ツバメ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ツバメ みずどりステーションにて  

     平成27年6月15日撮影。
     コウノトリを撮影しての帰路、道の駅みずどりステーションに立ち寄りました。殆ど巣立ってはいましたが、二回目の子育てでしょうかヒナを育てているツバメもいました。ツバメは綺麗な鳥で、人間を信じて疑わない表情に親しみを強く感じます。

     飛んでいる時には、白黒の鳥が矢のように疾走しているように見えますが、実際は金属光沢に輝く綺麗な姿です。
    CF1A4446 20150615

     愛嬌のある可愛らしい顔をしています。
    CF1A4458 20150615

     道の駅の至るところがくつろぎの場所のようです。彼らの生まれたところでもあり、安心して過ごしています。
    CF1A4461 20150615

     解説本には、背中は青色光沢のある黒色とありましたが、光を受けて輝く姿は解説とはかけ離れた美しさです。
    CF1A4531 20150615

    ツバメ 続々飛来してきています  

     平成27年3月22日撮影。
     カワガラスの様子の観察のため川岸を歩いていると、ツバメの姿が見られました。既に、何回か他の場所で見ていますが、新しいカメラのAFを試す意味で撮ってみました。

     既に複数種類のツバメがやって来ています。ツバメの姿を見て春が実感できました。
    CF1A5509 20150322

     撮れそうで撮るのが難しいツバメ。撮影はゲームのようで結構面白いですね。
    CF1A5515 20150322

    ツバメの雛  

     平成26年8月4日撮影。
     福井県敦賀市に向かう途中で道の駅に立ち寄りました。6月20日にツバメの雛を撮影していましたので、その後の巣の様子を確認して回りました。殆どの巣は役割を終え、主のいない状態でした。
     ところが、複数の巣で雛達が可愛らしい顔を覗かせていました。ツバメは、シーズン中2回子育てをすることもありますが、その2回目の子育てなのでしようか。

     親が餌を持ってくるのを大人しく待っています。
    IMG_4211 20140804

     親鳥が戻ってくると、途端に騒がしくなります。親鳥は、5分もしない内に戻ってきて給餌していました。
    IMG_4249 20140804

     親鳥が戻ってくるのを確認すると、ご覧の通り首を長くして到着を待っていました。
    IMG_4264 20140804

     別の巣でも、同じような雛が大人しく親を待っていました。
    IMG_4234 20140804

    ツバメ  

     平成26年7月15日撮影。
     湖北野鳥センター付近の電線に留まっていたツバメです。羽の色も淡く、嘴に黄色い部分が残っていますので、幼鳥と思われます。飛んでいる限りは、成鳥との区別は付かない飛び方で田圃の上を縦横無尽に飛び交っています。

     幼鳥といえども、精悍な顔つきをしています。一人前の狩人に成長したようです。
    IMG_7384 20140715

     食べものを捕るために出発です。獲物を見つけたのでしようか、目は鋭く一点を見据えているようです。
    IMG_7386 20140715

    ツバメの雛  

     平成26年6月20日撮影。
     福井梅を買いに行く途中、買い物で立ち寄った道の駅にツバメの巣がたくさんありましたので、覗いてみると可愛らしい雛達が親が餌を持って帰ってくるのを待っていました。

     自宅付近のツバメの雛は大きくなって、飛び回っています。同じ湖北でも場所によって抱卵時期が異なっているようです。
     この道の駅では、未だ小さい可愛らしい雛ばかりでした。
    IMG_2775 20140620

     親鳥が帰ってくると、このように一斉に大きく口を開けます。
    IMG_2781 20140620

     この口を大きく開けた様子が可愛らしく、道の駅の人気者のようで、結構お客さん方も雛達を見ておられました。
    IMG_2787 20140620

    ▲Page top