シジュウカラガン - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    シジュウカラガン やっぱり可愛らしいですね  

     平成30年2月20日撮影。
     今日は気温も春到来を思わせるほどで、田んぼなどの積雪も一気に雪解けが進んだようです。しかし、風が強く体感温度的には見掛けの春到来と感じました。オオワシも北帰間近ということで出向きましたが、観察している時間には昨日のようなパフォーマンスは見られず、シジュウカラガンなどの観察をしました。

     シジュウカラガンはコハクチョウと一緒に湖北を旅立つのは間違いないので、この可愛らしい姿を見られるのはあと僅かとなりました。
    CF1A1410 20180220

     撮影場所は場所的にはよく知っておられる方が多い、とある湖北の田んぼです。今日も間近に観察することができました。
    CF1A1446 20180220

     田んぼの中にクチバシを突っ込んで落ち籾などを食べていたのか、クチバシが汚れています。
    CF1A1496 20180220

     昨年末に飛来して以来、雨の日、雪の日、晴れの日は勿論のこと、色々な田んぼなどで観察をしてきたシジュウカラガンです。
    CF1A1541 50180220

     性格もコハクチョウ同様に人に好かれ、フレンドリーさを持ち合わせています。今日も大砲組さんなどに農道のすぐそばから大サービスでした。
    CF1A1599 20180220

     雪解けしたところで採餌すると嘴は綺麗になっていました。
    CF1A1609 20180220

     この様に窒息しそうなくらい田んぼに突っ込んで採餌していました。
    CF1A1614 20180220

     首の白い輪も大人っぽく綺麗になっています。
    CF1A1675 20180220

     シジュウカラガンはコンクリート畦が好きで、よく上がったり、その上で休憩もしていました。今日も上がってくれました。あと何日見られるのでしょうか?多少の日数の短い長いはあるかと思いますが、確実にカウントダウンは始まっているようです。
    CF1A1708 20180220

    シジュウカラガン 可愛らしいのが印象的  

     平成30年2月19日撮影。
     オオワシを撮影後、前日に引き続きとある田んぼを訪れました。コハクチョウやマガンは北帰行前の飛行訓練に勤しんでいるようで、お祭り騒ぎのような賑やかさでした。この冬、18年ぶりに突如湖北に来てくれたシジュウカラガンは、来賓クラスとして超人気となりました。私は珍鳥マニアではありませんが、観察を続けられたのはシジュウカラガンは予想していたイメージとは異なり、その行動や容姿がとても可愛らしく、惹きつけられるものを強く感じているからだと思います。

     稲の二番穂を食べるシジュウカラガン。首の白い輪が飛来当初は僅かで目立ちませんでしたが、とても立派になっています。
    CF1A0994 20180219

     撮影していても関係なしに、飄々とした表情で二番穂を食べ続けていました。コハクチョウと性格が共通するものがあるようで、人を恐れる様子はなく、逆に近付いてくることもあります。
    CF1A0995 20180219

     昨年末に飛来し、コハクチョウとともに虐められることも無く過ごしてきたシジュウカラガンは幸せな時を湖北で過ごせたようです。
    CF1A1032 201820219

     時には翼を伸ばして伸びをしていました。
    CF1A0742 20180219

     シジュウカラガンは大豆、草、麦の葉なども啄んでいましたが、今食べている稲の二番穂が大好物のようでした。
    CF1A0925 20180219

     真剣に餌探しする様子も可愛らしく思えました。一時は山本山がガラ~ンとするほど超人気のシジュウカラガンでしたが、この日撮影しているのは時間の関係もあるかも知れませんが私だけでした。複数の観察者はマガンやコハクチョウの撮影をされていました。
    CF1A0958 20180219

     コハクチョウになりきっているシジュウカラガンは、仲間のコハクチョウとともに北帰するのは間違いないと思われますが、繁殖地が大きく異なるため気になるところです。シジュウカラガンは宮城県の伊豆沼の仲間と合流してくれればと願っています。
    CF1A0976 20180219

