エナガ - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    エナガ 久しぶりに撮りました  

     平成28年9月21日撮影。
     台風16号の直後でもあり、近くの農業用ため池の様子を観察してきました。すでにコガモが数羽しているだけで、他の冬鳥の姿は見かけませんでした。周辺の緑地では、エゾビタキを今季初めて撮りました。その近くにいたエナガも久しぶりに撮ることができました。

     夏の間は子育て中のようで、姿を見かけることはありませんでしたが、最近はシジュウカラとの混群も見られます。
    CF1A3188 20160921

     久しぶりのエナガ撮影でしたが、よく動き回るのでなかなかついて行けませんでした。この個体を撮るのが精一杯でした。
    CF1A3196 20160921

    エナガのヒナ 農業用溜池付近の園地にて  

     平成28年4月26日撮影。
     最近は集団のエナガではなく、単独で虫をいっぱい銜えたエナガしか見られなくなっていました。子育ての真っ最中だったと思われます。久しぶりに賑やかなエナガの集団に遭遇し、よく見るとヒナたちを連れていました。この日は、晴れて夏のような天気で親子でピクニックでもしていたのでしょうか。

     あどけないエナガのヒナ。まだ尾羽が短く、エナガとは思えないスタイルです。
    CF1A4738 20160426

     気持ちよさそうにしている可愛らしいヒナ。尾が短く、小さい鳥が更に小さく見えピント合わせも大変でした。
    CF1A4769 20160426

     エナガの親子。ヒナは尾が一寸だけしかありません。親もやれやれですね。
    CF1A4730 20160426

    エナガ 自宅のすぐ近くにて  

     平成28年4月20日撮影。
     オオルリ、キビタキを撮っているとヤマガラ、コゲラなども現れましたが高木ばかりで混み合っているため撮ったものの上手くは撮れませんでした。その中で、何とか撮れたエナガです。

     子育て中の餌集めのようで、クモとシャクトリムシを銜えています。ヒナたちにとってはご馳走なのですね。この時期は餌を銜えたエナガの姿をよく見ます。
    CF1A3810 20160420

    エナガ 子育て中のようです  

     平成28年4月16日撮影。
     エナガはある時期ほとんど見掛けなる時があります。ここ最近までその様な状況でしたが、おそらく抱卵中だったと思われます。最近は時々見掛けますが、以前のような集団ではなく単独です。

     集団でも撮りにくいエナガですが、単独行動を何とか撮ってみると嘴に餌をたくさん銜えていました。 
    CF1A3248 20160416

     昆虫などを銜えているようです。おそらくヒナ達に与えるため昆虫などを集めていたと思われます。可愛らしいヒナが待っているのでしょうね。
    CF1A3258 20160416

    エナガ 農業用溜池にて  

     平成28年3月15日撮影。
     この日の湖岸方面は猛烈な風が吹いていたため、コハクチョウの北帰はないようでしたので農業用溜池に行ってみました。山側は湖岸と違って風はましで色々な野鳥を撮ることができました。湖岸ではコハクチョウ、オオハクチョウと大型の水鳥を撮った後この溜池ではミソサザイなど小型の鳥達で極端にその大きさが異なる撮影となりました。エナガも小さくてよく動きまわりますが、このエナガと同じところにミヤマホオジロもいたのでどちらも気にしながらの撮影となりました。

     なかなか思うような所には留まってくれないエナガ。
    CF1A8023 20160315

     後ろ向きも撮るのがやっとでした。
    CF1A8019 20160315

     日のあたるところにも留まりましたが思うようには撮れません。
    CF1A8026 20160315

     飛び移ろうとするエナガ。フォーカスリミッターの設定付近をチョロチョロ動きまわりますので、その切り替えも意識しながらの撮影でした。
    CF1A8027 20160315

     同じところにいたミヤマホオジロ。難しいところにいたため、まともには撮れませんでした。
    CF1A8005 20160315

    ▲Page top