オジロワシ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    オオワシ、思いでありがとう 漁港、山本山にて  

     2020年(令和2年)2月13日撮影。
     2月21日に山本山を飛び立ち北帰したオオワシ(女王様)は3ヶ月の滞在期間中多くのオオワシ観察者を魅了しました。私は寒いのが苦手ですので湖岸でスタンバすることは殆どしなかったのですが、今季は期間の半分以降は湖岸でスタンバイするようにしていました。麓で撮っているとオオワシに裏をかかれることは少なかったのですが、湖岸では予想の当たり外れが大きく、加えて未熟な撮影技術のため上手く追えなかったり、見失ったり、ピントが合なかったり、など数え切れない失敗の繰り返しとなりました。この日は、びわ湖が荒れ、漁港で待ち続けるも飛ばないので麓へ行くと、狩りに飛んだ後。しまったと思っても後の祭りで、車でグルッと回ると漁港にカメラが集結しているではありませんか。完全に裏をかかれたオオワシ撮影を思い出として掲載させて頂きます。

     ここで我慢してスタンバイしていれば、狩りの様子、ここに獲物を運んでくる様子を始めから撮れたのに、取水塔での食事の途中からの撮影になってしまいました。麓に向かっている最中に、既に本日のメインイベントは終わっていたのです。
    CF1A5965_1 20200213

     オオワシはトビやカモメに邪魔されながらの食事。滞在期間中、食事は常に邪魔され最悪の場合は大きな獲物をおとしてしまったりと、落ち着かない食事を強いられていました。
    CF1A5979_1 20200213

     やっと食べ終えた後、飛び出して山本山を目指します。びわ湖でのオオワシということでトリミングはしておらず、水平を出すため一部フォトショップで修正をしています。
    CF1A6360_1 20200213

     飛び出し位置が低いため湖面を這うように飛んでいます。
    CF1A6377_1 20200213

     オオワシは高齢のためか、獲物を山本山まで運んで食べる回数は減っていたと思っています。野鳥センター沖の浮洲で食べる回数が多く、取水塔でもよく食べていたようです。
    CF1A6384_1 20200213

     高齢とはいえ強風をついて高度を上げて飛ぶ姿には年齢を感じません。元気そのもので、今年の11月には元気な姿を見せてくれると信じています。
    CF1A6395_1 20200213

     麓では食後のゆっくりした姿を撮れるものと思っていましたが、直ぐに飛び出し塒へと直行。この様なパターンが多かったのも今季の特徴だと思います。ビックリするような低い所に留まったり、全く飛ばなかったり喜んだりガッカリの多くの思い出を残してくれました。だからこそオオワシ撮影は面白いのかも知れませんね。 
    CF1A6475_1 20200213
     2020年(令和2年)2月4日撮影。
     この日は午前9時から所用のための待ち時間を利用して湖岸でコハクチョウなどを観察し、その後山本山のオオワシの様子を見てスタンバイ位置を決める予定でした。ところが、午前9時を少し過ぎた頃に野鳥センター前でコハクチョウ、オオヒシクイ、マガンを観察していると、頭上を大きな猛禽が沖に向かって飛んでいくのに気付きました。あわよくばクロサギと思っていましたがそれどころではなく、オオワシを追い続けると波消しブロック付近で狩りをして、私の頭上を飛んで山本山へ。食事完了後の飛び出しまで撮ってみました。

     狩りの体勢に入ったオオワシ(女王様)。距離は700㍍ほどあります。
    CF1A1550_1 20200204

     両足を出して魚を捕らえる直前です。
    CF1A1552_1 20200204

     イカダと波消しブロックの間で魚を捕まえています。
    CF1A1560_1 20200204

     距離が700㍍もあるとノートリでは掴んでいる様子が分かりませんのでトリミングしてみました。
    CF1A1560_1-2 20200204

     近くに漁船が漁をしていましたが、気にせず傍を通過する女王様。漁師さんは、直近でオオワシの狩りを目撃されたかどうか分かりませんが、もし目撃されていたら迫力満点だったでしょうね。
    CF1A1563_1 20200204

     オオワシは方向を山本山に向けて飛んでいます。バックは葛籠尾崎で奥琵琶湖パークウエイが写っています。
    CF1A1594_1 20200204

     そして頭上を通過するオオワシ(女王様)。
    CF1A1622_1 20200204

     小ぶりの獲物でしたので急いで山本山の麓へ。例によってゴチャゴチャしたところで美味しそうに食べていました。
    CF1A1742_2 20200204

     食後の飛び出しです。この日は午前11時半までの観察予定でしたが、狩りから食後まで短時間の撮影となりました。時間が余りましたので、尾上漁港でアメリカヒドリのつがいを観察し、飛翔姿も撮ることができました。ここ最近は、オオワシの撮影が続いて他の野鳥のブログ掲載が滞っていますが、ボチボチ載せさせて頂きますので宜しくお願い致します。
    CF1A1955_1 20200204

    オジロワシ2羽 湖北の空に舞う  

     平成30年1月24日撮影。
     今日の湖北はこの冬一番の寒さと感じました。朝の犬の散歩時には田んぼは完全に凍結しており、空気は氷点下のようで風も強く体感温度は行ったことはありませんが南極のようでした。所用で出向く用事があり、途中でシジュウカラガンなどを観察後、オオワシを覗きに行きましたが、既に食事を済ませたのか塒の近くに潜り込んでいました。塒付近でオオワシの甲高い鳴き声が聞こえたため、空を見上げると見慣れない猛禽2羽が山本山上空を舞っていました。尾が白っぽいので、オジロワシと確信して連写しました。

     遠く、そして空高く舞っていますので600㍉でも証拠写真程度ですが、初見初撮影です。それも2羽!
    CF1A7700 20180124

     2羽とも黒っぽく斑点が多いので若鳥のようです。一般的には北海道でしか見られないオオワシ、オジロワシが湖北で見られるのは夢を見ているようです。そして、この冬はシジュウカラガンまで来てくれています。
    CF1A7726 20180124

     オジロワシの若の特徴がよく分かります。絶滅危惧種Ⅱ類、 国の天然記念物でもあります。
    CF1A7604 20180124

     若でも尾羽は白いため、オジロワシであることは一目瞭然です。1羽でもお目に掛かるのは奇跡的ですが、2羽とはまさに偶然の賜り物でした。
    CF1A7611 20180124

    ▲Page top