サルハマシギ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    サルハマシギ?、ハマシギ? 長浜市にて  

     令和元年10月14日撮影。
     過日UPさせて頂いたハマシギも実はハマシギに比べてクチバシが長いことには気付いていました。ところが2羽並ばないことには長短を具体に説明できませんので、ハマシギとしておけば間違いはないので「ハマシギ」としたのですが、たまたまハマシギと2羽が一緒の所をパチリ。明らかにクチバシの長さの違いが明確になりましたので、ご批判覚悟でサルハマシギとして載せさせて頂きます。

     左がハマシギ。右がサルハマシギと思われる個体。ハマシギとしては少しイメージが異なっています。
    CF1A6208 20191017

     1羽だけ見れば良く分かりません。クチバシが長いようでもあるし、脚も長いようでもあるし。夏羽であれば考える必要は全くありませんが、この季節では良く分からないのが事実。
    CF1A1732 20191014

     クチバシ、どう見ても長いですね。
    CF1A1744 20191014

     この羽衣の形状は夏羽の名残でしょうか?
    CF1A1754 20191014

     一緒にいたハマシギ。
    CF1A1840 20191014

     シギの羽根は一つ一つが奇麗。そして魅力的です。
    CF1A2738 20191015

     私自身いまだにシギの個体の判別には全く自信はありません。ただ、これは一寸違うな、という感覚は持っているつもりです。
    CF1A2755 20191015

     ハマシギも個体の差が色々らしくとのこと。そこまで検討するとまさにドロ沼。単純に2羽を比較して結論を出してみました。
    CF1A2781 20191014

    ▲Page top