありませんが、今後も撮影の可能性が高いですので、レースバトという項目を設け記録したいと思います。一見ドバトのようですが、両足に足環が付けられています。

     伝書鳩協会の足環とおもわれる足環、オーナーを特定する足環が付けられているようです。レースバトは帰巣本能が極めて高く、1000㎞以上離れたところからも帰ってくるそうです。
    CF1A3971 20151104

     ペアと思われるもう1羽も側にいました。レースバトはとても高価らしく、ペアですと高級一眼レフカメラ以上のお値段に相当し、世界的な最高価格では目が飛び出るような超高級車に相当するそうです。全く驚きです。
    CF1A3976 20151104

    ▲Page top