ヒメアカタテハ - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    ヒメアカタテハ&キタテハ 自宅にて  

     令和5年(2023年)11月16日撮影。
     花もいよいよ終わりを迎え、標高の高い山は何時冠雪かという時期に差し掛かると、今までたくさんいたチョウもメッキリ数が減ってしまいました。そうした時期に美しいチョウが花に留まっていると、更にその美しさに撮ってしまいます。厳しい寒さが直ぐそこまで来ているので、命を繋ぐためか、子孫を残すためか懸命に吸蜜する姿を応援したくなります。

     枯れかけのジニアで吸蜜するヒメアカタテハ。


     翅も綺麗で傷ついていないので成虫で越冬するのでしょか。シッカリ栄養補給しているのかも。
    2Z6A0879-20231116.jpg

     キタテハもいました。
    2Z6A0932-20231116.jpg

     菊の花でも吸蜜してました。
    2Z6A0939-20231116.jpg

     菊の花はミツバチ、ハナアブにも人気があるようです。
    2Z6A0940-20231116.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ

    フジバカマにヒメアカタテハ 自宅にて  

     令和5年(2023年)11月4日撮影。
     最近は例年になく暖かい日が続いていますが、季節は確実に冬へと歩み続けています。庭にやって来るチョウも数が日に日に減ってきています。やって来ていても翅が綺麗なのは少なく、傷つき破れている個体が多く見られるようになってきました。イソップ物語のキリギリスのようで哀れさ寂しさを感じるこの頃です。

     フジバカマで吸蜜するヒメアカタテハ。庭ではこのチョウとツマグロヒョウモンを良く見かけます。


     左右対称の規則正しい模様には、ただただ感心するばかりです。
    2Z6A8489-20231104.jpg

     フジバカマは開花期間が長く、そのためアサギマダラ、など色々なチョウがやってきます。
    2Z6A8484-20231104.jpg

     ツマグロヒョウモンのオス。メスも来ていましたが翅はボロボロで可愛そうで撮れませんでした。
    2Z6A8505-20231104.jpg

     ツマグロヒョウモンはジニアの花が好きで良く留まって吸蜜しています。サナギを多く見掛けていますが、羽化は見たことがありません。謎めいていますが、セミのように夜に羽化するのでしょうか?来年は注意深く観察してみたいと思っています。
    2Z6A8494-20231104.jpg

    撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ

    ヒメアカタテハがジニアに 自宅にて  

     令和5年(2023年)9月29日撮影。
     庭にはチョウが好きな花を植えたている関係か色々な種類のチョウが集まってきます。クロアゲハやモンキアゲハも時々現れますが、フワフワと飛んでいてカメラを持ち出すと姿がないのですが、ツマグロヒョウモン、キアゲハ、ヒメタテハなどは花に留まると翅を広げたり閉じたりしているので苦労もなく撮ることができます。この日は小さいが美しく目を惹くヒメアカタテハを撮ってみました。

     ジニアに留まって吸蜜しているヒメアカタテハ。後翅に斑紋があるのでアカタテハではなく、ヒメアカタテハです。


     翅を閉じたり広げたり。
    2Z6A3481-20230929.jpg

     翅の裏面も美しく、どこから見ても美しいチョウです。
    2Z6A3486-20230929.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ

    ヒメアカタテハ 湖岸近くのコスモス畑にて  

     平成29年10月8日撮影。
     この日はコハクチョウの初飛来を撮ることができ、後はマガンなどを撮りつつ湖北に長年君臨するオオワシの飛来を待つのみとなっていますが、今年は来てくれるでしょうか。11月下旬から山本山は注目の的となることと思われます。夢の膨らみを感じつつ、湖岸近くのココスモス畑に立ち寄ってみました。

     私は植物の撮影をすることにも興味があり、花の撮影には高校時代から強い興味があり写真撮影の原点となっています。チョウは特にタテハチョウ科のチョウに惹かれるものがあり、アサギマダラが最も好きなチョウです。この日は、ヒメアカタテハと出会うことができました。
    CF1A4336 20171008

     ヒメアカタテハの大きさは3㌢前後。小さく綺麗で可愛らしいチョウです。この日、やっと撮ることができました。
    CF1A4311 20171008

    アカタテハと大きく異なるのは大きさもありますが、決定的違いはヒメアカタテハは画像のように後翅に斑紋がありますが、アカタテハにはありません。後翅に斑紋があるのでより綺麗に感じています。
    CF1A4297 20171008

    ▲Page top