ノスリ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ノスリ 湖岸近くにて  

     平成31年2月13日撮影。
     今季はノスリは数回ほどしか撮っていませんでした。数多く出会っていながらノスリに対して申し訳ない気持ちもありましたので、久しぶりに電柱に留まっているところを撮ってみました。今季は冬鳥が少なかったものの、オシドリ、トモエガモ、ミコアイサ、アメリカヒドリなど撮影に通うことが多く、例年と比べて撮影バランスが偏ったように思えます。このノスリは警戒心が強いと思ってレンズを向けてみましたが、フレンドリーで色々な表情を見せてくれました。

     先ずは遠くから、そして車内から撮影。テレコンを付けていますので、実際はかなりの距離からです。
    CF1A4863 20190213

     飛ばないので気を良くして少し近付いてみました。こちらをジ~ッと見つめるノスリ。
    CF1A4867 20190213

     飛ぶどころか、羽繕いを始めました。
    CF1A4874 20190213

     羽繕いが終わった後は眠たそうな様子。ここで暫く食後の休憩をしたかったのかも知れませんね。
    CF1A4882 20190213

    ノスリ、随所で見掛けます 長浜市にて  

     平成30年12月19日撮影。
     姉川から山本山に向かう途中、湖岸近くの電柱にノスリが留まっているのに気付き停車。少々近付きすぎたようですが警戒心は無いようですので車内から撮影しました。大抵は飛ばれてしまいますが、このノスリは全く気にせずに獲物を探し続けていました。ノスリやチョウゲンボウは自宅付近でもよく見掛けることもあり、撮影はパスすることが多いのですが、この場所でコハクチョウの飛翔が見られたこともありついでに撮ったものです。

     電柱から獲物を狙っているノスリ。
    CF1A1958 20181219

     色々な角度で田んぼを見ていました。
    CF1A1970 20181219

     後方もバッチリ状況を把握しています。コハクチョウが付近を飛んでいましたので、暫しレンズを向けている間にノスリの姿は消えていました。獲物を見付けたようです。
    CF1A1979 20181219

     帰路での最終観察地の西池。かつてのコウノトリの姿はなく、代わりにダイサギが佇んでいました。
    CF1A2173 20181219

    ノスリ飛翔 長浜市にて  

     平成30年11月7日撮影。
     ノスリが随分多く見られるようになっています。この日のノスリは、つい最近までコウノトリが滞在していたところで撮ったもので、帰路には大抵立ち寄っています。早く帰ってきて欲しい、もしかしたら帰ってきているかも、という気持ちは毎日あります。地元の方も同じ思いで、毎日の観察が日課となっていたのに、コウノトリが不在のため生活のリズムも何かを忘れたような毎日です。コウノトリの代わりにノスリを撮ってみました。

     ノスリは猛禽としては奇麗で、羽がとても魅力的です。贔屓目かも知れませんが、美しいコウノトリたちがいたところには、美しいノスリが来てくれているようです。
    CF1A8386 20181107

     このノスリ、車を降りてレンズを向けたのですが首を傾げています。変な人、と思っていたのかも・・・。
    CF1A8364 20181107

     何時ものスタイル。停車した途端に飛んでしまうノスリもいますが、落ち着いていますので暫くスタンバイ。
    CF1A8369 20181107

     暫くすると飛び出し、辺りを旋回。
    CF1A8381 20181107

     太陽を背に受け飛ぶノスリ。透けて見える羽も奇麗です。ノスリやチョウゲンボウは湖北では多く見られお馴染みの鳥ですが、その美しさを写しとめられたらと思っています。
    CF1A8395 20181107

    ノスリ 湖岸付近にて  

     平成30年11月2日撮影。
     コハクチョウ、オオヒシクイなどを撮っての帰り道で道路端の電柱に留まっているノスリを発見。まさかと思っていたので通り過ぎてしまい、農道を大回りして道路に戻って少し遠い所から撮影しました。既に何回かノスリは見ていますが、レンズを向けるのは今季初めてでした。これから数が多くなれば気軽に撮れますが、最初でしたので飛ばれては何にもなりませんので慎重に撮りました。

     この辺りは毎年2羽のノスリが微妙な距離を保って越冬しています。白っぽいのとこの茶色が濃いノスリです。
    CF1A3784 20181102

     ノスリやチョウゲンボウは猛禽ですが、可愛らしい顔をしています。
    CF1A3810 20181102

     トビは生きているもの以外のものも食しますが、ノスリは生きている獲物を追いますので目つきは真剣そのもの。やはり猛禽ですね。
    CF1A3822 20181102

    ノスリ びわ北小学校付近にて  

     平成29年12月1日撮影。
     オオハクチョウは最初は寝ていたため、時間を改めて観察のため姉川に向かおうとするとノスリを発見。足を止めたのは、このノスリは見覚えのある個体のような気がして撮ったものです。もし、同じ個体であれば4年連続の撮影となります。帰宅して、過去の画像と比べても、胸や飛んでいるときの模様がそっくりのようです。

     電柱の上から田んぼを見渡し、ネズミなどの獲物を狙っているようです。
    CF1A4879 20171201

     例年この付近で観察している個体かどうか確認のため、飛び立つまで待って撮った一コマ。過去にブログに載せていますが、どう見ても同一個体のようです。
    CF1A4880 20171201

    ▲Page top