コウノトリ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    コウノトリ暫くお別れか? 長浜市にて  

     平成30年10月20日撮影。
     この日は畑作業などが忙しく、一段落した夕方にコウノトリ観察となり、結果的に悔やまれる結果となりました。何時も身近なところにいて、何時でも見られたコウノトリ。何時かは旅立つことは分かっていても、そうは思いたくないのが正直な毎日でしたが、ブログ掲載日、その前日とその姿はありませんでした。また帰ってくると信じていますが、何処へ行っているのでしょうか?

     何時も重点的に観察していた戸島生まれの一人っ子のJ0195。戸島君と呼んでいましたが、全員不在となる前に出会えて良かったと思っています。
    CF1A1874 20181020J0195

     溜池の奥にはJ0188。羽の特徴で個体は判別できるようになっていました。
    CF1A1924 20181020J0188

     溜池にはJ0178も。あとJ0150も撮っていますが、写りが思わしくなく「コウノトリ市民科学」に載せる分しかありませんでした。今までにも何日か不在でも、いつの間にか帰ってきていることがありましたので、そのように思い続けています。
    CF1A1981 20181020J0178

    コウノトリ3羽やっと見付けました 長浜市にて  

     平成30年10月19日撮影。
     大津市まで出向いた関係で午後3時頃のコウノトリ観察となりました。この時間帯はまだ餌場から戻っていないと思っていましたので、現地をグルグル回って、やっと3羽のコウノトリに出会えました。最近は行動範囲が広くなり琵琶湖方面まで羽を伸ばしているようで、何時もの場所に不在でも探すのは難しくなっています。昼間はコウノトリを見付けるのは、宝物探しのようで楽しく面白くもあります。

     先ず、J0188。幼鳥ですがお姉さん鳥のJ0167と一緒に採餌していました。
    CF1A1459 20181019

     J0167。メスの若鳥で幼鳥たちの面倒をよく見ている頼もしいコウノトリです。3月19日に飛来を確認して以来、7ヶ月間も滞在しており、日々滞在記録を更新しています。
    CF1A1517 20181019J0167

     少し離れた所にはJ0150が二番穂の実った田んぼで採餌していました。時間の関係で出会えただけでも良しのコウノトリ観察でした。
    CF1A1615 20181019J0150

    不思議なくらい仲良しコウノトリ 長浜市にて  

     平成30年10月18日撮影。
     この日は動物病院開院と同時にイヌ2頭に9種混合ワクチンを接種。それぞれ10歳を超えているため、これが最後のワクチン接種とのこと。なんだか余命宣告をされたようで寂しく感じました。まだ2頭とも年齢が感じられないほど元気ですので、元気を貰いながら一緒に遊んだりして過ごしていこうと思っています。その高月町からの動物病院の帰り道にコウノトリを撮ってみました。

     何と畔に5羽のコウノトリが横一列の団子状態。脚環が分かり難いので、撮影位置を少し移動してみました。
    CF1A1223 20181018

     左からJ0195、J0188、J0178、J0193、J0167の5羽。幼鳥3羽と若鳥2羽です。全員羽繕いタイム。
    CF1A1249 20181018

     J0195。まだピヨビヨの時から羽繕いが特技だったようです。その時はきっと仕草が可愛らしかったのでしょうね。
    CF1A1345 20181018J0195

     少し離れてJ0150が1羽で採餌していました。J0196はこの辺りには見当たりませんでしたが、本日(平成30年10月20日)7羽全員が一緒のところが確認されていますので健在です。
    CF1A1393 20181018J0150

    仲良しコウノトリ 長浜市にて  

     平成30年10月16日撮影。
     この日も先ず湖岸のレンカク詣で。しかし、距離が想像以上に遠く私のカメラの性能と腕では如何ともし難い状況でした。ブログに載せられるような画像は得られませんでした。早朝にはコウノトリ6羽と出会えましたので、微笑ましい光景を載せさせて頂きます。この日はJ0196を除く6羽が観察でき、既に「コウノトリ市民科学」に入力済みです。

     コウノトリ3羽が仲良く採餌しています。真ん中が幼鳥のJ0195。右がJ0150、左はJ0167で、J0195にしてはお兄さん、お姉さんコウノトリと一緒に食事タイム。羽ばたきが嬉しさを表現しているようです。
    CF1A9657 20181016J0195

     3羽横一列に並んでの採餌。一番手前がJ0195で戸島湿地で巣立った一人っ子ですが、我が子のように見守った関係者の方々の心配をよそに皆と仲良く過ごしています。
    CF1A9722 20181016J0195

     コウノトリのそばを登校する小学生たち。「行っていらっしゃい」とコウノトリ。下校時も同じ光景が見られる微笑ましい光景です。コウノトリはこの地域の住民の一員です。
    CF1A9490-1 20181016

    コウノトリJ0196他  

     平成30年10月14日撮影。
     この日はコハクチョウの初飛来、レンカクを撮りコウノトリ観察に回りました。コウノトリは7羽がほぼ同じ所に集まっていましたが、その内5羽が農道にいたため撮影しやすい場所に移動するわけにもいかず、近付いて来た少数だけを撮りましたので、J0196とJ0195の2羽を載せさせて頂きます。なお、この日の様子は「コウノトリ市民科学」に入力済みです。

     畦で採餌するJ0196(はるかちゃん)。
    CF1A8286 20181014J0196

     農道をトコトコと近付いて来たJ0196。
    CF1A8266 20181014J0196

     J0195も畔で採餌していました。この日、何時もの場所は軽トラがたくさん集まって何やら作業をされていましたので、かなり南寄りで集まっていました。
    CF1A8316 20181014J0195

    ▲Page top