ソデグロヅル - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    ソデグロヅル、飛ぶ様子(2回目) 鯖江市にて  

     令和6年(2024年)2月28日撮影。
     この日のソデグロヅルはご機嫌麗しく、お昼には何回も飛び上がってくれました。地元では名前も付いているようで日々大切に見守られ可愛がってもらっているようです。クロヅルと違ってフレンドリーな性格も可愛がられる要因かな、と思っています。昨年末に飛来し雪の日も風の日もこの地で安心して暮らしてきているので地元との絆が出来ているように思えます。世界でも数が少なく、我が国でも限られた飛来例しかなく愛鳥家からは「超珍鳥」とされており、福井県でも初めての飛来とされているようです。鯖江市はコウノトリも繁殖し自然環境が素晴らしく、ソデグロヅルもこの地、そして暖かく見守ってくれる人々に白羽の矢をたてたものと信じています。私はこの日5回目のソデグロヅルの撮影となりました。貴重な情報を頂いた敦賀の鳥友さんに感謝を申し上げます。

     丁度お昼頃、お腹が空いた時にソデグロヅルはハイテンションでした。何時もこのパターンのようで私達へのサービスのようでした。


     もう二度と観る機会は無いに等しいので、記録としても多く残したく数多く撮り、ブログにも載せさせていただきました。
    2Z6A3025-20240228.jpg

     嬉しくて飛び跳ねているようで、地元の人々には我が子のように思えるようです。
    2Z6A3021-20240228.jpg

     採餌している光景は地味そのものですが、飛んだり跳ねたりする様子はツルだけあってとても美しいです。
    2Z6A3027-20240228.jpg

     湿田を覗いているソデグロヅル。
    2Z6A3039-20240228.jpg

     畦がお好きなようで、畦に上がると飛び跳ねるようです。もう暫くするとシベリアに旅立ちます。
    2Z6A2535-20240228.jpg

    撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ

    ソデグロヅル、飛ぶ様子(1回目) 鯖江市にて  

     令和6年(2024年)2月28日撮影。
     この日はオオワシの北帰を想定して早めに山本山を目指しました。ところが到着後レンズが何時もの方向を向いていないし、オオワシも見当たらないので野鳥センター前に行ってみると大勢の方が沖合のポール方向にレンズを向けていましたので、私も湖岸からオオワシの様子を伺うと、浮州に入り込んで姿は見えずでした。暫く経ってポールに留まり、またも浮州に潜り込みましたので北帰はしないと判断してソデグロヅルの観察に出向きました。ソデグロヅルについては地元ではテレビ報道もされ、新聞でも何処という具体が掲載されたとのことです。地元の方が昼頃には飛ぶよ、と説明されていましたのでその様子を撮ってみました。

     飛ぶため翼を広げたところです。手前の田んぼで採餌していましたが畦に上がり湿田に行くため飛びました。


     飛ぶと行っても隣の田んぼに行くため軽く飛ぶと行った感じでした。
    2Z6A2953-20240228.jpg

     出来得れば向こう側から撮りたかったのですが、ここまで撮れただけ良しとすべきだと思います。
    2Z6A2948-20240228.jpg

     今までの撮影で翼を広げたところを撮るのに苦労しましたが、この日は何回も翼を広げていました。
    2Z6A2956-20240228.jpg

     ソデグロヅルの滞空時間が長いため、秒間12コマでも可成り多く撮影できていました。
    2Z6A2955-20240228.jpg

     大きく立派な翼にビックリ。
    2Z6A2960-20240228.jpg

     着地。この後も飛んでくれて撮影しています。(2回目)として後日載せさせていただきます。
    2Z6A2976-20240228.jpg

    極めて稀なソデグロヅル(第4回目撮影) 福井県にて  

     令和6年(2024年)1月17日撮影。
     この日は快晴で積雪が残っている田んぼのソデグロヅルの撮影ということで、既に3回も撮影してることもあって少々気合を入れて撮影に臨みました。しっかりした三脚にビデオ雲台+いつものカメラを取り付けて半逆光の位置からでした。翼、羽根の微妙な美しさを撮ってみようという試みでした。ソデグロヅルはこの意気込みを察してくれたのか(?)、いつもになく10回くらい翼を広げたり、垂直跳びを見せてくれました。手持ちですとタイミング的にも変に力が入ってしまいがちですが、三脚に取り付けていると咄嗟の対応が楽でした。

