アマサギ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    アマサギ 高時川付近の田んぼにて  

     平成28年9月7日撮影。
     稲刈りが済んだ田んぼに10羽ほどのアマサギが集結していました。数多くアマサギを撮っていますが9月の撮影は初めてです。例年5月を中心に撮っていますが秋の気配が感じられる9月のアマサギは南国への渡りの途中でしょうか。私自身は11月にもアマサギを撮っていますので、正直アマサギの行動がよく分かっていません。理屈抜きで綺麗なアマサギに都度出会うことは素晴らしいと思っています。

     何でアマサギ?と停車して観察すると、近くで稲刈りのコンバインが動き始めようとしていました。トラクターとかコンバインが大好きなアマサギ。労せず餌が飛び出してくるのをよく知っているようです。
    CF1A2191 20160907

     亜麻色の貴婦人と言われるようにあらゆる姿が綺麗で魅力的です。
    CF1A2196 20160907

     例年アマサギとの出会いは5月が多く、当時は田植えの準備か稲の苗を植えた段階でしたが、この日の出会いは稲刈りも済みひこばえがこんなに育っています。
    CF1A2205 20160907

     すでに冬羽になっているアマサギも。純白のアマサギも綺麗です。
    CF1A2213 20160907

     早くコンバインの稲刈りが始まらないか、首を長くして待っているようです。
    CF1A2226 20160907

     コンバインの運転のため、農家の方が近づいたため一時待避したアマサギ。これから刈り取ろうとする田んぼの畦にいるところを
    撮ったものですが、小さいアマサギはとても撮りにくいものです。 
    CF1A2250 20160907

    アマサギ2羽飛来していました 自宅近くにて  

     平成28年7月27日撮影。
     この日の午前7時頃犬の散歩をしていると、遠くに10羽くらいのシラサギがおり、その内頭部の黄色っぽいサギがいるようでしたので、急いで帰宅し車で確認に出向きました。やはりアマサギ2羽が飛来していました。

     5月には数多くのアマサギがやって来ましたが、それから約2ヶ月ぶりのアマサギです。
    CF1A9261 20160727

     まだ朝露に濡れた田んぼで餌探しをしています。この稲はこの辺りで一番遅く植えられたものです。
    CF1A9284 20160727

     昆虫のようなものをパクリ。
    CF1A9288 20160727

     飛来したのはこの2羽です。この日の少し前に、京都市山科区まで出掛けたときに琵琶湖線の車窓から彦根市を過ぎた辺りでアマサギの集団を見ていましたので、湖東まで撮りに行きたいと思っていたところでした。
    CF1A9335 20160727

     この日の夕方の元気な姿です。稲は穂が出ています。
    CF1A9416 20160727

     久しぶりに仲良しの2羽のアマサギを見ることができました。5月のアマサギは9日間滞在してくれましたが、この2羽の姿は翌日には見掛けることはありませんでした。また出会える日を楽しみに待っています。
    CF1A9420 20160727

    アマサギ ヘラサギの近くにいました  

     平成28年5月14日撮影。
     ヘラサギがいたすぐ近くにはアマサギもいました。ヘラサギは冬鳥、アマサギは夏鳥で願わくは両方が近付いてくれないかと様子を見ていましたが、その様な気配はなく別々の撮影となりました。

     アマサギは既に数多く撮っていますが、ヘラサギの直ぐ近くにいたため記念撮影。
    CF1A2874 20160514

     仲良く餌探しをしています。アマサギはシラサギ同士は仲がよいようです。
    CF1A3248 20160514

    アマサギ 滞在最終日には仲間がやって来ました  

     平成28年5月12日撮影。
     自宅直ぐそばのアマサギはこの日が滞在9日目でした。ほとんど1羽で過ごしてきたアマサギですが、仲間が呼びに来たのかこの日は早朝から4羽になっていました。午前8時過ぎから夕方まで湖南から湖西方面に出掛けていましたので昼間の観察は出来ませんでしたが、翌日には全員不在となっていました。寂しくなりましたが、貴重な思い出を残してくれました。

     田植えが済んだ田んぼを飛ぶアマサギ。
    CF1A1730 20160512

     ダイサギとも仲が良かったのですが、チュウサギとは特に気があっていたようです。
    CF1A1737 20160512

     畦に咲く花も、アマサギが側にいると綺麗に見えます。
    CF1A1749 20160512

     夕方遅くまで4羽を確認していましたが、翌朝にはチュウサギを含めサギ類全員が不在でした。9日間も滞在してくれましたが、場所を移動したようです。今でも犬の散歩の時には、アマサギを探してしまいます。
    CF1A1794 20160512

    アマサギ トラクターが大好き  

     平成28年5月9日撮影。
     一通りのシギ、チドリの撮影を終え北陸自動車道手前の田んぼに差しかかると、トラクターのまわりに群れているアマサギを発見。数えてみると10羽でした。一度に10羽ものアマサギは滅多に見られませんので、ハザードランプを点け車内から撮影しました。

     トラクターが田んぼを耕すとカエルなどが跳びだしてくるのでしょうか。
    CF1A1225 20160509

     1羽だけ夏羽になっていない白いアマサギもいました。
    CF1A1302 20160509

     トラクターを見つめる眼差しは真剣そのものでした。
    CF1A1348 20160509

     正面から見るとこんな顔をしています。動物園の大きな鳥のようですね。
    CF1A1411 20160509

     夏羽のアマサギの方が見慣れていますので、アマサギらしく見えます。
    CF1A1415 20160509

     アオサギも仲間になっています。
    CF1A1476 20160509

     作業が終わり、トラクターが農道に上がっても付きまとっています。昔は牛の後についていたアマサギは、今はトラクターの後についています。人には近付かないのに、トラクターにはアマサギの方から近付きます。面白い習性ですね。
    CF1A1495 20160509

     このアマサギは自宅直ぐそばで滞在しているアマサギです。滞在6日目となりました。雨が降っていましたので飛翔姿のみです。
    CF1A0433 20160509

    ▲Page top