風景 - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    藤橋城プラネタリウムへ   

     平成30年5月20日撮影。
     この日は岐阜県揖斐川町にある藤橋城に行ってきました。「城」という名前ですがお城ではなく、1階がプラネタリウムとなっている観光施設です。何でも彦根城に似せて造られているとかで、何処かでよく見ているお城みたいだと思いました。ここは山里で夜には満天の星が見られそうです。

     中の施設が何か知らなかったら、奇麗なお城でお殿様は誰だったのか調べてしまうほど立派です。
    IMG_6361 20180520

     お城の出入り口。プラネタリウムの出入り口です。入るとスリッパに履き替えて入館します。
    IMG_6389 20180520

     お城に隣接する藤橋歴史民俗資料館。お城からの光景です。
    IMG_6398 20180520

     資料館入り口では、懐かしい郵便ポストが出迎えてくれました。
    IMG_6405 20180520

     移築された昔の民家が全て素晴らしい建物でした。内部や庭園を見て回ると、昔のまま時間が止まっているような不思議な気持ちになりました。
    IMG_6410 20180520

     資料館からの藤橋城は、また格別の光景でした。
    IMG_6434 20180520

     資料館の庭園からの眺め。この日はプラネタリウムで5月の星座を存分に楽しむことができました。今度は、コハクチョウなど冬鳥が渡ってくる頃の星座を観てみたいと思っています。
    IMG_6446 20180520

     食事は少し離れた所に道の駅「星のふる里 ふじはし」があります。ここのレストランは中々の盛況でした。定番メニューの椎茸コロッケ定食を家人が私はカツカレーを食べました。椎茸コロッケを1個食べてみましたが、ジャガイモではなく里芋で作られ、今度食べてみようと思っています。
    IMG_6466 20180520

    苔が見事な平泉寺白山神社 福井県にて  

     平成30年5月10日撮影。
     この日は所用で福井県大野市と勝山市を訪れました。勝山市には恐竜の森にウォーキングに複数回訪れていますが、大野市には初めてです。芝桜が奇麗な大野市では地下水が豊富で美味しい日本酒ができるとのこと。お昼は大野市内で頂き、勝山市の平泉寺白山神社に向かいました。

     苔の美しさで知られる平泉寺白山神社。これほど見事とは思ってもいませんでした。
    IMG_6134 20180510

     参道の始まりから苔が出迎えてくれます。
    IMG_6091 20180510

     この神社の境内は全てが苔で覆われていました。
    IMG_6100 20180510

     本殿近くの忠魂碑も一面が苔に覆われていました。この広大な境内を苔を痛めないように掃除するのは大変だろうな、と思いました。自宅の猫の額のような庭でも掃除が大変なのに枯れ枝の一つも見当たりませんでした。
    IMG_6113 20180510

     新緑と一面の苔に囲まれた本殿。
    IMG_6118 20180510

     冬はシートで囲まれ大雪から本殿を守ります。今年の大雪の名残は駐車場付近にまだ雪が残っていました。
    IMG_6123 20180510

     昼食のレストランそばから大野城を撮って見ました。
    IMG_6068 20180510

    季節外れ(?)の越前水仙 水仙ランドにて  

     平成30年4月2日撮影。
     越前水仙の美しさに惹かれ何時も年末、年明けと訪れますが、今年の福井県は空前の大雪となり予定していた1月の訪問は出来ませんでした。越前水仙の花期は短いので、また今年の年末と思っていましたが、空前の大雪のためでしょうか、まだ楽しめると新聞報道があり、早速訪問しました。今頃の時期の越前水仙は初めて見るもので、雪と寒さに耐えたその美しさは格別でした。

     越前水仙は、越前岬一帯に星の数ほど無数に植えられています。
    IMG_5168 20180402

     お目当ての越前水仙。清楚で美しい姿がありました。
    IMG_5129 20180402

     水仙ランドには、今の時期ならではの種類の水仙も美しく咲いていました。
    IMG_5135 20180402

     この日は風も無く、天気も申し分ない花見日和でした。
    IMG_5157 20180402

     桜も見頃でした。
    IMG_5169 20180402

     越前岬灯台です。
    IMG_5179 20180402

     イルミネーションイベント「水仙岬のかがやき」が開催されているようで、無数の電球が取り付けられていました。夜は、幻想的な素晴らしい光景が楽しめるようですね。
    IMG_5185 20180402

     桜も一際美しかったのが印象的でした。
    yjimage.jpg

    雪と朝靄 自宅すぐ近くと庭  

     平成29年12月14日撮影。
     この冬は天候不順でもあり、冷え込みも厳しく雪もよく降り、特に凍結している場合は四駆でも思うように運転できない場合もあります。通勤通学や畑の野菜も採りに行けなくなるなど生活に支障をきたしやすい雪ですが、積雪した朝は景色が一変し感動すら覚えるときがあります。この日の早朝の犬の散歩は朝靄が立ちこめていました。毎日見ている景色が一変し、幻想的でしたので撮影してみました。

     自宅すぐそばの田んぼの様子。朝靄が立ちこめ普段とは全く異なった光景となっていました。 
    IMG_4521 20171214

     この様な光景の中、コハクチョウを撮りたくチャンスとばかりに湖岸付近に出向いても、既に朝靄はなく撮影の難しさを実感することも度々です。
    IMG_4519 20171214

     近くの山の様子。
    IMG_4517 20171214

     庭の梅の木は雪の花が咲いているように変身しています。
    IMG_4512 20171214

     梅の木の根本には枝が雪を受け止めているため、余り積もっていませんでした。
    IMG_4526 20171214

     田んぼではイカルチドリの姿が見られました。これも雪のおかげで、雪がないときには田んぼでは発見しにくい鳥です。
    CF1A0647 20171214

    越前スイセン 福井県越前町にて  

     平成29年12月11日撮影。
     毎年スイセンの時期になると越前のスイセンランドまで出向くのが楽しみの一つです。その途中で、コウノトリの観察をして道の駅越前でソースカツなどを食べることが出来るのも大きな魅力です。この日は風が強烈でしおかぜラインが通行止めになっていて、イソヒヨドリなどは観ることが出来ませんでした。

     スイセンは日当たりの良いところでチラホラ咲きでした。私は蕾の方が多い時期が好きですので12月に訪れるようにしています。
    IMG_4477 20171211

     この日は車のドアが開けられないほどの猛烈な風が吹いていましたので、スイセンの可憐な花をゆっくりと撮ることが出来ないのが残念でした。しかし、この地の厳しさを体感することが出来たのは大きな収穫でした。
    IMG_4470 20171211

     水仙ランドの自然文学資料館のそばには川上季石の句や、水上勉の思いを刻んだ「花と波濤の越前岬」があります。俳人や作家の思いがすんなりと実感できる素晴らしいところでもあります。
    IMG_4494 20171211

     近年は急な坂道をのぼり梨子ケ平方面からのコースで訪れています。途中の絶景が好きです。
    IMG_4444 20171211

     越前岬灯台。水仙の花が少しだけ写っています。
    IMG_4471 20171211

     沖方面からの猛烈な風に押されるように大波が押し寄せ岩に砕け散っていました。
    IMG_4410 20171211

     福井県出身の作家水上勉さんに大きな影響をとされる越前のスイセンと自然の厳しさが目の前にありました。また、越前では私と同じ苗字が随所で見られるのも不思議な縁を感じます。
    IMG_4436 20171211

    ▲Page top