シジュウカラガン - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

     平成30年2月2日撮影。
     その1からの続きです。シジュウカラガンは久々に湖北に飛来している極めて珍しいお客様です。折角、越冬してくれているのにこの度の猛烈寒波と田んぼなどを覆い尽くす大雪にさぞかし面食らっているのかも。観察に出かけようにも、農道などには進入不可能な積雪でした。この日はビオトープからびわ町の田んぼへと飛んで、採餌している様子など観察できホッと一安心しました。

     飛び立ち位置に向かうシジュウカラガンと仲間のコハクチョウたち。
    CF1A9904 20180202

     先ずコハクチョウたちが元気よく飛び立ちました。
    CF1A0066 20180202

     少し離れたところにいたシジュウカラガンもコハクチョウの後を追って飛び立ちました。何時も観察していて感じるのですが、シジュウカラガンはどのグループのコハクチョウと飛び立つのかサッパリ分かりません。行動を共にしている仲間のコハクチョウたちが飛び立つと、離れたところにいても後を追っているようです。
    CF1A0083 20180202

     この様に仲良く餌場へと向かう様子はとても微笑ましく感じます。シジュウカラガンの気持ちはコハクチョウになりきっているようです。
    CF1A0104 20180202

     飛んでいく方向を見ていると、下八木方面に向かっていましたので後を追ってみました。下八木には見当たらなかったので、びわ町の田んぼと見当を付けて田川を渡りびわ認定こども園の近くでコハクチョウの一団を発見。シジュウカラガンはコハクチョウと一緒に雪解けで少し見えている畦の草を食べていました。大雪の時はどうしているのか心配でしたが、食べている様子を見て安心しました。
    CF1A0234 20180202

     食べた後は此処でも一休み。コハクチョウたちは体が大きい分せっせと食べ続けていました。
    CF1A0275 20180202

     周りは一面の雪の世界ですが、シジュウカラガンはコハクチョウたちに守られ幸せそう。シジュウカラガンのこの表情そのものが満足しているように思えます。この日は氷上そして雪上のシジュウカラガンを観察することができ、良い思い出になりそうです。
    CF1A0294 20180202
     平成30年2月2日撮影。
     今日は久しぶりのよい天気に恵まれましたので、大雪のため先月24日以来観察できていなかったシジュウカラガンの撮影に出かけました。早朝から出発し先ず野鳥センター前を覗きましたが姿はなく、琵琶湖にも見当たりません。消去法で残るはビオトープと見当を付けたものの、コハクチョウたちはほぼ全員お休みタイムでした。コハクチョウたちに紛れて発見は極めて困難でしたが、黒っぽくて小さい鳥が氷の上に少しだけ見えましたので、ほぼ間違いなしと農道側に回りました。ビオトープでのシジュウカラガンは初めてで、氷上にいるのも初めて、びわ町でお目に掛かるのも初めてでした。

     ようやく目覚めたシジュウカラガン。一週間ほどお目に掛かることが出来なくて心配していましたが、とても元気で安心しました。
    CF1A9305 20180202

     翼を大きくのばす伸びを何回もしていました。
    CF1A9347 20180202

     氷が溶けた水を飲んでいます。
    CF1A9361 20180202

     何回も念入りに羽繕いをしていました。痒いところにとどいたのか、気持ちよさそうにしています。
    CF1A9394 20180202

     そして、氷上の散歩タイム。
    CF1A9628 20180202

     目覚めたのは午前11時頃。十二分に寝ているので元気溌剌のようです。
    CF1A9651 20180202

     散歩のステップも軽やか。この調子で眼前を散歩してくれると良いのですが・・・。
    CF1A9717 20180202

     向かったのは、氷が溶けて無くなっているところ。泳ぐつもりのようです。
    CF1A9810 20180202

     気持ちよさそうにビオトープを泳ぐシジュウカラガン。
    CF1A9836 20180202

     飛び立ちの準備をしている仲間のコハクチョウと合流。この後、暫く泳いでコハクチョウと一緒に飛び立ち、びわ町の田んぼへ。その様子は、その2で掲載させて頂きます。
    CF1A9879 20180202

