ハマヒルガオ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ハマヒルガオ もっと撮りたかったのですが  

     平成29年6月6日撮影。
     海浜植物のハマヒルガオは湖北でもかなりの群生が見られます。この前にも撮っていますが時間の関係もあり、開花を確認し少しだけ撮っていましたので、この日に改めて現地に出向きました。ヒルガオとは花がよく似ている以外は全く異なるハマヒルガオに興味を持ちましたので観察を続ける気持ちになっていました。ところが、この画像の光景は一変してしまい観察の続行は困難となりました。

     湖岸を這うように繁茂し、綺麗な花を咲かせています。
    IMG_1908 20170606

     海岸の植物が淡水湖の湖岸で観察できることは不思議そのものです。しかし、少し後に訪れたときには、すっかり丁寧に草刈り機で全て刈り取られ、面影は微塵も感じられないようになっていました。
    IMG_1909 20170606

     マツヨイグサもハマヒルガオも全て刈り取られましたので、この光景を撮影できたのはこの日が最後となりました。また来年です。
    IMG_1917 20170606

    ハマヒルガオ 古代湖のロマンを感じます  

     平成29年5月27日撮影。
     琵琶湖は我が国最大の湖であることはご承知のとおりです。滋賀県の大きな面積を占め、マザーレイクともよばれ、近畿の水瓶でもあります。琵琶湖も400万年前は今の三重県にあり、長い長い年月をかけて現在の位置に移動しています。その前には日本列島は大陸から分かれ激しい地殻変動の洗礼を受けています。古代琵琶湖も海に接していたこともあるようです。ハマヒルガオは海浜植物でもあり、その名残を引き継いでいるようで、ハマヒルガオを見ていると時を超えたロマンを感じます。

     ここは湖北の琵琶湖の湖岸。海岸に咲くハマヒルガオが一面に咲いています。滋賀県では湖岸で複数の群生地が見られます。
    IMG_1706 20170527

     ハマヒルガオの葉は丸みを帯びハート形です。砂地を這うように咲いています。
    IMG_1710 20170527

     ハマヒルガオの湖岸にはマツヨイグサが大繁茂。その中で窮屈そうにハマヒルガオは咲いていました。
    IMG_1705 20170527

     マツヨイグサの花。美しいですが南北アメリカからの外来植物でもあり、生命力が強く在来種を脅かしています。琵琶湖は外来魚、外来植物の脅威にさらされているのが現実です。
    IMG_1703 20170527

     比較のために撮ったヒルガオ。こちらはツル状に繁茂し何処にでも見られます。
    IMG_1715 20170527

    ▲Page top