シロハラ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    シロハラ 今季はよく見かけます  

     平成29年1月28日撮影。
     冬鳥は種類によって飛来数がまちまちで、多いときや少ないときがあります。シロハラは自宅から岐阜県や大阪府に出向いたときにもゆっくり撮れるほどで、湖北でもとても多く見られます。多いと撮らなくなってしまいますが、普段とは違った様子を撮ってみました。

     桜の木に後ろ向きに留まっているシロハラ。目が大きくクルッとしていて可愛らしいです。
    CF1A2072 20170128

     落ちている枝に留まっています。逆光で撮ってみました。以上、農業用溜池そばにて。
    CF1A2085 20170128

    シロハラ 岐阜市松尾池にて  

     平成29年1月7日撮影。
     この池はオシドリがメインですが、色々な鳥たちが現れます。そんなに広くはないエリアですが野鳥の種類の密度は非常に高く、出来れば穏やかな天気の日にゆっくりと訪れたいところです。今季はシロハラ、トラツグミが多いようで毎日のように出会うこともあります。シロハラは地味で可愛く撮るのが難しい被写体ですが、チャレンジしてみました。

     上から見下ろすように撮ったシロハラ。オシドリの合間に撮りましたが、愛くるしく撮れたようです。
    CF1A9865 20170107

    シロハラ 自宅にて  

     平成28年2月22日撮影。
     自宅敷地内の竹藪でよくゴソゴソしているシロハラです。この日は庭と納屋への通路に設置しているアーチに留まっていました。シロハラのバックは納屋で柱は湖北地方の木造建物の特徴でもある「べんがら塗り」で朱色です。納屋には、ダイコンなどの漬け物、味噌、ウグイずしなどのタルを入れています。

     毎年庭にはシロハラが現れます。姿を見ると長旅に出ていた我が子が帰ってきたようなきもちになります。
    CF1A2734 201560222

     畑で草取りをしていても逃げずに採餌をしています。お気に入りの場所は何故か此処と、直ぐそばの竹藪です。
    CF1A2752 20160222

    シロハラ 水路のそばで  

     平成28年2月21日撮影。
     メジロを撮った植え込みの側には溜池から流れる水路があります。植え込みの中のメジロは撮りにくかったので、他にもいないかと探しているとシロハラが水路のすぐ側にいるのに気付きました。

     2月に入ってシロハラを良く見掛けるようになりました。河口付近、野鳥センター付近、溜池付近、そして自宅と広範囲で見られるようになっています。
    CF1A2725 20160221

    シロハラもベニマシコの近くに  

     平成28年2月19日撮影。
     ベニマシコを何とか撮った後、もう少し撮りやすいところに現れてくれないものかと待っていると、シロハラが同じブッシュに現れ、地面をゴソゴソしだしました。此処は河口付近で、時々シロハラとも出会いますので同じ個体かもと思いながら撮影。

     ベニマシコより大きいので撮りやすいかと思いきや、この様なブッシュの中の鳥はジッとしていたらマニュアルでピント合わせができるのですが、AFでは難しいですね。この後、ウグイスも現れましたがボケてしまって手に負えませんでした。
    CF1A2641 20160219

    ▲Page top