    シジュウカラガン 凍てる大安寺付近の田んぼにて  

     平成30年1月24日撮影。
     今朝はまさに体感的にも最強の寒波を感じました。犬の散歩では手も耳もちぎれそうな痛さ、防寒着の隙間から入り込む寒気は体温を奪い、まるで服を着ていないかと思うほどの寒さでした。寒そうにしているのは人間だけで、スズメもセキレイも凍てつく中元気に飛び回っていました。湖北には大雪警報がだされ、明日は除雪に追われそうなのと藤井四段の対局観戦のため、野鳥撮影はほぼお休みの予定ですので、寒い中出掛けてみました。

     大安寺の田んぼには殆どのコハクチョウが結集していましたが、そこにはシジュウカラガンは見当たらず、少し離れた田んぼに20羽程度のコハクチョウと共に採餌していました。
    CF1A7101 20180124

     途中、道路の温度計は日中にもかかわらず0℃とかマイナス1℃を示していました。湖北で越冬している鳥たちはシベリアなど寒いところの鳥ですので、このくらいの寒さは何ともないようです。
    CF1A7314 20180124

     強風も加わり、体感温度は極寒のようですが、厳しい中自然を受け入れる野鳥たちの逞しさを間近に見ていると、寒さに反比例して暖かさを感じ元気を貰うような気がします。
    CF1A7331 20180124

     オジロワシを撮った後、帰りに寄ってみるとお腹が大きく膨らんでいるようです。厳しい寒さに耐えるため食欲旺盛なシジュウカラガンです。
    CF1A7492 20180124

     足は泥が付いて重そうに歩いていました。午後からは吹雪いてきましたが、低温のため雪はパウダーの様に舞っていました。
    CF1A7561 20180124

    シジュウカラガン 夕日を受けながら間近に  

     平成30年1月23日撮影。
     昨日の雪は大したことはなく、日中に殆ど解けてしまいました。しかし、強風で時々強く雨が吹き付けたかと思うと晴れ間が覗く何とも言えないような天気でした。つかの間の晴れ間の午後4時過ぎにシジュウカラガンを訪問。今日は大安寺の田んぼにいましたが、到着時は一番奥まったところにいました。今日に限ってと暫く様子を見ていると、麦畑に掘られた溝を次々に跳び越えて私の直ぐ前までやって来てくれました。こんなこともあるのですね。

     溝を跳び越えるシジュウカラガン。今日は諦めていましたが、どんどん近付いてくるとは夢にも思っていませんでした。
    CF1A6114 20180123

     それも仲良しコハクチョウと一緒に近付いてきます。
    CF1A6418 20180123

     コハクチョウは難なく越えられるコンクリート畦もシジュウカラガンにとっては翼を使わなくてはなりません。
    CF1A6498 20180123

     夕日を受けながら随分近付いてきました。飛来時に比べ頸の白い環が目立つようになっています。
    CF1A6527 20180123
     
     時間的には塒入り前で、コハクチョウもシジュウカラガンも猛烈な食欲を見せていました。
    CF1A6581 20180123

    シジュウカラガン 雪の降る前に  

     平成30年1月22日撮影。
     今日の湖北は午前中は曇りで午後から雪が降り出しました。雪が降る前に水鳥ステーションなどに買い物に出向き、途中の行き帰りにシジュウカラガンの様子を観察。今日のシジュウカラガンは昨日までの大安寺の田んぼではなく、少し離れたところに少数グループのコハクチョウと共にいました。しかし、爆睡中の様子で目を覚ます気配が無く買い物の帰りにもう一度覗いてみました。

     寝ている様子ですが、二本足でしかもよく見ると目を開けているようです。
    CF1A5121 20180122

     目を閉じていますが、二本足。狸寝入りでもないようですが・・・。
    CF1A5138 20180122

     帰りにもう一度立ち寄ってみると、やはり寝ていましたが突然羽繕いを始めました。
    CF1A5240 20180122

     少しの間頭を上げてくれましたが、直ぐに寝てしまいました。今日は雪の予報のためかギャラリーはなく、シジュウカラガンは久々のお休み日のようでした。シジュウカラガンは愛嬌を振りまき、活発。そのためか、途中でよく寝ています。
    CF1A5268 20180122

     そばではGPSコハクチョウが水飲みをしていました。
    CF1A5292 20180122

     この子は頭の黒い飾りがよく似合っていますが、泥を付けているようです。ブログに載せる作業をしている間に、外は既に雪化粧となっています。
    CF1A5300 20180122

    ▲Page top