     食べ物がたくさんあるようで上機嫌のソデグロヅルでした。翼を広げ、上機嫌をアピールしているようです。


     垂直跳びも見せてくれました。
    2Z6A2792-20240117.jpg

     ダイナミックな垂直跳びも見せてくれました。
    2Z6A2617-20240117.jpg

     何回も垂直跳びをするものですから、ファインダーから目が離せません。
    2Z6A3098-20240117.jpg

     翼を大きく広げるのは何回も何回もしていました。
    2Z6A3105-20240117.jpg

     斜め後ろ向きも撮ってみました。あと撮っていないのは飛翔姿。これは夢の中で撮ってみたいと思っています。
    2Z6A3173-20240117.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ + Gitzo,Sachtler

    極めて稀なソデグロヅル(第3回目撮影) 福井県にて  

     令和6年(2024年)1月13日撮影。
     この日の朝はアラレ、雨、風が強くソデグロヅル撮影にはどうかな、という天気でした。雨雲レーダーで福井県の様子を見てみると、お昼ごろには雨雲がかかっていないので出発。途中の高速道では激しい雪、みぞれでしたがサービスエリアでは晴れ間ものぞきましたが、それも一時的で時雨とくもり状態に。現地到着して撮影時間は曇状態でしたが後は雨となりラッキーな撮影でした。この日で3回目の撮影で、毎回同じような画像の量産となっていますが、一生出会えないような頻度のソデグロヅルですので撮影回数は少なすぎるかも知れません。

     伸びをするソデグロヅル。


     ツルらしく翼は美しくて大きく立派。
    2Z6A1287-20240113.jpg

     ソデグロヅルという名前の通り、両翼の先端は黒色です。ただ、幼鳥の名残の茶色の羽根もありますので、成鳥に近い個体かも知れません。
    2Z6A1288-20240113.jpg

     思いっきり翼を伸ばしたところもパチリ。
    2Z6A1295-20240113.jpg

     不思議なほど人懐こいソデグロヅルの顔。
    2Z6A0671-20240113.jpg

     ソデグロヅルは体が大きいので良く食べること。休憩時以外は田んぼを歩き回って食べ物探しをしています。次回のUPは4回目の撮影で10回くらい垂直跳びなどしてくれた様子です。
    2Z6A0938-20240113.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ

    極めて稀なソデグロヅル(第2回目撮影) 福井県にて  

     令和6年(2024年)1月11日撮影。
     第1回目の撮影の時は、初対面の極めて稀なソデグロヅルを撮るということが目的でした。撮影時は「これがソデグロヅルというのか」、体が大きい鳥だなととにかく撮ることに集中していました。しかし、帰宅して画像を整理していると何か物足りなさを感じていることに気付きました。画像を見てもソテグロという説得力に欠けているので改めて現地を訪問してみました。この日は翼をひろげたところを、翼の先が黒い所を撮るのが目的です。

     都合よく翼を広げてくれるかが問題でしたが、到着して間もなく翼を広げスキップするように田んぼを駆けてくれました。願ったり叶ったりですが突然のことで心の準備もできていませんでした。


     翼の先端(初列風切)が黒いのが撮影できました。
    2Z6A9575-20240111.jpg

     羽根には茶色も混じっていますので、若い個体かも。1羽で飛来していますがご機嫌麗しく元気そのものです。
    2Z6A9576-20240111.jpg

     翼を閉じるところです。ソデグロヅルの名前の所以が確認できて、ホッとしました。
    2Z6A9581-200240111.jpg

     そして良く食べること!
    2Z6A9973-20240111.jpg

    顔そのものは怖そうですが、とてもフレンドリーです。ツルらしく飛び跳ねる姿を撮りたいものです。
    2Z6A9790-20240111.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ

    ▲Page top