風景 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    白鬚神社近くを航行する「うみのこ」 高島市にて  

     2020年(令和2年)2月1日撮影。
     大津市からの帰路で白鬚神社近くに差し掛かると、学習船「うみのこ」を発見。長浜港や竹生島付近を航行しているのはよく見掛けますが、白鬚神社近くは初めてです。安全な所に停車し、湖岸沿いで撮影しました。「うみのこ」は、滋賀県立びわ湖フローティングスクールが運営し、滋賀県内すべての小学5年生を対象に学習船「うみのこ」(湖の子)に乗船・航海し、宿泊をともなう教育が実施されています。郷土への理解や対人・協調関係を養う「ふれあい体験学習」のほか、琵琶湖を教育の場所としていることから、同湖の環境を主なテーマとした「びわ湖環境学習」が行われています。

     船上はとても寒いのに全員デッキに出て勉強中のようです。
    IMG_7529 20200201

     出来たら湖岸から手を振りたかったのですが、船の速度は結構速くあれよあれよの間に鳥居沖を通過しました。
    IMG_7534 20200201

     私は秋にミシガンに乗ったことがありますが、デッキは寒くて閉口した経験があります。子どもたち元気ですね。
    IMG_7510 20200201

     船の名前は「うみのこ」。私たち滋賀県民にとっては、びわ湖はまさに「うみ」なのです。
    IMG_7501 20200201
     
     この船は昨年進水した二代目です。これからも末永く子どもたちの夢を育んで欲しいと願っています。また、過去に乗船された大人はきっと「うみのこ」に懐かしさを覚えるに違いないのではないでしょうか。
    IMG_7513 20200201

    懐かしい「ぱしふぃっく びいなす号」 敦賀湾にて  

     令和元年8月6日撮影。
     この日は敦賀市までキス釣りに出掛けました。長浜と敦賀は隣りですので釣りに出掛けるにはとても便利です。縄間方面でキス釣りをし、帰りに客船「ぱしふぃっく びいなす号」が敦賀新港に停泊しているのに気付き停車して撮影しました。この客船は私を含め家人も複数回クルーズを楽しんだ客船で、船旅の思い出がありますので見掛ければ懐かしく思います。乗船されていたスタッフは外国人の方が多かったのですが、流暢な日本語で印象がとても良かったのを思い出します。機会があれば、お世辞抜きで乗りたい客船です。

     写真で見ればそんなに大きく見えませんが、実物は巨大でした。この巨体を一発で岸壁に着ける操船技術には驚きでした。食事もとても美味しかったのを思い出しました。勿論、完全洋食です。小心者の私には、フォークとナイフなどがズラッと並んでいるとそれを見ただけでクラクラと来ます。
    CF1A8855 20190806

     停車したところにはタカサゴユリが咲いていました。
    CF1A8809 20190806

     道路下の岩場にはカルガモ。カルガモは海にも普通にいます。
    CF1A8823 20190806

     強い日差しを避けるようにカルガモたちも岸寄りに集まっていました。
    CF1A8848 20190806

     気比神宮の鳥居。この近くの和菓子屋さんで水仙まんじゅうを買ったときに撮ってみました。肝心のキスが登場しませんが、そこそこの釣果でした。釣っているときは、ゴカイで手がヌルヌルでスマホもカメラも操作する気になれませんでした。シロギスの天丼、これが最高に美味しく、飽きもせず釣りに行っています。
    CF1A8886 20190806

    東尋坊、コウノトリ観察のついでに  

     令和元年7月22日撮影。
     坂井市のコウノトリのヒナ4羽を観察し、コウノトリからほど近い東尋坊に立ち寄ってみました。東尋坊は何回か訪問していますが、坂井市のコウノトリの所からは思いのほか近いのには驚きでした。最初に訪問したのはかなり前ですが、その時は断崖の高さに恐怖心をおぼえましたが、回数を重ねるにつき「恐怖心」は感じなくなっていました。ただ、自然の作り出した絶景は何回見ても素晴らしいと思います。この日は湖北は雨、坂井市などは梅雨明けを思わすような快晴で、ただただ暑かったため駐車場から歩くのが大変でした。

