オオソリハシシギ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    オオソリハシシギ 姉川河口を舞う  

     平成29年4月27日撮影。
     蟻のような大行列で羽休みしていたオオソリハシシギは私にとっては夢のような光景でした。この日の琵琶湖は波が高く、オオソリハシの集団にも容赦なく押し寄せていました。高波が来ると飛び立ち、姉川河口を舞う姿も圧巻で素晴らしい光景でした。湖北で越冬するコハクチョウなどは数多く飛来しますが、旅鳥の大集団の立ち寄りは初めて見ることが出来、野鳥撮影をしていて良かったと思いました。

     河口の上を飛ぶオオソリハシシギ。湖北とは思えないような光景でした。
    CF1A5277 20170427

     中州を飛び立ち少し旋回し降り立っていました。
    CF1A5275 20170427

     高波が押し寄せると飛び立ち、波を避けていました。
    CF1A5252 20170427

     特徴が分かるよう少しトリミングしてみました。
    CF1A5260 20170427

     翼の上面も分かるよう撮っています。
    CF1A5262 20170427

     飛んでいるのは一部のオオソリハシシギです。殆どは中州にいます。
    CF1A5283 20170427

     今度は何時出会えるか分からない感動の光景でした。2日後に再度訪れましたが、既に旅立った後で夢物語のように脳裏に残像だけが残っていました。生涯忘れることのない思い出の一つとなりました。
    CF1A5286 20170427

    オオソリハシシギ 大集団が河口で羽休み  

     平成29年4月27日撮影。
     河口付近でアオアシシギを今季初撮影し、他の場所にもいるのではないかとアオアシシギを探していると、河口の中州の浅瀬におびただしいシギの集団を発見。まさに蟻の行列のような大集団で、夢ではないかと思うほどで私としては生まれて初めて見ることが出来た素晴らしい光景です。このシギは嘴が長く少し反り返っており、渡り途中のオオソリハシシギのようです。

     湖北でもこんな素晴らしい光景が見られるんだ・・・。その数200羽以上で300羽はいるようです。暫くは、呆然と見とれていました。
    CF1A5176 20170427

     長く続く中州にぎっしりと並んでいました。
    CF1A5184 20170427

     オオソリハシシギは地球規模で渡りをしますが、それも1万キロ以上をノンストップで跳び続けることでも知られている驚異的なシギです。湖北ではここ数年間見たこともない(私としては)オオソリハシシギですので、荒天のため待避のため立ち寄ったものと考えていますがどうなのでしょうか?
    CF1A5187 20170427

     パノラマ写真を撮るように右方向にずらしつつ撮っていますが、行列は延々と続きその数の多さはただただ驚くばかりでした。
    CF1A5196 20170427

     撮影距離は100㍍以上ありますが、記録にとどめるため時間を忘れて撮影しました。
    CF1A5211 20170427

     初見初撮影のオオソリハシシギ。1羽でも感激ですが、約300羽で感激は言葉では言い表すことが出来ない大感激でした。大波が押し寄せると飛び立って波を避けていました。その様子は明日掲載させていただきます。
    CF1A5227 20170427

    ▲Page top