カモメ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    カモメ 取水塔で団らんのようです  

     平成27年4月25日撮影。
     カモメが比較的多くユリカモメに混じって、取水塔にいましたので取水塔に直近の湖岸から撮影しました。カモメもユリカモメも数が少なくなって来ているようです。

     カモメはユリカモメと仲が良いようで、大抵は共に行動しているようです。
    CF1A0396 20150425

     カモメは、成長段階で羽の色などが異なりますので、その点に興味があります。
    CF1A0404 20150425

     取水塔の反対側でも、カモメとユリカモメが仲良く休憩のようです。
    CF1A0414 20150425

     これから、漁船の側に行こうか、田圃に行こうかなどみんなで相談するため集まっているようにも思えました。河口付近から帰りがけに見ると全員の姿はありませんでした。この撮影で念のため、全体を分割して撮りましたが、その中にズグロカモメも一緒でした。
    CF1A0421 20150425

    カモメ ユリカモメと仲良く  

     平成27年4月16日撮影。
     河口付近では、未だ旅立っていない冬鳥と飛来したばかりの夏鳥が混在している時期に差しかかっています。間もなく旅鳥も到着しそうで、期待と一抹の寂しさが漂っています。

     浅瀬で佇むカモメ。まだ若そうです。
    CF1A8857.jpg

     仲良く揃って羽繕いをするカモメとユリカモメ。
    CF1A8866 20150416

     旅立ち前には、夏羽になっているユリカモメが多く見られます。
    CF1A8871 20150416

     ユリカモメの群には、いろいろな年齢構成のカモメが混じっていました。この2種は不思議なくらい仲が良く、よく行動を共にしています。
    CF1A9028 20150416

    カモメの水浴び  

     平成27年4月9日撮影。
     カワラヒワの水浴びの様子を撮った後、少し川の上流に行ってみました。中洲には、ユリカモメに混じって、カモメたちも羽を休めていました。どちらも冬鳥で、田圃に稲の苗が植え付けられる頃には、不思議に姿が見られなくなってしまいます。良く見掛けた冬鳥ですが、もうすぐ旅立ちです。ここしばらくは、しっかり観察しておこうと思っています。

     カモメが水浴びを始めました。何時も水面を泳いでいる水鳥も水浴びをします。コハクチョウもよく水浴びをしていました。
    CF1A7574 20150409

     別のカモメも水浴びを始めていました。きれい好きなのですね。ユリカモメ達は中洲で羽繕いです。
    CF1A7608 20150409

     カモメの行水は、カラスの行水と違って念入りでした。美しさを保には、日頃のケアが大切なのですね。ユリカモメも夏羽になっているものが多くなりました。夏の装いになると、お別れが間近です。
    CF1A7621 20150409

    カモメ 漁港にて  

     平成27年2月15日撮影。
     河口近くの小さな漁港です。大きな漁港と違って重たい機材を持って歩く距離も少なくて済みます。特に珍しい鳥はいませんが、何時も立ち寄る漁港となっています。

     カモメとユリカモメが浮かんでいましたので、久しぶりに撮ってみました。
    CF1A4026 20150215

     カモメにユリカモメが何やら嬉しそうな顔をして近付いてきました。
    CF1A4047 20150215

     本当は何を言っているのでしようか?それにしても、大きく口を開けるものなのですね。
    CF1A4048 20150215

    カモメ 小浜漁港にて  

     平成26年9月26日撮影。
     この日は小浜漁港でサヨリ釣りをしました。この漁港ではカモメが釣り人のアミエビをもらいに近寄ってきます。都合で、場所を離れると釣り餌のアミエビを勝手に食べています。

     釣り人のところに来て、「ちょうだいよ!」と言っているようです。とても人懐こいカモメです。この日の釣果はサヨリが約140匹でした。画像は前回の釣りの時に載せましたが、小浜の地元の複数の人たちに教えて頂いた魚の種類が、間違っている旨のコメントを頂いていますので、敢えて掲載いたしません。地元の魚の種別を尊重して掲載しても、無神経、短絡的にコメントが来ます。それも、ベテランの意見として???。
    IMG_0017 20140926

    ▲Page top