セツブンソウ - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    可憐に咲くセツブンソウなど 伊吹山の麓にて  

     令和6年(2024年)2月14日撮影。
     2月は体感的には寒くて雪が降る時もあり冬ですが、いち早く春の訪れを知らせてくれるのは植物だと思っています。まだ雪の残るセツブンソウの群生地には可憐な花が春を告げていました。此処はお寺の境内で手入れが行き届き毎年素敵なセツブンソウが観られます。他にはフクジュソウ、ロウバイなどが咲いていました。コウノトリも恋の季節を迎え、いよいよ春だな、と感じられた日でした。

     可憐な姿で迎えてくれたセツブンソウ。


     今年は暖かく感じる日が多かったので、開花が少し早かったように思えます。
    CF1A8364-20240214.jpg

     紫色の雄しべを囲むように黄色の蜜腺があり、それらを包み込むような白い花びらがあり全体的に魅力的で美しいです。
    CF1A8399-20240214.jpg

    セツブンソウの群生の様子。セツブンソウが見られるのは関東以西の太平洋側と限られ、絶滅危惧種でもあります。
    CF1A8384-20240214.jpg

     直ぐ近くにはロウバイの花も咲いていました。
    CF1A8343-20240214.jpg

     福寿草が丁度見頃でした。暫くして自宅近くではカタクリが咲きますので楽しみです。
    CF1A8413-20240214.jpg

     撮影機材:EOS 7D Mark II EF50mm F2.5 Compact Macro

    春を告げるセツブンソウ 長尾寺近くにて  

     令和5年(2023年)2月28日撮影。
     長尾寺境内を後にして近くのセツブンソウの群生地にも行ってみました。ここは日当たりのせいか丁度見頃でした。カメラ2台にそれぞれマクロレンズ、標準ズームを付けていましたので軽そうですが、山道ではその重さにはこたえました。好きな花を撮影するのですから我慢我慢と言い聞かせながら撮影場所に到着。春の柔らかい日差しを浴びて、斜面一帯にセツブンソウが咲いておりいち早く春を感じることができました。一部を除いてコンパクトマクロを取り付けた1DXで撮っています。

     露出を絞り目に撮ったセツブンソウ。


     セツブンソウにミツバチでしょうか、飛んできたところをパチリ。コンパクトマクロでは撮りにくいので、7DⅡの標準ズームで撮りました。
    CF1A9469-20230228.jpg

     まだまだ朝晩は寒さが厳しく、ストーブ大好きな私に確実な春を告げてくれました。これからはカタクリなど楽しみが目白押しで、畑仕事も始める合図と体感しました。
    EJ3Q3179_1-20230228.jpg

     セツブンソウのそばに1輪だけキバナノアマナが咲いていました。
    EJ3Q3173_1-20230228.jpg
     令和4年(2022年)3月29日撮影。 
     この日の朝に犬の散歩の時、キバナノアマナが咲いているのを見付けたので、何時もセツブンソウなどを撮っているところにも咲いているはずと訪れました。前回セツブンソウ観察に来たときは積雪が30㌢位ありましたので観察ができませんでした。あれから気温の高い日が続き積雪は消え失せ、可憐な山野草があちらこちらに咲いていました。例年でしたら、セツブンソウは終わっているのですが、積雪が続いていたためか美しく咲いていました。

     キバナノアマナとセツブンソウ。積雪のお陰で両方同時に撮ることができました。


     直ぐ隣にも同じ様に咲いていました。
    CF1A0981_1-20220329.jpg

     もう終わっていたと思ったセツブンソウもご覧のように美しく咲いていました。
    CF1A0925_1-20220329.jpg

     セツブンソウの花にはミツバチもやって来ていました。セツブンソウの蜜はきっと花の美しさの通り甘くて美味しいのでしょうね。
    CF1A0958_1-20220329.jpg

     セツブンソウの近くにはスハマソウも咲いていました。
    CF1A0946_1-20220329.jpg

     少し離れた場所にはアズマイチゲも咲いていました。葉の先が尖っていればキクザキイチゲですが、ご覧のように葉っぱは丸みを帯びていますのでアズマイチゲです。
    CF1A0993_1-20220329.jpg

