植物 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    セツブンソウ 伊吹山の麓にて  

     平成31年2月15日撮影。
     毎年のようにセツブンソウの時期には観に行きます。今年は殆ど雪が降りませんでしたので、例年より1週間ほど早く咲いているだろうと現地を訪れました。何時もなら雪が残っているのに今回は全く雪は後影もありませんでした。

     見付けた時は、目が釘付けになるほど可憐で美しい花です。
    IMG_1058 20190215

     たくさん咲いていますので、どれを撮ろうか迷います。
    IMG_1046 20190215

     小さい花ですので、カメラは地面に置くようにして撮っています。
    IMG_1061 20190215

     セツブンソウが咲いているエリアにはフキノトウも出ていました。
    IMG_1068 20190215

     近くの害獣避けのネットに山水がかかり、氷柱のようになっていました。標高が少し高いのと陰で気温は低いようでした。
    IMG_1062 20190215

    ザゼンソウ 高島市にて  

     平成31年2月8日撮影。
     大津市での所用の帰りに高島市のザゼンソウ群生地に立ち寄ってみました。例年この時期はかなりの雪がある時期ですが、今年は全く雪がなく雪の中のザゼンソウは撮ることが出来ませんでした。雪の中でのザゼンソウは風情があり、何時も楽しみにしていました。ザゼンソウを撮り、箱館そばを食べて湖北に帰ることが例年のパターンでした。雪のないザゼンソウ、記録として撮ってみました。

     ザゼンソウ。この特徴的な花もこの時期限定です。
    IMG_1016 20190208

     雪ではなくグリーンの中で咲くザゼンソウは初めて。
    IMG_0984 20190208

     私的には湖北に住みながら、雪は苦手。しかし四季を映し出すには雪も必要不可欠ですね。
    IMG_0992 20190208

     群生地はそこそこの広さがありますが、こちら向きのザゼンソウは数えるほどです。
    IMG_0993 20190208

     群生地には当然のこと入れませんので、身を乗り出して撮影したザゼンソウ。
    IMG_1001 20190208

     少々遠くても必死で撮ったザゼンソウでした。また来年ですね。
    IMG_1008 20190208

    サンパチェンス台風にもめげずに 自宅にて  

     平成30年10月23日撮影。
     この日はコウノトリが帰ってきていないか見て回ったのと、タマネギ、エンドウ豆類、カブラを植えたり種蒔の準備のため畑仕事となりました。コウノトリがいなかったら他の野鳥観察をする気にもなれず、いわゆるコウノトリ不在症候群のような状態です。畑仕事の合間に曇った時を見計らって家人のサンパチェンスを撮ってみました。

     度重なる台風で相当傷み付けられましたが、回復したくさんの花を咲かせています。
    IMG_9453-1 20181023

     撮る位置を変えて撮ってみました。
    IMG_9427-1 20181023

     サンパチェンスの後ろには四季咲きツルバラの「新雪」が咲いています。
    IMG_9470 20181022

     秋は「新雪」の花の数は少ないですが、春より奇麗なように感じます。
    IMG_9502 20181023

     同じ白い花でもこらはユウガオ。朝に咲いていましたのでアサガオ(?)のようなユウガオでした。
    IMG_9461 20181023

     アクセントに赤い花。そばに咲いているコスモスです。
    IMG_9409 20181023

    アカバナユウゲショウ他 自宅にて  

     平成30年6月17日撮影。
     自宅の敷地ではたくさんの花などを育てていますが、時には育てていない植物が勝手に花を咲かせていることがあります。この日は、畑にアカバナユウゲショウという帰化植物が勝手に咲いていましたので撮ってみました。庭にはヒルザキツキミソウを育てていますが同じアカバナ科の植物で花がとてもよく似ています。ついでに、アジサイも咲いていましたので撮ってみました。

     アカバナユウゲショウ。南アメリカ原産で今や雑草化している帰化植物です。小さくて可愛らしい花です。風媒花、虫媒花とのことですのですが、近所では見当たらない植物です。
    IMG_7270 20180617

     こちらは庭に植えているヒルザキツキミソウ。花の大きさは違いますがアカバナユウゲショウとよく似ています。北アメリカ原産の植物で帰化植物として雑草化しているところも見受けられます。
    IMG_7259 20180617

     庭のガクアジサイ。
    IMG_7264 20180617

     庭のクレナイヤマアジサイ。
    IMG_7265 20180617

     畑に植えているオタフクアジサイ。
    IMG_7273 20180617

     オタフクアジサイの隣にはガクアジサイも植えています。
    IMG_7276 20180617

    ギンリョウソウひっそりと 自宅直ぐ近くにて  

     平成30年5月16日撮影。
     今年の湖北は寒い時期にはシジュウカラガンが来てくれ、存分に愛嬌を振りまいてくれました。そして、ハイイロガンと続き撮影は忙しく過ぎ、続いてコウノトリの飛来。最近は熊の関係で極力山には入りませんが、早朝からホトトギス、キビタキ、アカショウビンのの鳴き声が聞こえてきています。熊は怖いけど、この時期どうしても撮っておかなければならないのがギンリョウソウです。

     誰にも気付かれないように、ヒッソリと咲くギンリョウソウ。毎年、マクロレンズを通しのギンリョウソウとの対話が楽しみです。
    IMG_6274 20180516

     違う角度からも撮ってみました。私には、森の妖精のように思われ、好きな植物です。
    IMG_6277 20180516

     この辺りは針葉樹が多いのですが、ギンリョウソウは広葉樹のところにしか見られません。
    IMG_6280 20180516

     一輪だけ、一輪ざしのように咲いているギンリョウソウも。毎年増えてきているようで、来年が楽しみです。
    IMG_6281 20180516

    ▲Page top