アマサギ - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    アマサギ、複数羽が田んぼに 長浜市にて  

    令和6年(2024年)5月13日撮影。
     コウノトリとアマサギがトラクターを追いかけて採餌している様子を撮った後次の場所に向かっているとコウノトリと直ぐ近くにアマサギの小集団がいました。雨が降っているのは残念ですが、久しぶりに見る光景でしたので停車して暫く撮影しました。アマサギの夏羽は亜麻色の貴婦人と言われるだけあって美しく見入ってしまいました。

     5㍍位の距離にいたアマサギ。


     畔にもいました。
    2Z6A2351-20240513.jpg

     全員飛ばずに撮りやすい距離で撮影できたのは助かりです。
    2Z6A2337-20240513.jpg

     冬鳥、旅鳥、そして夏鳥と季節は着々と進行しています。人間は鈍感ですが、夏鳥を見ると夏が来たな、と実感します。
    2Z6A2329-20240513.jpg

     田んぼの中ほどにもいました。
    2Z6A2283-20240513.jpg

     まわりを撮って最も近くにいたアマサギをもう一度撮ってみました。
    2Z6A2301-20240513.jpg

     田んぼの中ほどにいたアマサギが羽を膨らませたで瞬間的にシャッターを押しました。
    2Z6A2282-20240513.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ

    アマサギ 小浜市にて  

     令和5年(2023年)6月8日撮影。
     ここ最近は体調不良のため暫くブログの更新が滞っていましたが、何とかPCを操作する気力が出てきましたので、ボチボチですが載せさせていただきます。
     この日は、小浜のコウノトリのヒナが気になっていたので覗きに行ってきました。巣搭に向かう途中、思ってもいなかったアマサギの姿を発見。大抵は近所で良く見掛けるのですが、小浜のアマサギが今季初めてであったのは思いもよりませんでした。

     4羽いましたが、農道から撮りやすいアマサギを撮ってみました。


     アマサギは夏鳥で、繁殖期を迎えるとオレンジ色になります。
    CF1A3671_1-20230608.jpg

     アマサギの羽色はとても綺麗で、撮らないまでも見入ってしまうほどです。今回も通り過ぎたあと、気が付きバックして撮りましたが無意識でも脳が憶えていたようです。
    CF1A3700_1-20230608.jpg

     後ろ向きで羽繕いする姿も綺麗でした。
    CF1A3719_1-20230608.jpg

    コウノトリエリアでのアマサギ 長浜市にて  

     令和4年(2022年)5月27日撮影。
     この日もコウノトリを撮る前にアマサギと出会い、早く撮らねばと焦る心を抑えながら撮ったアマサギです。中途半端な距離であれば諦めもつきますが、意外にも今年最短距離にいるので本気モードで撮影してしまいました。何時もは姿を見れば飛んでしまいますが、何時も通っていたらアマサギも憶えるのでしょうか?

     結構早足で田んぼを歩くアマサギ。


     距離が近いからといって安易に撮るとピントが甘くなったりしますので、気合を入れての真剣本気モード撮影です。
    EJ3Q4551_1-20220527.jpg

     畦を越えようとするアマサギ。
    EJ3Q4560_1-20220527.jpg

     畦で暫く止まると思っていたら直ぐに降りました。
    EJ3Q4566_1-20220527.jpg

     急ぎ足の大股で歩いています。
    EJ3Q4568_1-20220527.jpg

     何の変化もない画像ですが、高速連写のため同じ様な画像の大量生産となってしまいました。
    EJ3Q4569_1-20220527.jpg

    アマサギ、コウノトリ撮影ついでに 長浜市にて  

     令和4年(2022年)5月26日撮影。
     コウノトリの観察時によく見るアマサギ。コウノトリを撮った後であれば落ち着いて撮れるのですが、この画像はコウノトリの前に撮ったものです。アマサギは今季は見る機会が少なく、是非とも撮ってみたいしコウノトリも早く見付けたいしで葛藤のアマサギ撮影でした。

     もう1羽のアマサギに近付いていくアマサギ。


     2羽はペアでしょうか。
    EJ3Q4116_1-20220526.jpg

     本州では夏鳥のアマサギ。冬は九州方面で越冬するようです。湖北ではアマサギの巣は見たことがなく、通過するだけのように思われます。
    EJ3Q4050_1-20220526.jpg

     例年であればトラクターの後についているのを見掛けますが、今年はその光景を全く見ていません。
    EJ3Q4100_1-20220526.jpg

     アマサギは数そのものは増えているようですが、以前のほうが良く見掛けているのは渡りのルートが変わったのでしょうか。
    EJ3Q4130_1-20220526.jpg

    ようやくアマサギ 長浜市にて  

     令和4年(2022年)5月6日撮影。
     隣県の福井県では子育て中のコウノトリの巣搭があちらこちらにあるのに、滋賀県では巣搭は空き家状態どころか今のところコウノトリも飛来していないに等しい状況です。コウノトリは周辺の変化を敏感に感じ取っているのかも知れません(私見)。所要のついでに、田んぼなどを見て回りました。

     まず最初にアマサギ。少し遠いところにいましたが何とか撮れたのは今季初めてでした。少し前に、はるか遠くにそれも超逆光で撮るには撮ったのですが見るに耐えない写真でした。


     畦に潜んでいる虫を探しているようです。
    EJ3Q1394_1-20220506.jpg

     こちら向きになったので近付いてくるかと思いきや、意に反して遠ざかりました。
    EJ3Q1403_1-20220506.jpg

     作業中のトラクターのそばにいる場合は採餌に夢中のためか、直ぐそばで撮ることが出来るのですが今のところシラサギ、アオサギばかり。
    EJ3Q1405_1-20220506.jpg

     アマサギは田植えの頃が最も美しく見えるようです。
    EJ3Q1409_1-20220506.jpg

    ▲Page top