コウノトリ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    荒天の中、採餌するコウノトリJ0103  

     平成29年4月11日撮影。
     この日は大荒れの天気で、風も強く雨も激しく叩き付けていました。強風で車も揺さぶられるほどでした。彦根市のA氏から、こんな強風の中J0103は田んぼで採餌している旨の連絡があり、少し風が落ち着いた時を見計らって現地に出向きました。コウノトリは雨でびしょ濡れになりながら採餌している姿がありました。

     コウノトリは1日に約500㌘もの餌が必要です。荒天でも採餌をお休みすることは出来ないようです。
    CF1A1594 20170411

     隣の田んぼに移動のため、畦に立ったJ0103。
    CF1A1634 20170411

     車中から撮影している私の方を見ているようです。「こんな日に、ご苦労さんですね。」とでも言っているようです。
    CF1A1638 20170411

     雨の中、この様な表情も見せてくれました。コウノトリは荒天でも気にしていないようで、綺麗な見かけによらず逞しい鳥です。
    CF1A1640 20170411

     嘴を少し開けてのご愛敬でしょうか?
    CF1A1641 20170411

     ドジョウを喉に放り込むJ0103。昨日(4月29日)もドジョウを食べ続けていました。いくらでも食べ物があるようです。
    CF1A1901 20170411

    コウノトリ(J0103♀) ドジョウが大好物です  

     平成29年4月9日撮影。
     コウノトリのJ0103は田植え準備が始まる前の花の園のような田んぼでドジョウ捕りに余念がありません。コウノトリはドジョウが大好物ですが、他にザリガニ、タニシ、カエル、オタマジャクシ、は虫類などを食べます。長浜に飛来して久しいJ0103はザリガニなどには目もくれずにドジョウ捕りに専念する毎日を過ごしています。

     此処はドジョウが食べきれないほどで、探すときもルンルンのJ0103。
    CF1A0980 20170409

     早々にドジョウをゲット。
    CF1A1032 20170409

     捕ったドジョウを器用に喉に放り込みます。あっという間の早業です。
    CF1A1138 20170409

     またまたドジョウをゲット。
    CF1A1151 20170409

     呑み込んだ後の満足そうな表情。
    CF1A1171 20170409

     広い田んぼをエンドレス状態でドジョウを食べ続けていました。見ていても幸せそうです。
    CF1A1337 20170409

     湖北はようやく桜が咲き始めました。J0103がいる近くの溜池の桜です。満員状態だったカモたちも殆ど姿が見られません。
    IMG_0505 20170409

     この日の桜は開花したばかりのようです。美しいコウノトリに美しい桜でした。
    IMG_0512 20170409

    3羽は離ればなれに 1羽になったJ0103  

     平成29年4月7日撮影。
     この日は雨降りでしたが、自宅から近いということもありコウノトリの様子を見てきました。3羽から2羽になり、J0103だけが雨の中、田んぼに佇んでいました。豊岡生まれの姉妹が仲良く大空を楽しそうに舞っていたのは夢物語の思い出となってしまいました。しかし、最近では東近江市で豊岡、越前、野田のコウノトリが一緒に行動し、長浜市では姉妹のコウノトリの出会いと夢のような現実が連続し、私たちに夢と幸せをもたらしてくれたようです。

     雨の中、休憩モードのJ0103。
    CF1A0684 20170407

     雨を振り払うように翼を広げブルブルッ。
    CF1A0708 20170407

     すっきりして、次は飛び立ちです。
    CF1A0737 20170407

     コウノトリは大型の鳥ですが、飛び立つときはいとも簡単に飛び立ちますので注して観察していないと、何時飛び立ったのか分からないときがあります。
    CF1A0741 20170407

     コウノトリの翼は長く、大きくそしてとても美しいです。
    CF1A0747 20170407

     田んぼ横の竹藪を越えて降り立ったようですので、帰りに探してみても見当たらずでした。竹藪の向こうには川がありますので、何処かで採餌していたものと思われます。なお、3羽いたうちの1羽は新潟県を旅し、もう1羽は生まれ故郷の豊岡に戻っているようです。
    CF1A0762 20170407

    コウノトリ3羽、戻ってきていました  

     平成29年4月4日撮影。
     自宅からさほど遠くないところにコウノトリ3羽が飛来し、喜びもつかの間で北方を目指して3羽とも消失していましたので、仕方がないものの諦めきれない気持ちがあり、1羽でも舞い戻っていないか淡い期待を抱きつつ、3羽の居たところを訪れました。そこで見た光景はまさに夢物語のようで3羽が空高く舞っていたのです。高く優雅に舞って田んぼに降りたようですので、付近をいくら探したも見あたらず、一旦引き上げ午後からも現地を訪れましたが居ませんでした。3羽の姿を見たのはこのときが最後で、1羽のみ後日確認できましたが、2羽は旅立ってしまいました。お別れに舞い戻ってきたような、まさに夢物語となってしまいました。
     
     空高く舞う3羽のコウノトリ。左がJ0116、野田市のみきちゃんです。真ん中が、J0103です。右がJ0131でJ0103とは姉妹です。
    CF1A0301 20170404

     足輪と翼の特徴から、J0131。
    CF1A0331 20170404

     湖北でおなじみのJ0103。
    CF1A0334 20170404

     GPSアンテナを付けているJ0116。千葉県野田市で放鳥されたコウノトリ。よく湖北まで来てくれました。3羽の舞姿は何時までも私の記憶に残り続けることと思っています。
    CF1A0358 20170404

    コウノトリの飛翔 長浜市にて  

     平成29年4月2日撮影。
     Part1とPart2で豊岡のコウノトリの姉妹が湖北で出会った様子を掲載させていただきました。姉妹のほか野田市放鳥のコウノトリも一緒でしたが3羽とも仲良くしており、滞在を楽しんでくれているようでした。田んぼから田んぼへと飛ぶ姿も嬉々としているようでした。

     J0116。野田市放鳥のコウノトリです。
    CF1A9095 20170402

     同じくJ0116。
    CF1A9100 20170402

     同じく、高いところを飛ぶJ0116。
    CF1A9211 20170402

     豊岡市のコウノトリJ0103。
    CF1A9299 20170402

     J0103、大きな体に似合った立派な翼です。
    CF1A9304 20170402

     J0103。この立派な翼で上昇気流をとらえ、長距離の旅も気の向くまま自在です。
    CF1A9306 20170402

    ▲Page top