ホオジロ - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    ホオジロ  

     平成26年11月22日撮影。
     午後からの所用も湖岸近くの会場であったため、帰りに川に寄ってみました。会議用の服装で野鳥観察は初めてでした。

     ホオジロが、紅葉した桜の葉の枝に留まってくれました。桜は落葉しだすと、アッと言う間ですので、この日がなんとかラストチャンスだったように思います。
    IMG_4916 20141122

    仲良しのホオジロ  

     平成26年11月20日撮影。
     近所の川はイカルチドリも多く、ベニマシコも飛来します。この日は様子見ということで川沿いの道路をゆっくり歩いていました。ホオジロも多く、側からよく現れます。赤っぽいホオジロと思って撮ったのがベニマシコでしたが、距離があり小さいのでピントが合っていなくて残念でした。

     こんなに可愛らしい2羽のホオジロが目に留まり、思わず撮影しました。お互い留まっているのは、若干前後していますが、2羽が並んでいるように写っています。
    IMG_2170 20141120

     仲良し兄弟のようで、遊びに行くところでも相談しているのでしようか。
    IMG_2173 20141120

     お兄ちゃんの話に聞き入っているようです。面白いですね。
    IMG_2180 20141120

    ホオジロ 若鳥と出会いました  

     平成26年10月6日撮影。
     田圃周辺の散策時に撮りました。ちょうどキビタキを撮った直後に留まりましたので、キビタキと間違いそうになるくらい綺麗な羽の色でした。ホオジロの若鳥です。

     まだあどけなさが残っており、顔の模様も成鳥のようにハッキリしていません。
    IMG_6412 20141006

     一人前に冠羽を立てたりもしていました。自宅付近は、ホオジロがとても多いですが、若鳥を見たのは初めてです。
    IMG_6414 20141006

    ホオジロ  

     平成26年9月7日撮影。
     カワガラスを撮った砂防ダムの付近は、ススキの穂が一面を覆い尽くすように出ており、すっかり秋めいた様子です。そのススキの穂にホオジロが留まっていました。逆光でしたので露出補正をしています。

     羽の色から、ホオジロの若鳥と思われます。この付近は冬季は雪に閉ざされるようになります。少々の雪と思っても、ノーマルタイヤですと四駆でも脱出不能になる恐れがあります。その頃には、野鳥達は姿を消し、里で見られるようになります。
    IMG_2766 20140907

    山頂のホオジロ  

     平成26年8月7日撮影。
     この日の伊吹山の山頂では、ホオジロとウグイスの鳴き声がよく聞こえていました。まるで春先にタイムスリップしたようです。ウグイスは注意していましたが、姿を見ることは出来ませんでした。

     ホオジロは、自宅近くでも良く囀っていますが、山頂では更に気持ちよく囀っているようでした。
    IMG_9430 20140807

     違う方向からも同じように囀りが聞こえてきます。お互い、囀りでコミュニケーションをとっているようです。
    IMG_9451 20140807

     もう1羽のホオジロに近付き撮影。囀りが得意なホオジロ同士ですので、どちらも負けず劣らずでした。何れの画像も逆光でしたので、露出補正しています。
    IMG_9463 20140807

    ▲Page top