植物 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    サンパチェンス台風にもめげずに 自宅にて  

     平成30年10月23日撮影。
     この日はコウノトリが帰ってきていないか見て回ったのと、タマネギ、エンドウ豆類、カブラを植えたり種蒔の準備のため畑仕事となりました。コウノトリがいなかったら他の野鳥観察をする気にもなれず、いわゆるコウノトリ不在症候群のような状態です。畑仕事の合間に曇った時を見計らって家人のサンパチェンスを撮ってみました。

     度重なる台風で相当傷み付けられましたが、回復したくさんの花を咲かせています。
    IMG_9453-1 20181023

     撮る位置を変えて撮ってみました。
    IMG_9427-1 20181023

     サンパチェンスの後ろには四季咲きツルバラの「新雪」が咲いています。
    IMG_9470 20181022

     秋は「新雪」の花の数は少ないですが、春より奇麗なように感じます。
    IMG_9502 20181023

     同じ白い花でもこらはユウガオ。朝に咲いていましたのでアサガオ(?)のようなユウガオでした。
    IMG_9461 20181023

     アクセントに赤い花。そばに咲いているコスモスです。
    IMG_9409 20181023

    ギンリョウソウひっそりと 自宅直ぐ近くにて  

     平成30年5月16日撮影。
     今年の湖北は寒い時期にはシジュウカラガンが来てくれ、存分に愛嬌を振りまいてくれました。そして、ハイイロガンと続き撮影は忙しく過ぎ、続いてコウノトリの飛来。最近は熊の関係で極力山には入りませんが、早朝からホトトギス、キビタキ、アカショウビンのの鳴き声が聞こえてきています。熊は怖いけど、この時期どうしても撮っておかなければならないのがギンリョウソウです。

     誰にも気付かれないように、ヒッソリと咲くギンリョウソウ。毎年、マクロレンズを通しのギンリョウソウとの対話が楽しみです。
    IMG_6274 20180516

     違う角度からも撮ってみました。私には、森の妖精のように思われ、好きな植物です。
    IMG_6277 20180516

     この辺りは針葉樹が多いのですが、ギンリョウソウは広葉樹のところにしか見られません。
    IMG_6280 20180516

     一輪だけ、一輪ざしのように咲いているギンリョウソウも。毎年増えてきているようで、来年が楽しみです。
    IMG_6281 20180516

    レンゲが見頃 自宅近くの田んぼにて  

     平成30年4月22日撮影。
     コウノトリ観察に出向くたびに撮影チャンスを窺っていたレンゲが見頃となりました。この日はコウノトリに向かう途中に農道から童心に返った気持ちで撮影。しばし夢のような花の世界に引き込まれてしまいました。

     圃場整備がされた湖北の田んぼは広く、一面に咲くレンゲの花は別物のように美しく、思わず見入ってしまいます。
    IMG_5696 20180422

     まだ蕾も多く、丁度見頃でした。
    IMG_5700 20180422

     花ひとつひとつが分かるようにも撮ってみました。既に4月も下旬で、初夏のような暑い日が続いています。レンゲの花で春の最後の美しさを楽しませてもらったようです。
    IMG_5706 20180422

     これはレンゲではなく、自宅の芝桜です。小さな花の集まりがレンゲと同じように綺麗です。雪の時期には50㌢以上の雪に埋もれる芝桜ですが、生命力は強く春には芳香が漂います。玄関までの花壇には毎年ジニアを植えていますが、手前の通路側の枕木が痛んだため除去し、3本を交換しました。その1本1本が極端に重く、後悔しながらも何とか仕上げました。 
    IMG_5708 20180422

    カタクリもう一度撮影 近くの神社にて  

     平成30年4月4日撮影。
     過日撮影したカタクリはダメ画像ばかり量産。この日改めて出向きましたが、カタクリの花の命はごく僅かの期間で、既に美しい時期は終わっていました。歩いてでも行ける距離でしたので、何時でも撮れると思っていたのは大きな誤りで、後の祭りでした。野鳥も一瞬一瞬が大切ですが、野草も同じような共通点があるようです。

     カタクリは寝転んだり、伏せたりして撮るので、畑作業用の格好で出向いています。
    IMG_5253 20180404

     カタクリは命の限り語りかけてくれているようですが、私にはそれを受け止める術が無いように思われます。
    IMG_5268 20180404

     残っているカタクリは僅かになっていて、まとまりの無い花ばかりでした。
    IMG_5261 20180404

     撮る気力も失せましたので、上からパチリ。また来年チャレンジしようと思っています。
    IMG_5265 20180404

     神社には「カタクリの花」の案内があります。境内はとても広いですが、この立て札のお陰ですぐに分かります。
    IMG_5248 20180404

    カタクリの花 自宅近くの神社にて  

     平成30年4月1日撮影。
     この日は新年度の初日でもあり、近くのコウノトリ観察に出向きました。幸いコウノトリにも出会え、幸先の良い新年度となりました。時間があれば高島市のカタクリの花をと思っていましたが、少し遠いのでコウノトリのついでに近くの神社に立ち寄りました。ここ最近の暑さで、桜も一気に開花となり、カタクリもまだ早いと思っていましたが可憐な姿を見せてくれました。

     神社の薄暗い境内に咲くカタクリの花。
    IMG_5031 20180401

     森の妖精たちは背丈が小さいため、撮影は寝転ぶようにして撮っています。
    IMG_5034 20180401

     まだ完全に開花していないカタクリも多数ありました。
    IMG_5038 20180401

     明るい場所ではないためと手持ち撮影のため撮影は難しく、描いていたイメージとはかけ離れた画像となりました。
    IMG_5046 20180401

     そばにはミヤマカタバミも咲いていました。
    IMG_5042 20180401

     鳥居近くの桜。今年は珍しく晴れの日が続いていましたので、長く楽しめました。
    IMG_5026 20180401

     鳥居の近くのお寺に咲いていたピンクの桜。チラホラ咲きでした。
    IMG_5024 20180401

    ▲Page top