メジロ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    梅にメジロ 自宅にて その2  

     2020年(令和2年)3月8日撮影。
     その1からの続きです。チョコマカと忙しなく花から花へと動き回るメジロ。手持ちで撮っていますので重くて時々休憩しながらの撮影となりました。休憩と言うより撮っているときは集中していますので無呼吸状態のため大きく呼吸するための撮影中断と言った方が良いのかも。逆光気味で苦労して撮っているのに気付き、順光側からも撮ってみました。

     考えてみれば順光側からはフェンスにレンズを載せて撮ることが出来てとても楽でした。
    CF1A5365_1 20200308

     メジロは花がお似合いです。オオルリの頃、新緑の枝を動き回るのを良く見掛けますがしっきシックリしない光景です。
    CF1A5375_1 20200308

     花びらにつかまるメジロ。軽いのですね。
    CF1A5378_1 20200308

     梅の花は香りも良いし、蜜の味も格別なのかも知れません。
    CF1A5381_1_2 20200308

     バードレストラン。今や約30羽が早朝から食事を待っています。外にこぼしても全員で芝生の上を掃除しています。2羽が特に懐いており、その内の1羽は相変わらず玄関灯に泊に来る日が多いです。
    IMG_8362 20200308

    梅にメジロ 自宅にて その1  

     2020年(令和2年)3月8日撮影。
     この日畑仕事のため納屋前の梅の木の下をくぐると小鳥が枝を飛び回る気配を感じました。今では庭のバードレストランのお客さん(スズメ)は約30羽ですから、スズメだろうと何気なしに見上げるとメジロ!梅の時期には毎年メジロの飛来を期待していますが、ここ何年間は飛来していませんでした。気付いていなかったことも考えられますが、久し振りのメジロです。

     慌ててカメラをとりに自宅に入り、設定ももどかしく取り敢えずパチリ。
    CF1A5298_1 20200308

     今季は小鳥類などが少なく何時もの撮影場所もガラ~ンとして、疲れに行くようなものでした。で、メジロから自宅に来てくれたので、梅の花のように嬉しさ満開となりました。
    CF1A5300_1 20200308

     嬉しさと相まってメジロの美しさに見とれながらの撮影はメジロの動きの速さで思うようには撮れませんでした。
    CF1A5318_1 20200308

     スズメより一回り小さなメジロ。やっと見られて気が落ち着きました。
    CF1A5333_120200308

     梅の花も小さいですが、それと比べてもメジロは大きくないことが分かります。まるで蜜を吸う昆虫のようでもあります。
    CF1A5351_1 20200308

     クチバシを花に突っ込んで蜜を食べています。以上は逆光気味で露出補正したのを載せていますが、順光で撮ったのをその2として載せさせて頂きます。
    CF1A5356_1 20200308

    メジロ 農業用溜池付近にて  

     平成29年1月13日撮影。
     この日はこの溜池でアメリカヒドリとの出会い、隣接する園地ではトラツグミ、ハチジョウツグミなども撮ることができました。こういうときは気分もルンルンで溜池の周囲を一周してみました。このような時に限って久しぶりの野鳥との出会いがあるものです。

     久しぶりのメジロ。最近メジロとの出会いがないなあ、と思いつつ歩いてるときに姿を現してくれました。
    CF1A1210 20170113

     この時期、まだ春遠しの感がありますがメジロの姿を見て近づく春の足音を感じました。
    CF1A1249 20170113

    メジロとアケビ 河口近くの緑地にて  

     平成28年10月7日撮影。
     メジロは春は梅や桜などの花に蜜を求めて集まり、秋には小さな木の実をお目当てに集まります。今頃はまだ木の実は早いと思いますが、メジロの集団と出会いました。何かが目的で集まってきているのですが、最初は分かりませんでしたがようやくアケビの実が熟して割れているのを発見。

     メジロはアケビの甘い胎座が目的で集まってきています。密のように甘く美味しいのをよく知っているのですね。
    CF1A5648 20161007

     アケビの下の方も突いています。白い胎座を銜えています。
    CF1A5654 20161007

     種子と共に鳥やほ乳類に食べられ他の地に芽生え、アケビは子孫を残していきます。持ちつ持たれつのようです。
    CF1A5668 20161007

    メジロ 植え込みの下で  

     平成28年2月21日撮影。
     農業用溜池でダイサギを撮った後、駐車場の直ぐ手前に差しかかると植え込みの中で小さな影が動いているのに気付き、何だろうと立ち止まって観察しているとメジロ2羽を確認。

     この日は曇り時々雨の生憎の天気で薄暗く、植え込みの中はピントが合わず地面に降りたところを撮りました。
    CF1A2719 20160221

    ▲Page top