ユリカモメ - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    ユリカモメ 大浦漁港近くにて  

     令和6年(2024年)1月22日撮影。
     ユリカモメの一団は最初は砂浜にまとまっていましたが、強い逆光のため順光側にまわろうと砂浜を歩いていると、十数羽のユリカモメが一斉に飛び立ち私の前方に降り立ちました。恐らく餌でも貰おうと集まって来たみたいです。長浜港、草津の湖岸のユリカモメは人馴れしているので子どもたちの良き遊び相手にもなっているようです。

     急に飛んできたユリカモメ。パンなど持っていなかったので悪いことをしたようです。


     中洲にいるユリカモメしか撮れないと思っていたのに意外でした。
    2Z6A4349-20240122.jpg

     フレンドリーなユリカモメ。見ていると楽しいもので、特をしたような気持ちになりました。
    2Z6A4347-20240122.jpg

     中洲から動かないユリカモメもいます。琵琶湖岸は砂利のところが多いのですが、この辺りは砂浜でした。
    2Z6A4382-20240122.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ

    ユリカモメと白いレンゲ 長浜市にて  

     令和5年(2023年)4月21日撮影。
     この日はメガネの調整、犬の薬を頂きに長浜まで出向いた帰りに、もしかしたら野鳥と思って田んぼを見て回りました。シギ類には出会えずユリカモメが田んぼの準備中のトラクターの周りに集まっている様子を撮ってみました。一部のユリカモメたちは田んぼの手伝い?を済ませて北帰するようです。4月も下旬で、夏羽に衣替えしている個体が殆でした。

     トラクター大好きなユリカモメたち。


     ユリカモメにとってトラクターは大好物を掘り出してくれる素敵な機械であるようです。
    EJ3Q5410_1-20230421.jpg

     すっかり夏羽のユリカモメ。黒頭巾に目とクチバシに穴を開けて被っているようです。もう直ぐ北へ帰るよ、と言っているようです。
    EJ3Q5428_1-20230421.jpg

     隣の田んぼには白いレンゲの花のかたまりがありました。この春は、白い花に縁があり白花のカタクリ、白いタンポポ、イチリンソウ、ニリンソウと撮影することが出来ました。自宅ではスズランが見頃となっています。
    EJ3Q5438_1-20230421.jpg

    ユリカモメなど 草津市の湖岸にて  

     令和5年(2023年)2月11日撮影。
     道の駅で文旦を買った後、近くの湖岸で野鳥との交流を楽しみました。観察小屋の近くにはカモなどの水鳥が私達の足元まで近付いて来て愛嬌を振りまいてくれました。水鳥の中には、最近お目にかかる機会が少なくなったユリカモメが混じっていたため、その美しさ可愛らしさからレンズを向けました。

     直ぐ近くまで寄ってきたユリカモメ。


     餌を貰えると思って近づいて来ているようですが、餌やり禁止の看板がありました。
    EJ3Q1641_1-20230211.jpg

     撮影は何時でもOKのユリカモメでした。
    EJ3Q1759_1-20230211.jpg

     ユリカモメは暫くすると湖に戻り、また暫くする飛んで陸に戻ってきていました。
    EJ3Q1735_1-20230211.jpg

     オナガガモも沢山いました。
    EJ3Q1661_1-20230211.jpg

     そしてヒドリガモも。全員人間たちと遊ぶのが大好きなようでした。
    EJ3Q1764_1-20230211.jpg

     湖岸から比良の山々を撮ってみました。山頂のスキー場は賑わっていることでしょう。
    EJ3Q1720_1-20230211.jpg

    ユリカモメ、田んぼからお別れ 長浜市にて  

     令和3年(2021年)4月24日撮影。
     4月も下旬となり冬鳥のユリカモメもお別れの時期。大部分は既に北帰していると思われますが僅かだけ居残り組がいます。この日はトラクターで田んぼの準備をしている所に通りかかるとユリカモメたちがトラクターのそばに寄り添うように集まっていました。ラストチャンスと思ってユリカモメにカメラを向けました。

     愛嬌を振りまいてくれたユリカモメもお別れが近付きました。


     トラクター大好きのユリカモメ。クチバシも足もどろんこになって栄養補給です。
    EJ3Q4331_1-20210424.jpg

     帽子を被ったユリカモメ。殆どが夏羽根になっています。
    EJ3Q4346_1-20210424.jpg

     水が張られた田んぼでも採餌していました。
    EJ3Q4373_1-20210424.jpg

     暫しのお別れでこの秋には再会です。お別れ間際に近接撮影出来たのは何よりです。
    EJ3Q4376_1-20210424.jpg

    ユリカモメやサギ類が川に 長浜市にて  

     令和3年(2021年)4月3日撮影。
     買い物帰りに川沿いを走行すると、既にコアユの遡上が始まっているようで多くのユリカモメやサギ類がやな場近くに集まっていました。サギ類は気長に獲物が目前を泳ぐのを待っている待ち受け漁、ユリカモメたちは果敢に何度も空中から川面にアタックする様子が静と動と対照的で、その様子を撮ってみました。

     川ではコアユの遡上が始まり、田んぼでは田植えの準備が始まりユリカモメたちも北帰前はあっちに行ったり、こっちに来たりで大忙しです。


     獲物を見付けると急降下で突っ込むユリカモメ。
    EJ3Q2277_1-20210403.jpg

     折角果敢に突っ込みましたが空振りのようです。
    EJ3Q2278_1-20210403.jpg

     ユリカモメは色々な餌の食べ方を見せてくれます。トラクターの後をついて歩いたり、漁船の後について飛んだり、港などで釣り人などから餌を貰ったりと撮ってみたくなるような光景を見掛けます。
    EJ3Q2282_1-20210403.jpg

     ユリカモメはシーズン中は余り撮るキカイはありませんが、この時期になると何処からとはなく集まってきて身近に良く見掛けるようになります。
    EJ3Q2286_1-20210403.jpg

    ▲Page top