     アズマイチゲの花。春を知らせる花たちは綺麗な美人揃いです。長くて多かった雪も花の美しさが忘れさせてくれるようです。
    CF1A1016_1-20220329.jpg

     朝の散歩のときに見付けた自宅近くのキバナノアマナ。陰に咲いているためかひ弱な感じです。それに比べ日当たりのよいセツブンソウの近くのは色濃くシッカリ美しく咲いていました。
    CF1A0831_1-20220329.jpg

    セツブンソウ、大雪にもめげずに  

     令和4年(2022年)3月6日撮影。
     暫くお休みしていたブログを再開させて頂きます。この10日間ほどの間に人生で初めて経験することが色々ありました。全身麻酔、左手首からの動脈点滴、主治医と主治医のアシスタントの女性医師、麻酔科医師、看護師数名のそうそうたるスタッフで処置をして頂き「終わりましたよ」の声で目を覚ますまで何事がおきていたのか全く知らないままでした。目を覚ますとICUに直行、そこからの2日間苦痛のの連続でした。最新の麻酔技術で終始痛みは感じないものの、メガネ無しでは壁掛けの時計が全く見えず、時計もしていないので時間が分からず、スマホも持ち込み禁止で24時間明るく夜昼も分からずでした。同じ格好で寝ていると腰のあたりが痛かったのですか3本の点滴、心電図、酸素濃度、ドレンの管などがたくさんで体の向きを変えることが出来ないのは耐え難く、ICUは機器の音などで騒々しく、安眠できる環境ではありませんでした。実際の感覚としては5日間ほど其処に居た感じで、病室に戻ってスマホのカレンダーの日を見て日が経っていないのが信じられない気分でした。
     まだ本調子ではありませんが、ブログを再開できるという幸せを感じながら「セツブンソウ」を載せさせて頂きます。

     可憐なセツブンソウの花を見た時、連続していた大雪にも耐えたその生命力にただただ驚くばかりでした。


     年末からの大雪で諦めていたセツブンソウ。群生は何事も無かったように咲き誇っていました。
    20220306-CF1A0214_1.jpg

     セツブンソウは石灰分を多く含むところで良く育つ関係から、伊吹山の麓に多く見られます。
    20220306-CF1A0217_1.jpg

     群生しているところでは、どれを撮ろうか迷ってしまうので少数さいているところも撮ってみました。
    20220306-CF1A0226_1.jpg

     見る人を惹き付けるセツブンソウ、その魅力は尽きませんが春の妖精そのものです。
    20220306-CF1A0229_1.jpg

     セツブンソウの近くには福寿草も咲いていました。
    20220306-CF1A0233_1.jpg

    セツブンソウの群生 伊吹山の麓にて  

     令和3年(2021年)2月14日撮影。
     セツブンソウは少し早い時期だと思って様子見に伊吹山の麓にある群生地に行ってみました。例年に比べ雪が多く寒い日が続いていたため開花がズレ込むのではと思っていました。ところが現地では満開状態で完全に予想が外れてしまいました。

     斜面に咲くセツブンソウ。いち早く春の訪れを告げてくれているようでした。


     春の妖精と呼ばれる可憐な花ですが、積雪にもめげない力強さを感じます。
    CF1A0582_1-20210214.jpg

     辺り一面のセツブンソウ。どれを撮ろうか迷ってしまいます。
    CF1A0580-20210214.jpg

     伊吹山山系は植物の宝庫でもあり、これから初夏までも色々な植物が花を咲かせます。
    CF1A0571_1-20210214.jpg

     標準ズームでしたが、ぎりぎり近づいて撮ってみました。微妙な色合いに魅了されます。
    CF1A0542_1-20210214.jpg

     アップで撮るためiPhoneで撮ってみました。スマートフォンで簡単に撮れるのでマクロレンズは要らないくらいです。
    179-20210214.jpg

    ▲Page top