セツブンソウ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    セツブンソウ、キバナノアナナ 米原市にて  

     2020年(令和2年)2月21日撮影。
     オオワシが午前10時頃に北へと旅立ったため、時間がありましたので米原市大久保のセツブンソウを観てきました。実は前日も訪れていましたが、標準レンズで撮っていたため意に沿わない画像ばかりで撮り直しに再度訪れました。レンズはキャノンのマクロレンズを使用しました。マクロはニコンの描写の方が好みですが、キャノンのボディには少々面倒で確実性を期すためキャノンのマクロレンズとしました。春の訪れを知らせてくれる「妖精」たちはセツブンソウ、セリバオウレン、カタクリなどで順次撮影が楽しみです。

     毎年訪れるセツブンソウの群生地。
    IMG_7897 20200221

     群生地で数多く咲き、見頃でしたのでどれもこれも美しく目移りしてしまいます。
    IMG_7917 20200221

     暖冬で例年より早めに見頃となったセツブンソウ。春の息吹を感じる可憐な花が素敵です。
    IMG_7925 20200221

     小さな花一つ一つが奇麗で、太陽の方向を向いて咲く様子が一斉に語りかけてくれているようです。
    IMG_7973 20200221

     花の全てがお気に入りです。拡大して見ました。
    IMG_7981 20200221

     セツブンソウの花に昆虫が寄ってきました。ホソヒラタアブでしょうか。
    IMG_8011 20200221

     ソッと咲いていても虫たちには分かるのですね。
    IMG_8013 20200221

     そして、此処にはキバナノアナナが数は少ないですが咲いていました。この花は日本では中部以北ということですが伊吹山の麓や山頂付近などでは珍しい植物が観られる山野草の宝庫でもあります。
    IMG_8030 20200221_1

    セツブンソウ 伊吹山の麓にて  

     平成31年2月15日撮影。
     毎年のようにセツブンソウの時期には観に行きます。今年は殆ど雪が降りませんでしたので、例年より1週間ほど早く咲いているだろうと現地を訪れました。何時もなら雪が残っているのに今回は全く雪は後影もありませんでした。

     見付けた時は、目が釘付けになるほど可憐で美しい花です。
    IMG_1058 20190215

     たくさん咲いていますので、どれを撮ろうか迷います。
    IMG_1046 20190215

     小さい花ですので、カメラは地面に置くようにして撮っています。
    IMG_1061 20190215

     セツブンソウが咲いているエリアにはフキノトウも出ていました。
    IMG_1068 20190215

     近くの害獣避けのネットに山水がかかり、氷柱のようになっていました。標高が少し高いのと陰で気温は低いようでした。
    IMG_1062 20190215

    セツブンソウ 伊吹山の麓にて  

     平成30年3月3日撮影。
     3月3日はひな祭り。やっと陽気に誘われて外に出てみようかという天気になってきました。今年に入って雪が多く、とても寒い日が最近まで続いていたためか、一気に暖かくなったような気がします。セツブンソウも気になっていましたが、雪解けもしたようですので何時もの伊吹山の麓を訪れて見ました。

     セツブンソウの可憐な花が一面に咲いていました。来て良かった、という光景でした。
    IMG_4739 20180303

     セツブンソウの花を見ると、ようやく春が来たということを実感できます。この日、自宅の梅の花も咲き出しました。
    IMG_4742 20180303

    セツブンソウ 雪解けを狙って  

     平成29年3月2日撮影。
     湖北といっても広く、自宅付近は雪が解け春の日差しが射していても、少し北、または山手に入ると一面真っ白。セツブンソウ見たさに1週間ほど前に自生地を訪れた時は、まだ深い雪に覆われていました。この日の現地はまだ積雪がありましたが、樹木の根本付近は雪が解け、可憐なセツブンソウが姿を現していました。

     セツブンソウの本格的な見頃は3月の中旬頃。毎年一足早く訪れています。
    IMG_0083 20170301

     野鳥用の予備のカメラにコンパクトマクロを付け、地面に這い蹲ってのセツブンソウとの対話は物言わなくても楽しいものです。
    IMG_0088 20170301

     今年は雪の日が多く、メーター級の雪が解け何時も通り春の到来を知らせてくれているようです。
    IMG_0082 20170301

     実際はこの様に小さなセツブンソウ。近付いて観察すると、その可憐な美しさに魅了されます。
    IMG_0087 20170301

     自生地の付近は、まだかなりの積雪です。このすぐ隣が伊吹山。いまだに真っ白です。
    IMG_0097 20170301

    セツブンソウ 山麓に春の訪れ  

     平成28年2月4日撮影。
     セツブンソウの見頃は3月の中旬ですが、節分の頃から咲きだす花ですので伊吹山の山麓を訪れました。まだごく僅かしか咲いてはいませんでしたが、その名の通りひっそりと春を告げるかのように可憐な花を咲かせていました。

     暖冬ですのでもう少したくさん咲いていると思っていましたが、ごく僅かで探すのが大変でした。
    IMG_3214 20160204

     小さな花ですが、心を惹き付ける美しさと魅力があります。
    IMG_3202 20160204

     少し離れたお寺の境内で見つけた一輪。
    IMG_3221 20160204

     ミスミソウも一輪咲いていました。
    IMG_3250 20160204

     フキノトウも春の到来を告げていました。植物が春を告げる頃、冬鳥たちはそろそろ北帰行の季節となります。複雑な気持ちになるこの頃です。
    IMG_3237 20160204

    ▲Page top