     下の海面を覗くと足がすくみます。
    IMG_2708 20190722

     私は敦賀や越前を訪問する機会が多いので日本海は馴染みの深い海ですが、何回見ても素晴らしく落ち着きます。
    IMG_2717 20190722

     海は静かでしたが、それでも岩に打ち付ける波は荒々しく砕け散っていました。
    IMG_2739 20190722

     近寄りがたい、荒々しい断崖。色々な物語があるのも頷けます。
    IMG_2750 20190722

     絶景かな、と思い断崖の先の方まで行ってみたいという衝動に駆られますが、行けるところはごく限られています。
    IMG_2761 20190722

     大小様々な岩。この先で釣りをしたらきっと大物が釣れそうですが、釣っている人は誰も見掛けませんでした。越前海岸では釣り人を見掛けますが、ここは危険で近寄りがたいですね。
    IMG_2700 2019072

     東尋坊から遠景を眺めると、4基の風力発電の風車らしきものが見えました。以前、訪問したときには無かったので新発見です。
    IMG_2781 20190722

    姉川古戦場の桜 長浜市にて  

     平成31年4月13日撮影。
     自宅付近にも桜はたくさんあり、敢えて花見に行くことは殆どありません。しかし、桜の美しさには興味があり、買い物や野鳥撮影のついでに堪能しています。今年はなんだかんだで忙しく、花を観る機会を失いそうになりましたので、コンビニに一寸した買い物のついでに近くの姉川古戦場に行ってみました。

     橋の上から撮った姉川の桜です。右のとんがった山は伊吹山です。
    IMG_2180 20190413

     岸に近付いて桜をパチリ。
    IMG_2175 20190413

     更に近付いて撮って見ました。
    IMG_2188 20190413

     駐車スペースにある姉川古戦場の看板。左の白っぽい建物はガソリンスタンド。何時も給油したりオイル交換をしてもらっています。
    IMG_2193 20190413

     帰宅して撮った畑から見た直ぐ近くの桜。自宅そばの桜の方が木の芽吹きも写っているので奇麗な気がします。
    IMG_2169 20190413

     畑を通って撮影しています。桜を撮っていた足元にはアスパラガスがニョッキリ。春らしい生命力を感じました。
    IMG_2225 20190413

    マキノ高原のカタクリ 高島市にて  

     平成31年4月8日撮影。
     大津市からの帰り道に高島市のカタクリを観に行ってみました。近年は近くのカタクリを観ていますので、久しぶりにマキノ高原訪問です。高島市はコウノトリ観察、ザゼンソウ、カタクリと素敵な自然があるところです。また、期間限定のソバなど何かとよく訪れます。以前はカタクリが激減していましたので、心配しながら現地に到着すると「春の妖精」たちが一斉に出迎えてくれました。

     途中のメタセコイヤの並木通り。今や有名な観光スポットとなっています。
    IMG_2001 20190408

     到着して直ぐに白花のカタクリを発見。
    IMG_2017 20190408

     可憐な春の妖精ははにかみ屋のようですので、グッと近付いて語りかける必要があります。
    IMG_2023 20190408

     まとまって咲くカタクリ。こんなのを見付けたらもう釘付けです。
    IMG_2040 20190408

     辺り一面はカタクリでいっぱいです。小さな命を踏みつけないよう撮影には細心の注意が必要でした。
    IMG_2045 20190408

     また白花のカタクリを見付けました。
    IMG_2047 20190408

     道沿いにはイカリソウの花が咲いていました。山野草はやはり野での鑑賞が最高です。
    IMG_2055 20190408

    ▲Page top