ハクセキレイ - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ハクセキレイ 幼鳥のようです  

     平成27年8月17日撮影。
     ケリを撮った水田には、まだあどけなさが残っている野鳥3種が見られました。ケリ、ハクセキレイ、ムクドリです。偶々だったと思いますが不思議な光景でした。その中で種別が分かりにくかったのが、このハクセキレイでした。成鳥は特徴がハッキリしているので分かりやすいですが、幼鳥はそれぞれ良く似ています。目の下が白いのでハクセキレイだと思われます。

     見た途端に、これは若い鳥だと思いました。とてもフレンドリーで愛嬌良しでした。 
    CF1A1667 20150817

     よくスーパーの駐車場などでチョロチョロしていて、人を恐れないようですが生まれつきの性質のようです。
    CF1A1672.jpg

     更に若そうなもう1羽がいました。兄弟で遊びに来ているようです。幼鳥、若鳥の種別はとても難しい場合が多く、全く自身がありません。特にカモ類、カモメ類に至っては特に苦手です。
    CF1A1698 20150817

    ハクセキレイ フレンドリーですね  

     平成27年1月4日撮影。
     山本山麓の道路脇でオオワシを撮っていると、撮影可能ギリギリのところをハクセキレイがチョロチョロして愛嬌を振りまいてくれました。田圃などは雪で埋まっていますので、道路や駐車場など雪の無いところで餌探しをしているようです。

     こんなに大雪の時に、長い筒のようなもので何をしているの?と雪の上から三脚を見ているようです。
    IMG_8146 20150104

     とても興味を示しているようで、私にお尋ねしたいことがあるようです。長いつつのようなものが、パチパチ音がするのが面白いのかも知れませんね。
    IMG_8143 20150104

     頻りに覗き込むハクセキレイ。何とも愛嬌良しでした。
    IMG_8147 20150104

    漁港のハクセキレイ  

     平成26年12月20日撮影。
     漁港でイソシギに付き合って歩いている時に、付かず離れずついてくるハクセキレイ。イソシギは結構歩くのが速いため、ハクセキレイにはレンズを向ける余裕がありませんでした。一通りイソシギを撮った後、やっとハクセキレイに目を向けました。

     逃げる様子もなく、珍しそうにこちらを見ているように思えました。
    IMG_4667 20141220

     ハクセキレイは、個体によって模様の変化に富んでいますので撮り比べてみるのも面白いと思います。
    IMG_4668 20141220

    ハクセキレイ  

     平成26年11月18日撮影。
     漁港で見かけたハクセキレイです。セキレイは何処でも見られるようになっています。川原、田圃、道路、公園、そしてスーパーの駐車場でもよく遊んでいます。

     中でもハクセキレイは、模様の変化に富み観察していても興味が尽きません。この日出会ったハクセキレイは、とてもスッキリした美しさの個体でした。
    IMG_1303 20141118

    ハクセキレイ  

     平成26年10月28日撮影。
     南浜ぶどう園近くの道路上にハクセキレイがおり、車で近付いても逃げませんでした。運転席側の窓を開けても安心しているような様子です。野鳥は歩いて近付くと大抵は飛んでしまいますが、車で近付き車中から撮ると簡単に撮れる場合がかなりあるようです。

     ハクセキレイは色々な模様がありますが、この個体はとてもスッキリし綺麗でした。車中から撮りました。
    IMG_9923.jpg

    ▲Page top