コウノトリ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    川に佇むコウノトリ(J0501) 高島市にて  

     2020年(令和2年)2月26日撮影。
     この日J0501は現地に到着すると川に降り立つところでした。魚でも捕るのかなと思って橋からその様子を撮るべしでスタンバイすれども動く気配は無し。川で寛ぐためのようで私的には期待外れでしたが、仕方がないので寛いでいる様子を撮影しました。J0501との距離はおよそ100㍍で、全てノートリミングです。

     最初は魚を捕りながら近付いて来ることを期待していましたが、動かず。
    CF1A1605_1 20200226

     待てども待てども動かず。
    CF1A1607_1 20200226

     固まったように依然として動かず。風は冷たくこの時点で根比べは負けています。
    CF1A1613_1 20200226

     この地でJ0501の仲良しは向こう側のダイサギで、何時も行動を共にしているとのことです。
    CF1A1621_1 20200226

     こちらを向いてくれましたが完全に寛ぎモード。
    CF1A1628_1 20200226

     橋から撮った人工巣塔。豊岡のコウノトリ湿地ネット及び地元のご尽力により、設置されたもので、コウノトリにとっても地元にとっても夢膨らむ人工巣塔です。
    CF1A1647_1 20200226

      この川はびわ湖へと流れており、ビワマスなどの遡上でも有名な河川です。堰には魚道が設けられて遡上に対する配慮がされています。
    CF1A1664_1 20200226

    コウノトリ(J0501)、不安定な所に 高島市にて  

     2020年(令和2年)2月24日撮影。
     この日の午前には取材の関係で関係者が野鳥センターに集まり、資料を提供後高島市へJ0501観察に向かいました。到着までは見付けられるか不安が交錯しますが、運良く発見できたときはホッとします。実際現地はほぼ平坦ですが水路が多く、川もあり何処にいるか分かりません。水路は深く、入ってしまえば難しくなります。ですから、畦とか電柱にいると正直ホッとします。来て良かったと思います。

     良く見ると一寸面白いところに留まっているJ0501。器用なもんだと思っていると・・・。
    CF1A1211_1 20200224

     風も少しあるためか、不安定なようで翼を広げてバランスをとっています。
    CF1A1256_1 20200224

     コウノトリの翼は大きくて素晴らしく奇麗なため、撮影している方はよろしいですが、コウノトリはバランスをとるのに懸命です。
    CF1A1259_1 20200224

     何回もバタバタしていました。
    CF1A1262_1 20200224

     横の金属製の支柱に足をかけたJ0501。
    CF1A1292_1 20200224

     支柱の方が安定するようで、やっと落ち着きました。見ている方は、もっと留まりやすい所でと思いますが、コウノトリは大丈夫のようです。
    CF1A1344_1 20200224

    早朝にコウノトリの足環確認へ 長浜市にて  

     2020年(令和2年)2月20日撮影。
     J0209をJ0234と間違うのは言い訳関係無しに大失敗でした。指摘されるまでは一応自信があったので、正直なところ恥ずかしくて赤面ものでした。今回の件で青と緑、緑と黒が光線などの関係で余程注意しない間違いし易いことがよく分かりました。前日は夕方の強い逆光を意識して、露出をオーバー気味に設定しての撮影でしたので、この日は午前7時30分の光の中で足環の再確認のための撮影に出向きました。結果的には、注意深く足環を見れば青と識別出来ますが、朝日の中でも曖昧な写りとなるものもありました。
    私以外の調査員さんもJ0209の足環は間違いやすいと指摘されておられましたので、少し救われた気持ちです。

     手前はJ0170。ドジョウを捕ったところです。
    CF1A0002 20200220

     J0170で、足環は右:黄黄、左緑黒。緑は緑らしく写っています。
    CF1A0024_1 20200220

     問題のJ0209。足環は右:黄青、左黄緑で右の青を緑としたのは誤りです。しかし、落ち着いてパッと見右の青は緑っぽく見えませんか?このこたいの足環の特徴は間違いやすいということらしいです。
    CF1A0026_1 20200220

     この日も2羽仲良く採餌です。
    CF1A0038_1 20200220

     この画像では、J0209の右足は黄青に見えます。撮る位置によって緑に見えたり青に見えるので識別に当たって要注意とのことです。
    CF1A0116_1 20200220

     いかがでしょうか。2羽とも足環が緑に見えるのは不思議にさえ思えます。
    CF1A0138_1 20200220

     個体の識別は簡単なようで難しいものです。意識して足環を撮影し、PCで拡大して細心の注意を払って個体の識別する必要があります。そうした注意を払いながらの識別も楽しいものです。
    CF1A0142_1 20200220
     2020年(令和2年)2月19日撮影。
     この日の午後5時前に地元にコウノトリが2羽飛来しているとの連絡を受け、早速現地に向かいました。車で数分ですので暗くなるまでに撮影が可能なのが助かります。ただ、夕日が強く逆光を懸念していましたが、現地でもそのためほぼシルエットのコウノトリでした。何としてでも足環を撮る必要がありましたので露出補正により何とか足環を写せました。

     夕日を受けながら採餌するJ0209。
    CF1A9042_1 20200219 - コピー

     こちらはJ0170。2羽ともこの地には飛来経験のあるコウノトリです。
    CF1A9067_1 20200219

     J0209。 
    CF1A9154_1 20200219

     実はこの右の足環を黄、緑と間違ってコウノトリ市民科学にはJ0234として報告していたのですが、事務局から「もう一度確認願えませんか。」との連絡があり、「エッ!?」ということで、翌日再確認に出向きました。その結果黄、青のJ0209で大失敗でした。
    CF1A9160_1 20200219

     仲良く一緒に採餌していたJ0170。
    CF1A9202_1 20200219

     ドジョウなどを食べているのですが確認は出来ませんでした。コウノトリは田んぼによく入りますので、稲を食べるとの誤解があるようですが動物食ですので稲や麦などは食べません。
    CF1A9205_1 20200219

     J0209とJ0170。2羽はとても仲よしで気が合っているようです。
    CF1A9269_1 20200219

     こんなに仲が良いので、もしかしたら巣作りと期待したのですが2羽は女の子同士でした。
    CF1A9325_1 20200219_1

    コウノトリ(J0501)、動かず 高島市にて  

     2020年(令和2年)2月14日撮影。
     この日も大津市からの帰りは湖西周りで、コウノトリ(J0501)の様子を観察するつもりで立ち寄ってみました。ただ、時間が午後5時前でしたのでどうかなとは思っていました。直ぐに発見できたのですが、案の定お休みモードで動く様子はありませんでした。この個体がJ0501であることは明らかではありますが、一応両足の足環を撮ってこの場を後にしました。

     完全にお休みモードのJ0501。今日一日ザリガニや魚などを捕って大満足のようです。
    CF1A6697_1 20200214

     コウノトリは我が国で生まれた個体は両足に足環が付けられており、容易に個体を識別できるようになっています。
    CF1A6711_1 20200214

     これが初見の個体であれば、両足の足環を確認する必要がありますので、コウノトリが動いて確認できるまで待つ必要があります。実際に真夏に車の中で1時間以上待ってたことがありますが、簡単なようで大変な作業となります。
    CF1A6734_1 20200214

     J0501、申し訳程度に横向きになってくれ右足の足環が確認できましたのでバイバイしました。
    CF1A6764_1 20200214

    ▲Page top