    シジュウカラガン コハクチョウ、マガンの集団の中に  

     平成30年2月18日撮影。
     昨日は雪となり、今朝は凍てつき春の訪れが微塵も感じられない状態でした。暫く地域の行事やその引き継ぎの関係など、また三重の海の訪問とシジュウカラガンなど気になっていましたので、買い物などのついでですが湖北の田んぼなどを見て回りました。晴れてはいるものの、風が強く体感温度は氷点下と思われる厳しい中、ようやくシジュウカラガンを発見することができました。

     場所は湖北のとある田んぼですが、付近の神社からは鐘の音が微かに聞こえてきており、湖北の伝統的な行事「おこない」が厳かに執り行われているようでした。約200羽ものコハクチョウと数十羽のマガンが集結している中に、シジュウカラガンの姿がありました。
    CF1A9035 20180218

     稲の二番穂を美味しそうに食べるシジュウカラガン。もうすぐ旅立ち、しっかり食べているようです。
    CF1A9071 20180218

     長らく湖北でコハクチョウとともに過ごしたシジュウカラガン。シベリアまで一緒に帰るのかな?新たな心配事となっています。
    CF1A9189 20180218

     オオワシも間もなく北帰行です。その北帰行の時、コハクチョウも北を目指して帰るところを何度も観察しています。今がお別れか、と言う気持ちが日増しに強くなるこの頃です。
    CF1A9196 20180218

    シジュウカラガン 大豆がお好きなようです  

     平成30年2月13日撮影。
     今日は雪の予報でしたが、日中雪がチラチラする程度で撮影日和でした。しかし、午前中は風が強く、寒風に晒される体感温度は厳しいものがありました。その寒さに耐えながらビオトープでGPS付きコハクチョウ2羽を撮っていたら、シジュウカラガンがコハクチョウとともに飛び立ち、近くの早崎町の田んぼに降り立ちました。見当は付いていましたので直行。

     大豆畑で良い顔して採餌の真っ最中でした。機械で刈り取るため、株の根本付近には大豆がかなり残っているようです。
    CF1A6002 20180213

     今日はすぐ近くにいました。フレンドリーで可愛らしい様子を存分に撮ることができました。
    CF1A6031 20180213

     水飲みするシジュウカラガン。
    CF1A6083 20180213

     シジュウカラガンは特に午前中は食欲旺盛です。
    CF1A6153 20180213

    綺麗な大豆がポロリとクチバシから落ちているのが写っています。
    CF1A6357 20180213

     大豆を食べたり、草を食べたり北帰に備え体力増強のようです。今日、気付いたのですが多くのコハクチョウ、オオヒシクイが集結しだしました。また、数百羽のマガンが見られるなど今までとは異なる動きが見られました。お別れの時期が迫ってきているようです。追って、マガンの大集結はブログに掲載させていただきます。
    CF1A6352 20180213

    シジュウカラガン 雪に埋もれながら  

     平成30年2月5日撮影。
     今朝は20㌢位の積雪でした。少し風邪気味なのでお医者さんに行ったついでにシジュウカラガンを観察。昨日と同じ場所でしたが、朝早くにもかかわらず既にコハクチョウと共に田んぼにいました。積もっていた雪の上に昨夜更に積もったものですから、シジュウカラガンも歩くのに苦労しているようでした。

     両足は完全に雪に埋まり、ヨイショ、ヨイショという感じで仲間のもとに歩いていました。
    CF1A1924 20180205

     飛べば簡単なのですが、本人はコハクチョウのつもりですのでコハクチョウと同じように歩いていました。
    CF1A1937 20180205

     かなり埋まっていますが、雪を押し分けながらの歩行です。
    CF1A1953 20180205

     やっとコハクチョウのところに到着。何処へ行くのも仲間のコハクチョウとは一緒です。仲間以外のコハクチョウたちが飛び立っても、決してついて行きません。一ヶ月以上観察を続けていますがシジュウカラガンは不思議な鳥です。
    CF1A1991 20180205

    ▲Page top